HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年3月21日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年3月21日

香川県での釣行(1)

今回は香川県へバスと讃岐うどんと地酒に合った料理、
プラスαで3月21日(土)~22日(日)の週末に行って来た。
20日(金)の深夜に具志堅さんと合流して高速道路を走り、
途中のSAで休憩して21日(土)の早朝に最初のポイントへ到着。

先ずはタックルのセッティング。
私のタックルは、メインがベイトタックルのロッドがテイルウォークのゲキハKR-C632M、リールもテイルウォークのエランPG81R、ラインはシルバースレッド アンブッシュの14 lb、ルアーはシャレードとオフセットフックにセットしたizumiのUMAMIシャッドテール120、ジグヘッドリグのUMAMIシャッドテール90。

更にベイトタックルのロッドはテイルウォークのゲキハKR-C682MH、リールもテイルウォークのエランPG81L、ラインはシルバースレッド アンブッシュの16 lb、ルアーはダミキジャパンのチャターベイトをセット。

スピニングは、ロッドがテイルウォークのゲキハKR-S632L、リールはシマノのヴァンキッシュC2500HGS、ラインはシルバースレッドアイキャッチPEⅡの0.4号にリーダーがシルバースレッドトラウトリーダーFCの5lbを2m、リグはジグヘッドワッキー。

具志堅さんのベイトタックルも、ロッドがテイルウォークのゲキハKR-C632M、リールはシマノ、ラインはシルバースレッド アンブッシュの16 lb、ルアーはスピナーベイト。
スピニングタックルは、ロッドがテイルウォークのゲキハKR-S632L、リールはダイワ、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーの1.75号でライトリグ。

最初に手にしたのはゲキハのC632Mのセットでシャレードを池の岸沿いにキャスト、少しフォールさせてリトリーブして草や木に当ててヒラを打たせる。次は角度を少し沖向きに変えてキャスト、ボトムまでフォールさせてスローロール気味のリトリーブ。この2パターンのセットで少しずつ移動してキャストをするが反応が無い。
次はオフセットフックにセットしたUMAMIシャッドテール120を水際の木の枝ギリギリにキャストして水面直下をリトリーブ、数キャストしても反応が無いので次はジグヘッドにUMAMIシャッドテール90をセットしてレンジを落としてボリュームも下げて、元の位置までキャストしながら戻る。

次の池に移動して最初にキャストするのはシャレードで、岸沿いを中心に葦際や沖目の葦も狙うが反応が無いので移動。
移動の途中で桜が咲いていた。

エギング釣行記

淡墨桜

エギング釣行記

綺麗な桜が咲いていた

桜を見て気分を一新して次のポイントを探して地図とナビを頼りに移動。
ショアライン沿いにシャレードをキャスト、枝に当ててヒラを打たせるが反応無し。
キャスト出来るポイントを探して少し歩くと水際に黒い影が見えた。
間違い無くバスだ!!
ルアーをファットイカのノーシンカーに交換して静かにキャスト。
チョンチョンとアクションさせてボトムまでフォールさせてステイ。
しかしバスは無視してスルー。
別の角度から違うバスの姿が見えた。
こいつもガン無視(T_T)
本日初めてバスの姿を見たので期待を込めて次の池へ。

到着した池でも同じタックルでキャストするのはスピナーベイトのシャレード。
シャローに上がって来たデカバスを狙ってキャスト&リトリーブを繰り返すが反応が無く、早目の昼食を食べにうどん屋へ行く事にした。
昼前に行ったのだが行列が出来る程では無いが多くのお客さんがいる。
私のオーダーは肉うどんとちくわの天ぷらで、具志堅さんも同じものをオーダーして美味しく頂きました。

エギング釣行記

肉うどん小とちくわの天ぷら

食後に行ったポイントでも同じスタイルでゲキハのC632Mのセットでシャレードからスタート、次いでUMAMIシャッドテール90のジグヘッドリグとローテーションさせるが反応が無く、讃岐うどんツアーで次のうどん屋へ行く。
次のうどん屋は長らく行っていなかった有名店で、店も駐車場もスタッフも増殖していた。
オーダーはかけうどんの小と天ぷらはちくわとレンコンで、具志堅さんもかけうどんと天ぷらで、美味しく頂いて2件行ったので満腹になりました。

エギング釣行記

うどん小と天ぷらはちくわとレンコン

2度目の昼食を食べて満腹状態となったが、全く反応が無い状況を打開するべく行った池で、手にしたのはやはりゲキハのC632Mにルアーはシャレード。
池の岸沿いにキャストしてファーストブレイクを中心に狙うが反応無し。
UMAMIシャッドテール90のジグヘッドリグを通しても反応無し。

次は2度目の昼食前に行った池が気になるので入り直す。
タックルは同じで私は逆方向から少しスローなアプローチを意識して、UMAMIシャッドテール90のジグヘッドリグをショアライン沿いにキャストして、ハイギアのリールでリトリーブスピードが早くならないようにゆっくりとしたリトリーブを行う。
キャスト&リトリーブで少しずつ進んでいると、ピックアップ寸前の足元で小さいが確かなコツッとアタリ。
「やった!」と合わせるが空振り・・・(T_T)
同じコースをトレース出来る様にキャストして、先程より更にスローにリトリーブして足元近くで狙い通りのアタリが来た。
今度はロッドティップを水面と平行にスィープフッキング。
フッキングが決まってロッドが絞り込まれたが、次の瞬間水面でノタノタとした引きで浮いたのはヒゲ面のナマズ(^_^;)
そのまま抜き上げて写真を撮ってリリース。

エギング釣行記

ヒゲ面のナマズがヒット

エギング釣行記

長さは・・・不明

これで「ボ」は逃れた。
エッ・・・これで良いの・・・と自問自答しながらも、同じパターンでキャスト&リトリーブ。
先程のヒットから10分後。
岸沿いに木の枝が固まって浮いているのが見えた。
これは狙い目とピッチングで手前に静かにキャストしてリトリーブ。
反応無し。
次は枝の沖側で先へキャストして先端部をかすめるようにリトリーブ。
これも反応無し。
3キャスト目は岸沿いに木の枝の向うへキャストしてスローリトリーブ、枝に当たった瞬間に水面に飛び出すかのようなアタックでヒット
しかし飛び出した瞬間の魚体を見逃さなかった。
リールのハンドルを巻く手は力が入らず、手前に寄せると水面でクネクネとした引きで抜き上げたのは、先程より少しサイズアップしたナマズ(^_^;)

エギング釣行記

ナマズが連発

そのまま進んで具志堅さんと合流するが、彼にはアタリらしき反応が1度あっただけとの事で移動。
ランガンを繰り返すが反応が無く、本日最後は大きな池を選択。
ここには先客のアングラーが数人居て実績が出ている雰囲気。
ショアラインは浅く夕方の時合には少し早いがタイミング次第でデカバスが寄って来る可能性に賭けてバイブレーションをキャスト。
例によってキャスト&リトリーブで移動するが反応が無く、岸近くに黒い影が複数見えたので、UMAMIシャッドテール90のジグヘッドリグをキャスト。
スローリトリーブするとゴンッとアタリ!
即フッキング。
次の瞬間ロッドを絞り込みドラグを滑らせてラインを引き出す強い引き。
しかしこの引きは・・・
何となくアイツの様な気が・・・
浅いのに浮いて来てジャンプをしない・・・
瞬発力と持久力を兼ね備えたパワーは・・・
チラッと見えた感じは・・・
暫くファイトしたが残念ながらフックオフ。
ルアーを回収するとフックに大きな鱗が刺さっていた。
予想通りで60cmオーバーのコイだろう。
引きだけは楽しめたが、バスの反応が無いまま本日のゲームと終了。

エギング釣行記

コイの鱗が・・・

予約していたホテルにチェックインして少しして出発。
歩いてこれまた予約していた居酒屋へ。
席に案内されて先ずは生ビール。
オーダーは、カンパチの刺身、サワラの刺身、カツオのたたき、お遍路サラダ(讃岐うどんとジャコ天、ワカメ入り)、讃岐もんじゃ焼き(細切れうどん入り)、讃岐丸亀名物骨付鶏、日本酒は高育54号純米吟醸酒、具志堅さんは凱陣利き地酒、そして愛媛県の無濾過純米賀儀屋も頂きました。

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

サワラの刺身

エギング釣行記

カンパチの刺身

エギング釣行記

カツオのたたき

エギング釣行記

日本酒は高育54号純米吟醸酒

エギング釣行記

具志堅さんは凱陣利き地酒

エギング釣行記

お遍路サラダ

エギング釣行記

讃岐もんじゃ焼き

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ