HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年5月29日、30日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年5月13日~15日

対馬でのエギング(1)

去年は良い思いと悔しい思いの両方を味わったGW明けの対馬へ、東京の高橋さんと5月13日(水)~16日(土)、静岡の長倉さんは5月14日(木)~17日(日)の日程で行って来た。

5月13日(水)
伊丹空港から福岡空港へ飛んで、福岡空港で高橋さんと合流、対馬空港へ空路定刻通りに到着。空港近くでレンタカーを借りて、いつも通りにスーパーへ買い出しに行き、飲み物と氷、弁当を買って早々の昼食休憩。

今日の天気は晴れ、1日の降水量は0mm、日照時間13時間、最高気温22.4℃、最低気温16.7℃、平均風速6.9m、最大風速は西の風9.7m、最大瞬間風速は西南西の風21.2m。


食後に最初のポイントへ着いて、先ずはタックルのセッティング。
タックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢ210の0.5号のプロト、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギはエギエスツーβの3.5N(ノーマル)と3.5S(シャロー)


風裏のポイントに入った心算だったが、強風のため回り込んで来る風でキャスト距離は伸びず、ラインコントロールもし辛い。
最初にヒットさせたのは高橋さんで、エギエスツーβ3.5Nのオレンジスギゴールド300gのアオリイカ、更に同じポイントで200gを連発させた。


エギング釣行記

高橋さんが300gをヒットさせた

そして移動したポイントでも高橋さんにヒット、浅場へキャストして沈み岩の周辺、沖のブレイクで反応があり、 βのピンクイエロークリアー200g、300g、600g、更に ピンクスギマーブルでもヒットさせた。
更に次のポイントでも高橋さんが βのピンクスギマーブル300gをヒットさせた。
全く反応が無かった私だが、 エギエスツーβの3.5Nピンクオイルホロでボトムまで細かく探っていると乗って来ました。
ボトムの住人・・・丸いのでした。

エギング釣行記

高橋さんが連発でヒット

エギング釣行記

私には丸いのがヒットした

そして宿へ向かう道中で2ヶ所のポイントをチェックしたが、風が当たってまともに釣りが出来ない状況だったので、反応が無いまま本日の釣りを終了して宿へ。
夕食は刺身がワラサ、クロ、アオリイカ、ヒラメの唐揚げ、アナゴ煮、タケガキガ二、サザエの壺焼き、タコの酢の物でビールを頂きました 。

エギング釣行記

夕食は刺身、ヒラメの唐揚げ、アナゴ煮、タケガキガ二等

エギング釣行記

ヒラメの唐揚げ

エギング釣行記

タケガキガニ

5月14日(木)
天気はくもり、1日の降水量は0mm、日照時間0.9時間、最高気温22.9℃、最低気温18.0℃、平均風速4.7m、最大風速は南西の風7.1m、最大瞬間風速は南南西の風16.0m。

朝一から作って頂いた朝食のおにぎり弁当を持って宿を出発、最初のポイントは反応無し。
次のポイントではエギエスツーβ3.5Nピンクスギレッド300gと200gのアオリイカがヒット。

今日のタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・スラックマスター86、リールはイグジスト2508PEH、ラインは キャスラインエギングスーパーPEⅡWH210の0.5号、リーダーは キャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギは エギエスツーβの3.5N(ノーマル)と3.5S(シャロー)

次のポイントでは反応が無く、その次で私の βピンクスギレッド600gがヒット。
足元からのブレイクの少し沖へキャストして少しフォールさせてから3回ダート、フォールから4回ダートからの水平ドリフトで出て来てサイトで乗せた。
次では高橋さんが βのオレンジスギゴールド400gを乗せて、その次では私の βオレンジホロマーブル300gがヒットした。

エギング釣行記

朝に200g

エギング釣行記

次は600gがヒット

エギング釣行記

オレンジホロマーブルでヒット

潮が引いたタイミングで地磯へ行き、エギエスツーβ3.5Nオレンジスギレッドをキャスト。
底近くまでフォールさせてから4回ダート~水平ドリフト~カーブフォールでアタリが出て、1.0kgがヒット。
しかし高橋さんが離れたポイントへ行ったのか姿が見えず、残念ながら写真を撮り損ねてしまった(T_T)
高橋さんには反応が無く、少し早いが昼食を食べに行く事にした。
私の昼食は普通盛りが大盛り位の量があるカツカレー、高橋さんはチャンポンだったかな?

エギング釣行記

昼食はカツカレー(これで普通盛り)

食後に行ったポイントは昼食前に1.0kgを獲った地磯で、高橋さんと並んでキャスト。
エギはβのオレンジスギレッド、しかし反応が無い為カラーをピンクホロマーブルに交換、浅場の海藻がある近くへキャストして少しフォールさせただけでダートからカーブフォールさせるとラインらツンッとアタリが出て1.4kgのアオリイカがヒットした。
しかし続いてヒットと思ったものの、実際には反応が無く移動。
次のポイントも地磯で、私がβのオレンジスギレッド600gのアオリイカをヒットさせただけで移動。

エギング釣行記

エギエスツーβピンクホロマーブルで

エギング釣行記

1.4kgがヒット

エギング釣行記

オレンジスギレッドでヒット

次のポイントでは高橋さんが追い掛けて来た新子サイズを乗せただけで終了。
その次が本日の最終ポイントとなったが、高橋さんはエギエスツーβ3.5Nのオレンジホロマーブル400gをピンポイントから引きずり出し、更にジグヘッドにワームをセットして防波堤の際を細かく探ってアラカブ(ガシラ)を3匹ソイを1匹 ヒットさせて本日の釣りを終了した。

エギング釣行記

高橋さんが連発でヒットさせた

エギング釣行記

何だか厳ついツシマヤマネコ

エギング釣行記

ヤマネコはこんなにデカイ?

エギング釣行記

車から見るとこんな感じ

宿に戻って暫くすると今日から合流の長倉さんも戻って来た。
状況を聞くと、午後からスタートして300g前後をランガンで5杯 ヒットさせたそうだ。
そして本日の夕食は、刺身がアジとヒラス、イサキは姿造り、ケンサキイカの煮付け、魚のフライ、とんちゃん鍋で〆はちゃんぽん麺、飲まない人達なのでビールだけを頂きました。

エギング釣行記

イサキの姿造り

エギング釣行記

刺身はアジ、ヒラスとイサキの姿造り

エギング釣行記

ケンサキイカの煮付け

エギング釣行記

魚のフライ

エギング釣行記

とんちゃん鍋セット、〆はちゃんぽん麺

エギング釣行記

とんちゃん、玉ねぎ、厚揚げから

5月15日(金)
天気は晴れ時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間6.4時間、最高気温23.4℃、最低気温16.2℃、平均風速2.2m、最大風速は西の風5.7m、最大瞬間風速は西の風10.0m。

今朝もおにぎり弁当を作って貰って早朝から宿を出発、長倉さんが合流して3人となった。
最初のポイントは不発。
次のポイントも不発。
その次のポイントも不発。
そのまた次のポイントも不発。
更に不発ばかりが続いて入ったポイントは潮が引き出したので地磯を選択。

今日のタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢ210の0.5号のプロト、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギはエギエスツーβの3.5N(ノーマル)と3.5S(シャロー)

ここでは私がエギエスツーβの3.5Nピンクスギマーブルを藻が生えている磯近くへショートキャスト、少しフォールさせてから3回ダートさせてフォールに入ってすぐにラインにコンッと分かりやすいアタリが出た。
フッキングが決まってロッドが曲がりアオリイカがヒット。
寄せて来ると後ろから2kgクラスが追い掛けて来るのが見える。
隣の長倉さんに狙って貰うがエギに反応せず、取り込んだのは700gのアオリイカ
しかし長倉さんはキャストして沖目でヒット、 エギエスツーβ3.5Nのピンクホロマーブル1.1kgを乗せた。
更に私が沖の藻場へキャストしてボトム近くでヒットさせると、又も後から2kgクラスが追い掛けて来たので長倉さんに指示をするが、長倉さんのエギエスツーβにも追い掛けて来たアオリイカがいるのでサイトで狙っている最中。
そうこうしている内にヒットしたアオリイカが足元に近付き、追い掛けて来たアオリイカ2杯が合流する形となった。
私にヒットしているアオリイカは水面近くで泳がせているが、2杯の2kgクラスは少し下のレンジで長倉さんのβを狙っていて、暫く粘って漸くヒットに持ち込んだ。
先ず私にヒットした900gのアオリイカを取り込んだ。
そして粘ってヒットさせた長倉さんであったが、何と2kgクラスをバラシてしまった。

エギング釣行記

私に700gのアオリイカがヒット

エギング釣行記

続いて1.0kgがヒット

エギング釣行記

長倉さんには1.1kg

 

エギング釣行記

ピンクスギレッドにヒット

エギング釣行記

900gがヒット

しかしバラシた後に長倉さんは意地のヒットで700g、続いて1.0kgと連発βのピンクホロマーブルで乗せた。
更にサイズは下がったが400g、300gと連発させた。
ここまで沈黙していた高橋さんであるが、遂にβのピンクスギレッドヒット
寄せて来ると後ろから2kgクラスが追い掛けて来ていたので、私が狙うものの全く反応せずサイト失敗、高橋さんが取り込んだのは1.4kgのアオリイカだった。
続けて高橋さんが700gを同じエギエスツーβで乗せて午前の部は終了としました。

エギング釣行記

長倉さんに700gがヒット

エギング釣行記

長倉さん1.0kgをゲット

エギング釣行記

高橋さんに1.4kgがヒット

今日の昼食に私はチャンポン、高橋さんは皿うどん、長倉さんはカツ丼を選んだ。
昼食時の飲み物は水だったが、先程のポイントで車に戻った時に冷えた缶ビールをグイッと飲んで燃料補給をしているので大丈夫である。
勿論車の運転は高橋さんに代わっている。

エギング釣行記

昼食のチャンポン

昼食後に入ったのも先程と同じポイントで、立ち位置も先程と同じでリスタート。
セットしたのはエギエスツーβ3.5Nのピンクスギレッド
磯近くの藻場、沖の藻場、中層からボトムまで探るが反応が無いので、エギのカラーをオレンジスギレッドに交換した。
更にチェックをしていると少し潮が動いた感じがした途端、ラインに小さいが力強くコツッとアタリが出てフッキング。
上がって来たのは 1.2kgのアオリイカだった。
暫くして長倉さんのβのピンクスギゴールドにも 1.0kgのアオリイカがヒットした。
続いて長倉さんが 300gのアオリイカをヒットさせて反応が無くなりポイントを移動。

エギング釣行記

これは1.2kgのアオリイカ

エギング釣行記

長倉さんに1.0kgがヒット

次のポイントでは不発。
その次のポイントでは高橋さんが400gβのオレンジスギゴールドでヒットさせた。
その次の次のポイントでも高橋さんが同じエギエスツーβ200gをヒットさせて本日の釣りを終了した。

宿に戻ると夕食のバーベキューの準備中。
いつもなら先に風呂に入ってから夕食なのだが、バーベキューだと食事を先に頂く事にして、火を熾すのを手伝って食材を網に乗せる。
そして缶ビールを開けて頂く(^o^)/
サザエ、ヒオウギ貝、ケンサキイカ、アナゴ、手羽先、ソーセージ、牛串、豚串、おにぎりは山盛りで、お腹がいっぱいになりました。

エギング釣行記

夕食はバーベキュー

エギング釣行記

高橋さんと長倉さんは殆ど飲まない

 

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ