HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2014年10月18日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2014年10月18日

和歌山県での「第3回ラブ太平洋串本エギング大会」(1日目)

10月18日(土)の朝に重見さん、岡村さん、藤田さんが2台の車で自宅まで来てくれて、19日(日)に和歌山県の串本で開催されるラブ太平洋串本エギング大会のために出発。
昼過ぎには串本に着いてファミレスで昼食、私は大盛りのチキンカツのセット、他はジャンボハンバーグセットやパスタと運転しない者は生〇〇〇。
食後に串本での釣友であり、何時もお世話になっている坂本さんに連絡をして港へ移動、ナブラ撃ちでのメジロ狙いのタックルをセッティング。

メインとなるナブラ打ちのキャスティング用は、ロッドがテイルウォークのクロシオS70M、リールはカルディア3520PE-SHで、ラインはユニベンチャー1パワージギング8の200mの2号で、リーダーはシルバースレッドショックリーダーの30lbを1.5m、ルアーはオシアペンシルとサージャーをメインに用意した。

他にはエギング用として、ロッドがエバーグリーンのスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82のプロト、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号エギングリーダーの1.75号、エギエスツーβの3.5N、3.5S。

同じくエギング用として、ロッドがエバーグリーンのスキッドロウ・インペリアル80のプロト、リールはBB-XハイパーフォースC3000D Type-G、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号エギングリーダーの1.75号、エギエスツーβの3.5Nを用意した。

同行のメンバーで重見さんと藤田さんはナブラ撃ちのタックル、岡村さんはエギングタックルをセットしている。
そして坂本さんが到着して出港と思ったが、坂本さんは仕事の関係で一緒に沖へ出る事が出来ないため、私が船長として操船して坂本さんのボートを借りて14時過ぎに出港した。
港を出港して串本大橋の下を抜けるとマグロやメジロ狙いの漁船が見えるが、肝心のナブラも鳥山も見えないため、風が当たり難い静かなワンドへボートを進めてエギングからスタート。

エギングタックルを予めセットしていたのは岡村さんであるが、タックルは持参しているがエギを持って来ていないと言うので、私のバッグからエギエスツーβの3.5Nピンクスギレッドを取り出してキャスト開始。
舳先からキャストしているのだが、私が操船しながらキャスト方向をアドバイス(野次入り)、重見さんも横から野次を熱い視線を浴びせる。
そんなプレッシャーに負けず数キャストでヒットさせたのは400gのアオリイカ。
次は岡村さんのタックルを借りて藤田さんがキャスト開始。
こちらもすぐに200gのアオリイカをヒットさせたがリリース。

エギング釣行記

岡村さんがアオリイカ狙いでヒット

エギング釣行記

岡村さんが400gをヒットさせた

エギング釣行記

藤田さんは200gをヒットさせた

エギングタックルをセットしていない重見さんが退屈したから根魚狙いに変更と仕切り、ボートを沖へ移動させてジギングタックルでビッグマウスをセットして投入。
ここまで私は操船だけ(T_T)
すぐに重見さんのロッドが曲がりオオモンハタをヒットさせた。

エギング釣行記

重見さんにヒット

エギング釣行記

ビッグマウスにオオモンハタがヒット

そして状況が急展開した。

鳥が集まり出してナブラが出た!!

ルアーを回収してボートのスロットルを開いてナブラに急行。

ナブラ目がけて舳先から重見さんがシンキングペンシルをキャスト。
速攻でヒットさせたのは流石で、アベレージサイズとなる70cmのメジロをキャッチ。
岡村さんも並んでキャストして直ぐにヒットさせたのは、同じサイズのメジロ。
私もタックルを手にしてオシアペンシルをキャスト。
ロッドがテイルウォークのクロシオS70M、リールはカルディア3520PE-SH、ラインはユニベンチャー1パワージギング8の200mの2号、リーダーはシルバースレッドショックリーダーの30lbを1.5m。
着水直後にリトリーブ開始~ゴンッとアタッてフッキング~ロッドを絞り込んでファイト開始~手前まで寄せるとドラグを鳴らしてボートの下へ突っ込む。
しかしロッドパワーでリフトさせて浮かせたところをネットで取り込んだのは70cmのメジロ。
その後もメジロのナブラは数回出て、何匹かヒットをさせたもののフックオフやラインのクロスでのライン切れなどがあったが、私が1匹、岡村さんが1匹追加したが、藤田さんはヒットさせてもバラシの連発で1人だけ蚊帳の外となってしまった。
かなり活性の高いナブラなので、一旦落ち着いても暫くすると別の場所でナブラが起こるので、何度かのナブラにルアーをキャストする事が出来たため、バラシはあるものの短時間で合計5匹のメジロをキャッチした。

エギング釣行記

重見さんにメジロがヒット

エギング釣行記

岡村さんにもメジロがヒット

エギング釣行記

私にヒットした70cmのメジロ

エギング釣行記

続いて私にメジロがヒット

ナブラが落ち着いたタイミングで根魚狙いに変更して、私はエギングタックルのスキッドロウ・インペリアル80のプロトにビッグマウスのレッドの60gを投入。
重見さん、藤田さん、岡村さんと全員ビッグマウスを並んで投入した。
そしてヒットしたのは私で、ボトムから巻き上げてすぐにヒットしたのはイトヨリ。
次にヒットしたのはナブラ撃ちでは良いところが無かった藤田さんだが、ジギングロッドを大きく曲げてボトムに突っ込む独特のファイトで取り込んだのはマダイの50cm。
他にヒットしたのはエソだけで、程々に終了した帰港しました。

エギング釣行記

舳先から重見さん、藤田さん、岡村さん

エギング釣行記

私にイトヨリがヒット

エギング釣行記

藤田さんにマダイの50cmがヒット

帰港すると仕事を終えた坂本さんが待っていて下さり、タックルとボートを片付けてホテルへ向かいました。
ホテルにチェックインして風呂に入り、夕食は串本観光協会の方々や大会の協力をしているイカゲルゲの鬼頭会長をはじめとしたメンバーの方々と一緒に頂きました。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ