HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年2月20日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年2月20日

沖縄でのボートエギング(1)

初釣りの沖縄でのボートエギングが不発だったので、改めてディープの大型のアオリイカ狙いを2月20日(金)と21日(土)の2日間やって来た。
沖縄に入ったのは17日(火)で、仕事を終えて夕食は那覇で沖縄釣女会の横目さん達と一緒で、新都心にある居酒屋で初めて行ったのだが、沖縄っぽく無くて普段行き慣れた雰囲気の大きな店でした。
最初は生ビール、オーダーしたのは旬替わりの刺身の盛り合わせ、サワラの刺身は炙りで、サバは胡麻刺身と書いていたので博多のゴマサバ(マサバの刺身に擦った胡麻をかけた料理)と思ったら違ってた。
日本酒の種類もあったので、久し振りに醸し人九平次を最初に頂き、他にも数銘柄頂きました。

エギング釣行記

旬替わりの刺身盛り

エギング釣行記

サワラの炙り刺身

エギング釣行記

サバの胡麻刺身

エギング釣行記

最初の日本酒は九平次から

エギング釣行記

沖縄釣女会のメンバーと夕食

19日(木)の夕方に仕事を終えてからキャプテンズの仲村船長に連絡、明日の出船について確認すると天気は大丈夫との事で出船時間を決めて、前もってボートに積み込むタックルを準備する。

明日はボートからのディープエギングで4人の予定だったが、急遽用事が出来たりで欠席が2人出たので、ボートが広く使えるため用意したタックルは4セット。

メインとなるのは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはステラ3000HGM、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m

2セット目も、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト3012、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m

3セット目は、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・レスポンスマスター80のプロト、リールはBB-XハイパーフォースC3000D Type-G、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m

4セット目は、ロッドがテイルウォークのソルティシェイプ・ライトジギングC63/120、リールはエランDG70、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.6号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの2.5号を3m
このベイトタックルは、前述の3セット同様にエギとシンカーをセットしてディープエギングとルアーはビッグマウスの80g、100gでミーバイ狙いの両方に使用。

タックルのセッティングを済ませてからタクシーでいつもの居酒屋へ。
生オリオンと島タコの刺身、中身ニンニク炒めをオーダーした頃に宮城さんが合流、追加でもずくヒラヤーチー、豚しゃぶサラダ、てびち唐揚げ(これは苦手なので宮城さんが一人で食べました)、泡盛はキープしているくらブラックを水割りで頂きました。

エギング釣行記

島タコの刺身とオリオン

エギング釣行記

中身ニンニク炒め

エギング釣行記

もずくヒラヤーチー

エギング釣行記

豚しゃぶサラダとくらブラック

エギング釣行記

てびち唐揚げ

20日(金)は本部のキャプテンズの仲村船長で七海丸にお世話になった。
当日の天気は晴れ時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間6.2時間、最高気温19.5℃、最低気温11.8℃、平均風速2.1m、最大風速は北東の風3.9m、最大瞬間風速は北の風7.3m、うねりは2mから1.5m。

予定通り8時に出港してポイントを目指す。
今日のメンバーは仲本さんと私の2人。
今回も最初のポイントは水深70m程、タックルは昨日セッティングしたメインのテクニマスター82とステラのセットで、エギエスツーβの3.5Nピンクスギレッドにシンカーは20号で投入、ボトム着底からゆっくりとしたリズムの大き目のシャクリを3回入れてからドリフト気味のフォール、このセットを繰り返して少し上のレンジまで探ってからボトムまでフォール、このパターンでアタリが無いので次はショートピッチからステイ~ドリフト気味のフォールからボトムまでのフォールを1セットとして繰り返すが、先月同様シャクリ感の軽さが気になる。

しかしこの不安を払拭するかの様に開始5分も経たない間に仲村船長にヒット。
船尾の船長にヒットしたのでロッドの角度を見て、船首の私はライン角度を確認してヒットしたのがボトムとの事だから、追い掛けて来ているアオリイカが居ればダブルヒットを狙う。
一旦ボトムまでエギを落とし込んでから早目のリズムのシャクリを3回入れてステイ、フォールはさせずに続けて同じセットを繰り返していると、狙い通りにボトムから20m程上げたところでステイさせた途端にロッドを絞り込むアタリが出てヒット。
仲本さんにも同じパターンで続けてのヒットを狙って貰うが、ボートエギングが初めてのためチョット戸惑いながらのアクションで不発。
仲村船長が先に取り込んだのが1.45kgエギエスツーβの3.5Nオリーブゴールドでヒット、私のは1.3kgのアオリイカだった。

エギング釣行記

仲村船長の1.45kg

エギング釣行記

私には1.3kg

これから連発かと期待を込めた流し直しは予想に反して不発。
何度かラインを変えて流して貰っても不発なので移動。

次のポイントでも同じタックルで狙っていると、デジャブーの様に仲村船長が先にヒットさせたので、先程と同じパターンで狙い通りにボトムから少し上げたレンジでヒット。
取り込んだのは船長のが700g、私のは1.2kgのアオリイカで、本日2度目のダブルヒット達成!!

エギング釣行記

私に1.3kgがヒット

その次のポイントでは気分を変えてテクニマスター82とイグジストのセットに持ち替えて、エギエスツーβのオレンジスギレッドを投入。
ボトムから10m程度までのレンジを様々なアクションで狙うが反応が無い。
しかしここでも仲村船長がエギエスツーβのオリーブゴールドで最初にヒットさせた。
二度ある事は三度あると、ボトムでヒットした事を確認してからエギエスツーβをボトムへ落とし込む。
先程までと同じパターンで少しずつレンジを上げながら誘うと、今度は10mちょっと上げたレンジでヒット。
仲本さんにもボトムから少し上のレンジでヒットした事を伝えて狙う様に指示すると、絵に書いたようにボトムから少し上げたレンジでヒットした。
無事に全員取り込んだのは、船長が1.1kg、私は1.3kg、仲本さんも1.3kgのアオリイカでトリプルヒット達成!!!

エギング釣行記

最初に船長、次に私、そして仲本さんとトリプルヒット

エギング釣行記

仲本さんと私が並んでファイト中

エギング釣行記

仲本さんと私に仲良く1.3kgがヒット

何と同じパターンで3回続けて仲村船長のおこぼれを頂いた形でのヒットで、狙い通りとも言えるが少し複雑ではある。
何とか船長より先にヒットさせなければマズイ・・・

そして次のポイントでは50mのボトムで先に私に・・・
しかし軽い・・・上がって来たのはタコでリリース。
何と次にヒットさせたのは仲村船長で、エギエスツーβのピンクオレンジクリアー400gのアオリイカでリリース。
暫くして私にもアタリが来たが、先程よりは重量感があるものの軽く巻き上げられる・・・ アオリイカだがサイズは300gでリリース。
続いて仲村船長がロッドを曲げたが、これも300gのアオリイカでリリース。
ちっちゃいイカのお家の様で移動。

ポイントを移動して暫くした頃に隣の仲本さんを見るとロッドを大きく曲げていた。
本人は根掛りと思っていた様だが、ロッドの曲がりに生命感が感じられるため、合わせを入れて浮かせに掛かる様に指示すると、リールを巻き出すとドラグを鳴らして走り出した。
ここでヒットを確信した様で慎重に取り込むように横で見ていると、浮いて来たのは本日の最大で2.1kgのアオリイカだった。
ボトムに着底させてアクションを入れた時には重かったそうで、本人は根掛りと勘違いをしたそうだが、ボトム着底前から追い掛けて来ていて着底した瞬間にヒットしたようだ。

エギング釣行記

本日最大サイズがヒット

エギング釣行記

ヒットさせたのは仲本さん

エギング釣行記

別のカットで2.1kgのアオリイカ

次のヒットも仲本さんであるが、今度はサイズダウンして300gのアオリイカ
続いて船長に小さなコブシメがヒットしてリリース。
やっと先に来ました私に。
ボトムからシャクリを入れてドリフト気味のステイで誘っている時にコンッと分かりやすいアタリで、1.2kgのアオリイカエギエスツーβのピンクスギレッドにヒットして来た。
その次は極小サイズのコブシメがヒットしてリリース。

エギング釣行記

私に1.2kgがヒット

風は時々吹いたものの平均して弱く、波も然程高く無く、天気も晴れ時々曇りと釣り易い条件だったが、狙いのサイズには程遠いアオリイカしかヒットさせる事が出来なかったが、明日に期待を持ち越して本日の釣りを終了しました。

反省会と打ち合わせを兼ねた夕食は、一緒に乗った仲本さんと明日一緒に乗る予定の宮城さんと桜川さんと私の4人で居酒屋へ。
私が最後に合流して生オリオンで乾杯。
豚しゃぶサラダ、串焼き盛り合わせ、鳥唐揚げ、フーチャンプルー、もろきゅう、焼きうどん、トーフチャンプルー等々を食べて、泡盛はくらブラックを頂きました。

エギング釣行記

豚しゃぶサラダ、串焼き盛り合わせ、鳥唐揚げ等

エギング釣行記

焼きうどん、トーフチャンプルー

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ