HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年2月21日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年2月21日

沖縄でのボートエギング(2)

21日(土)も本部のキャプテンズにお世話になった。
船長は新崎盛朗さんで、メンバーは宮城さん、桜川さん、仲底さんと私の4人で、予定通り8時過ぎに出港、今日の夕方の便で帰阪するため少し早目の帰港予定である。
天気は晴れ時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間7.0時間、最高気温21.3℃、最低気温11.6℃、平均風速4.4m、最大風速は南の風8.8m、最大瞬間風速は南の風13.0m。

今日は善海丸も同じ港から我々より少し先に出船しているので、同じポイントでバッティングしないように行先を変えて別の方向へ予定通りの時間に出船。
最初に手にしたタックルは、テクニマスター82とステラの組み合わせでスタート。
最初のポイントで宮城さんにヒット。
これは400gと小さかったが、エギエスツーβの3.5Nのピンクスギレッドにヒットした。
続いて桜川さんにヒット、その直後にレスポンスマスター80のプロトの組み合わせで狙っていた私のピンクホロマーブルにもヒットしたが、サイズは桜川さんが1.35kgで、私のは400gだった。

エギング釣行記

宮城さんに最初のヒット

エギング釣行記

桜川さんの1.35kgと私の400g

次のポイントでは私にヒットした。
ボトムから大きく3回シャクリ上げてからのドリフト気味のステイ中にティップを引っ張るアタリで乗って来たのは、1.2kgのアオリイカだった。
連発するかと頑張ったものの反応が無かったが、暫く粘っていると桜川さんにヒット、続いて新崎船長にもヒットしてダブルヒット。
無事に取り込んだのは桜川さんが1.2kg、新崎船長は1.0kgのアオリイカ

そして宮城さんに何やら大物らしきヒット!!
ボトムで乗って来たそうで、一気に走る事は無いものの重い引きでロッドはバットから大きく曲がっている。
全員がタックルを置いて宮城さんのファイトを見守り、漸く浮いて来たのは・・・・

海藻が付いた岩・・・

全員で大笑いでした、ちゃんちゃん。

エギング釣行記

舳先で新崎船長も狙う

エギング釣行記

私に1.2kgがヒット

エギング釣行記

桜川さん1.2kg、新崎船長1.0kg

エギング釣行記

宮城さんに大物がヒット・・・

笑わせてくれた宮城さんのファイトから暫くは沈黙の時間となり、早目の昼食を食べたりしながらもロッドを持つ。
ポイントを移動してから沈黙を破ったのは宮城さん。
今度はロッドティップに伝わる生命感、ドラグを鳴らしてラインを引き出すパワーは間違いなくアオリイカ。
慎重に浮かせたのは本日の最大となった2.1kgのアオリイカで、エギエスツーβの3.5Nピンクスギレッドでのヒットだった。

ここから怒涛の連発が始まった。
先ずは新崎船長に800gがヒット。
続いて桜川さんに1.0kg、宮城さんも800gβのピンクスギレッドで乗せてダブルヒット。
更に調子に乗った桜川さんが800g、次も800gを連発ヒット。
ここまで沈黙していた仲底さんにもヒットしたが、残念ながらバラシ。

そして私が今日の最終便で帰るため、タイムリミットは15時と早い帰港予定。
ラストポイントでは宮城さんがヒットさせたが、これも無念のバラシとなり有終の美を飾るドラマイカが無いまま終了となった。

エギング釣行記

宮城さんが2.1kgをヒットさせた

エギング釣行記

宮城さんに800g、桜川さんに1.0kg

エギング釣行記

Captain's Okinawaの七海丸

去年、一昨年と2月の本部周辺での仲村船長の船では、連続で3kgオーバーが出ていたのだが、今回は2日間共狙いの4kgオーバーどころか3kgオーバーのヒットも無かったのが残念であるが、次の釣行に夢を引き継いでタックルを片付けて本部を後にした。
那覇空港からの最終便で帰ると遅くなるため出発前に夕食を済ませに行き、ソーキ、軟骨ソーキ、三枚肉そばとジューシーのセットを食べて満腹になり、定刻通りの便で帰阪しました。

エギング釣行記

夕食はソーキ、軟骨ソーキ、三枚肉そばとジューシーのセット

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア キャスティング用
ロッド :エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニマスター82
リール :ダイワ イグジスト2508PEH
ライン :ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.5号
リーダー :ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ :ユニチカ エギエスツーβ 3.5N(ノーマル)と3.5S(シャロー)
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

 

その2 エギング ボート ディープ用
ロッド :エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニマスター82
リール :シマノ ステラ3000HGM
ライン :ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 300m 0.5号
リーダー :ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ :ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

 

その3 エギング ボート ディープ用
ロッド :エバーグリーン スキッドロウ インペリアル・テクニマスター82
リール :ダイワ イグジスト3012
ライン :ユニチカ キャスラインエギングスーパーPEⅡ210 0.5号
リーダー :ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ :ユニチカ エギエスツーβ 3.5N(ノーマル)
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

 

その4 エギング ボート ディープ用
ロッド :エバーグリーン スキッドロウ インペリアル レスポンスマスター80のプロト
リール :シマノ BB-XハイパーフォースC3000D Type-G
ライン :ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 300m 0.5号
リーダー :ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ :ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー :8~20号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

 

その5 エギング ルアー ボート ディープ用
ロッド:テイルウォーク ソルティシェイプ ライトジギングC63/120
リール:テイルウォーク テイルウォーク エランDG70
ライン:ユニチカ ユニベンチャージギングX4 300m 0.6号
リーダー:ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 2.5号 3m
ルアー:ダミキジャパン ビッグマウス80g、100g
エギ:ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー:20~30号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアー、エギはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ