HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年4月9日〜13日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年4月9日〜13日

沖縄でボートエギング(1)

去年まで4月には種子島へ行っていたのだが、今年は沖縄へ行先を変更してディープの大型のアオリイカ狙いに4月9日(木)~13日(月)の5日間のスケジュールで行って来た。
メンバーは神戸空港から、重見さん、藤田さん、岡村さんの釣魚料理「時逢」組、石原さん、糀谷さんと私、名古屋空港から川邉さん、羽田空港から高橋さんで合計8名でのツアー。
9日(木)の那覇空港では後発で翌日合流の高橋さんを除いて全員が集合、2台のレンタカーに分乗して昼食へ向かう。
着いた店はステーキハウスで、何年も沖縄へ来ていたが初めての店である。
取り敢えず生ビールを運転手以外がオーダー、勿論私も・・・
そして私達のテーブルは4人共テンダーロインステーキのLをオーダーした。
ステーキは柔らかくてジューシーで多いと思ったが、ペロリと完食しました。

エギング釣行記

ステーキハウスで昼食

エギング釣行記

重見さんと岡村さんは生ビール

エギング釣行記

生ビールとスープ、サラダ

エギング釣行記

テンダーロインステーキのL

エギング釣行記

ソースとマスタードをかけた

昼食後はショアエギングをする事にして最初のポイントへ向かって移動。
途中のコンビニで氷と水、缶○○○、おつまみ等を買い込んでポイントに到着。
タックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号、エギングリーダーⅡの1.75号エギエスツーβの3.5Nと3.5Sを使用。
天気が良くて綺麗な海でタックルを用意した者から思い思いのポイントからキャスト開始。
私はタックルを出さずにカメラを持って撮影。

エギング釣行記

天気は良くて海が綺麗

エギング釣行記

何故だかポーズを・・

エギング釣行記

気合が入ったメンバーがロッドを振る

メンバーのひとりが明日からのボートエギングに備えてラインを裏返しに巻き替えたいと言い出したので、護岸でリールに巻かれたラインを持って210m先へ走らせられた若手メンバー。
そしてラインを全部引き出してから一旦カット、そしてタックルを持って210m先へ行って下巻きと繋いでラインを巻いて裏返し終了。
これを見ていた別のメンバーが俺のラインも裏返すと言いだして、又もや若手メンバーが210m先までひとっ走り、そして裏返しが終了。
この作業が後々の釣果に大きな影響を及ぼすとは、この時点では誰も思っていなかったのでは・・・
そしてポイントを移動して私がキャスト方向をアドバイス、何とすぐに糀谷さんがクブシミのキロクラスをエギエスツーβ3.5Nのピンクホロマーブルでヒットさせた。
他のメンバーがデカイカらしき奴をヒットさせたが、残念ながら身切れでバラシ・・・

エギング釣行記

ライン裏返し作業中、何故か大笑い

エギング釣行記

糀谷さんがクブシミをヒットさせた

イカの反応が無くなったのでホテルへ行って少し休憩して夕食はタクシーに分乗して出発。
取り敢えず全員生ビール、そして泡盛はボトムが何本か空になりました。
食べたのはざるもずく、島らっきょ、島豆腐の厚揚げ、豚しゃぶのサラダ、山芋の豚肉巻き焼き、ポテトフライ、島らっきょの天ぷら、ペンネグラタン、ソーメンチャンプルー、ゴーヤチャンプルー、史上最強のトンテキ、メンチカツ、沖縄そば、カレー等々を頂きました。

エギング釣行記

夕食の店

エギング釣行記

ざるもずく

エギング釣行記

島らっきょと島豆腐の厚揚げ

エギング釣行記

豚しゃぶのサラダ

エギング釣行記

山芋の豚肉巻き焼き

エギング釣行記

ポテトフライ

エギング釣行記

島らっきょの天ぷら

エギング釣行記

ペンネグラタン

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

史上最強のトンテキ

エギング釣行記

メンチカツ

エギング釣行記

沖縄そば

10日(金)は、寄宮フィッシングセンターの新しくなった第2寄宮丸(2号艇)で矢沢船長にお世話になったのが、藤田さん、川邉さん、糀谷さんと私の4人。
二手に分かれた重見さんと岡村さん、石原さんの3人は本部のキャプテンズで新崎船長にお世話になった。
どちらのチームに軍配が上がるのか、気になるところだがホテルから近い我々は体には優しい選択である。
当日の那覇の天気はくもりのち時々雨(夜)、1日の降水量は12.5mm、日照時間0.8時間、最高気温23.3℃、最低気温19.2℃、平均風速3.4m、最大風速は北北東の風7.4m、最大瞬間風速は北北東の風10.5m、うねりは1.5m。

用意したタックルでメインとなるのは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはステラ3000HGM、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m。エギはエギエスツーβの3.5Nを各色、シンカーは水深と潮流、風に因って15号~30号を使い分けた。

2セット目は、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・レスポンスマスター80のプロト、リールはBB-XハイパーフォースC3000D Type-G、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2mエギエスツーβとシンカーは上記と同様。

3セット目も、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト3012、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅡ210の0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号2mエギエスツーβとシンカーは上記と同様。

7時30分に那覇新港へ着いてタックルの準備を整えて、8時過ぎに我々4人とおきなわ釣王国のスタッフを乗せて出船、最初のポイントは那覇一文字の沖なのですぐに到着。

エギング釣行記

今日の那覇組メンバー4人

ポイントに着いて手にしたのはステラを付けたタックルで、エギエスツーβの新色であるピンクスギマーブルにシンカーをセットして投入。
ボトムまで一気にフォールさせてから4回ショートジャークを入れてドリフト気味にステイ、更に1セット繰り返してからボトムまでフォール。
次はボトムからロッドを大きくシャクッてからゆっくりとフォールを3セット。
これらを織り交ぜながら反応を伺うが、どうもシャクリ初めの抵抗が軽く感じるのは、潮が余り動いていないためで反応が無い。

沈黙を打ち破ったのは川邉さんで、開始から1時間後にファーストヒット
続いて藤田さんにもヒットしてダブルヒットとなり、取り込んだのは川邉さんが860g、藤田さんは1.35kgのアオリイカだった。

エギング釣行記

ファーストヒットは川邉さん

エギング釣行記

続いて藤田さんも乗せてダブルヒット

そして40分後、藤田さんにヒット。
しかし上がって来たのは

エギング釣行記

藤田さんにヒット

エギング釣行記

藤田さん次も1.35kg

次は約1時間後、糀谷さんにヒット。
今度はドラグを鳴らして走るパワーは本命サイズか?
続いて川邉さんにも1.25kgがヒットと連発。
糀谷さんにヒットしたのはアカイカ型のアオリイカで船上での計測は3kgオーバーだったが、帰港後の計測では2.85kgだったのでチョット残念だが、去年の種子島に続いて自己記録更新サイズとなった。

エギング釣行記

糀谷さんにヒット

エギング釣行記

糀谷さんと川邉さんでダブルヒット

エギング釣行記

糀谷さんのアオリイカは2.85kg

更に昼頃に最初は川邉さんにヒット、藤田さんにも続いてヒット、更に糀谷さんにもヒットしてトリプルヒット
このチャンスを逃す事は出来ないため、私もボトムからアクションをいれて誘うと狙い通り当たったが、藤田さんのラインとクロスしているためフッキングを入れると切れてしまうため、スィープな合わせで乗ったもののバレてしまった。
藤田さんにヒットした奴はドラグを鳴らして走るパワーは今日一サイズ間違い無し!
取り込んだのアオリイカは、川邉さんが1.81kg、藤田さんは今回初の3kgオーバーとなる3.11kgで、こちらも去年の種子島に続いて自己記録更新サイズ、糀谷さんは870gだった。
因みに昨日護岸でラインの裏返しを「俺も」と、後から行なったのが藤田さんでした。
そのままだったら獲れていたかどうか・・・

エギング釣行記

川邉さんは1.81kg

エギング釣行記

藤田さんは3.11kg

エギング釣行記

川邉さん、糀谷さん、藤田さんでトリプルヒット

20分後、藤田さんにヒット。
今度もドラグを鳴らして走るパワーはグッドサイズ間違い無し。
無事に取り込んだのは船上計量では3kgオーバー、帰港後の検量で2.87kgの立派なアカイカ型アオリイカだった。
暫くして川邉さんにヒット。
これもドラグを鳴らして走るパワーは本命サイズ間違い無し。
慎重にやり取りをして取り込んだのは、3.37kgと本日最大サイズで自己記録更新サイズのアカイカ型アオリイカである。

エギング釣行記

藤田さんが2.87kgをゲット

エギング釣行記

川邉さんに本日最大の3.37kg

お待たせしました。
やっと私にもアオリイカがヒットしました。
それも雨が降り出して合羽を着た時のヒットです(T_T)
エギエスツーβの3.5Nピンクホロマーブルをボトムまで落とし込んでから、ショートピッチで4回浮かせてからティップでエギ+シンカーの荷重を感じながらゆっくりとフォール気味にドリフトさせている時に、ソリッドティップを軽く押さえ込む様なアタリを感じて、ティップを引きに合わせて送り込んでからフッキング。
ドラグを鳴らして走るもののパワーは2kgクラスだが、慎重に浮かせて取り込んだのは予想通りの2.27kgのアオリイカ
スキッドロウ・インペリアル・レスポンスマスター80のプロトのソリッドティップとBB-XハイパーフォースC3000D Type-Gのレバーブレーキだから捉えやすかったとも言える一杯である。

エギング釣行記

私にヒットした2.27kgのアオリイカ

エギング釣行記

エギエスツーβのピンクホロマーブルに乗った

締め括りは川邉さんで、1.56kgのアオリイカを乗せてから反応が無くなり終了となった。

エギング釣行記

川邉さんが乗せた1.56kgのアオリイカ

本部組からの連絡が無いのが気になるが、ホテルで合流して夕食に出発。
今日の夕食はしゃぶしゃぶで初めて行く店である。
生ビールの次は泡盛を飲んで、メンバーが全員揃ってしゃぶしゃぶ。
先ずは鍋に野菜を投入、そしてお肉が登場、最初はバラ肉、続いてロース、間に持つ煮込み、次のお肉はハラミ、デザートのシャーベットまで食べて次の店に行きました。
そうです。
今日はお姉さん達と一緒の夕食でした。
次の店でお姉さん達と飲んで、〆にラーメンも食べてしまいました(^_^;)

エギング釣行記

先ずは鍋に野菜を投入

エギング釣行記

お肉が登場

エギング釣行記

この赤身はロース?

エギング釣行記

もつ煮込みも登場

エギング釣行記

次のお肉はお姉さんも一緒

エギング釣行記

デザートはシャーベット

エギング釣行記

お姉さん達と一緒の夕食

エギング釣行記

〆のラーメン

11日(土)は昨日と同じメンバーで重見さんと岡村さん、石原さんの3人は本部のキャプテンズで仲村船長の本部組、第2寄宮丸の矢沢船長で藤田さん、川邉さん、糀谷さん、私、昨夜に合流した高橋さんが加わって5人が那覇組。
当日の那覇の天気はくもりのち時々雨(夜)、1日の降水量は12.5mm、日照時間0.8時間、最高気温23.3℃、最低気温19.2℃、平均風速3.4m、最大風速は北北東の風7.4m、最大瞬間風速は北北東の風10.5m、うねりは1.5~2m。

今日は午後から徐々に雨が降り出して風と波が強くなる予報。
タックルは昨日と同じで3セットをボートに積み込んで8時にスタート。

ここで本部組から連絡が入り、仲村船長が客より先に3.75kgを釣ったそうだ。
気になる本部組の昨日の結果は、大型のバラシがあり残念ながら3人で3杯?
今日はスタートダッシュで本部組が飛び出したが果たして結果はどうなるのか・・・

最初に手にしたタックルは、スキッドロウ・インペリアル・レスポンスマスター80のプロトにBB-XハイパーフォースC3000D Type-G、ラインはユニベンチャージギングX4の300mの0.5号、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2mで、エギエスツーβのピンクスギマーブルでシンカーセットして投入。
ボトムからショートジャーク3~5回入れてフォール気味のドリフトのセット、大きくシャクリ上げてからのステイのセット、これらを連続したり交互にしたりとバリエーションに変化を付けてアプローチを繰り返す。

船中最初のヒットは糀谷さんで、1.25kgのアオリイカをゲット。
しかし連発は無く、暫くはアタリが遠退く。

エギング釣行記

糀谷さんに1.25kgのアオリイカ

最初のヒットから1時間後、私がエギエスツーβの新色であるパープルコパーをボトムからショートジャーク4回からのフォール気味のドリフトで1kgのアオリイカを乗せた。

エギング釣行記

私に1kgのアオリイカがヒット

エギング釣行記

新色のパープルコパーに乗った

その後は沈黙の時間が続き、昼食用に買ったおにぎりとざるそばを食べて、ロッドを持ち替えたり、エギエスツーβのカラーを交換したり、シンカーの重さを替えたりと、思い付く事を様々試すが尽くハズレ。
何と私にヒットしてから約3時間後、糀谷さんが1.1kgを乗せたが連発は無し。
そのまま前線が近付いて来て波が高くなり風も強くなり大雨の気配が強くなったので、時間的には少し早いが反応が無いため全員で相談の結果終了とした。

エギング釣行記

糀谷さんに1.1kgが乗った

港へ戻ってタックルを片付けて、夕方の便で帰る川邉さんを空港まで送って寄宮さんへ行き、昨日釣り上げたイカと今日のイカをクール宅急便で自宅や店に送る手配をしてホテルへ戻る。
ホテルで本部組と合流。
今日は口も軽く景気の良い話がポンポン出て来る。
何と石原さんが3.3kg3.0kgを釣って自己記録更新、重見さんは3.0kg、岡村さんは胴長58.0cmで4.55kgの特大アオリイカを釣り上げたそうだ。勿論岡村さんも自己記録を大幅に更新となった。
3人で16杯トータル重量は33.6kgと満足の釣果である。
因みに同じキャプテンの新崎船長の船は7人で33杯、69.33kg、2艘の合計で49杯、102.9kgとキャプテンズの記録となった。
因みに昨日護岸でラインの裏返しを最初に行なったのが岡村さんでした。
そのままだったら「デカかった」と泣いていたでしょう・・・

エギング釣行記

石原さんの3.3kgのアオリイカ

エギング釣行記

岡村さんは胴長58cm、4.55kgの特大サイズ

夕食は全員で居酒屋へ行き、先ずは生ビールで岡村さんの4.55kgに乾杯。
にんにく揚げ、かぶらともやし?、サラダ、トンペイ焼き、トンテキ、他にも沢山食べて泡盛も頂きました。

エギング釣行記

にんにく揚げ、かぶらともやし?

エギング釣行記

サラダ

エギング釣行記

トンペイ焼き

エギング釣行記

トンテキ

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ