HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2015年9月4日、5日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年9月4日、5日

9月の沖縄でのルアルアチャンネルロケ編

サンテレビのルアルアチャンネルのロケと地元のおきなわ釣王国の取材を兼ねて、ボートからルアーのキャスティングやタイラバでのタマン、ミーバイを狙って9月4日(金)と5日(土)に沖縄本島のうるま市と名護市へ行って来た。

4日(金)の天気は晴れ時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間は7.1時間、最高気温32.2℃、最低気温26.6℃、平均風速3.0m、最大風速は西南西の風5.3m、最大瞬間風速は北西の風7.4m。

早朝にホテルを出発して6時30分頃にうるま市の南原漁港に集合。
今日のメンバーはサンテレビでユニチカもスポンサーになっている「ルアルアチャンネル」のレポーターの釣女ちゃこ、カメラマンとディレクター、そして釣友の宮城さんと私。

今回用意したタックルはルアーのキャスティング用では、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・レーザーキング86、リールはステラ3000HGM、ラインは新製品のキャスラインエギングスーパーPEⅢ210の0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lb。ルアーはエバーグリーンのマービー70、90、アイアンマービー、他。

同じくルアーのキャスティング用で、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、イグジスト2508PEH、ラインとリーダー、ルアーは同じ。

ジギング用は、ロッドがポセイドン・スロージャーカー603-2、リールはオシアジガー1500HG、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の300mの1.5号リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを4.5m、ジグはフリースローの100g、130g、フリーフリップの100g、130g。

ジギング、タイラバ用は、ロッドがソルティシェイプ・ライトジギングC63/80、リールはエラン・ワイドパワー71BR、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の300mの1.5号、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの20lbを4.5m、ジグは同じでビッグマウスの80g、100g。

ちゃこのタックルは、ルアーのキャスティング用がエギングタックルにシルバースレッド・ショアゲームPEの200mの0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニリーダーFCの16lbを2m。
ジギングタックルには、ユニベンチャー・ジギングX4の200mの1.5号、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを3m。
ルアーとジグは私と同じ。

宮城さんのタックルは、ルアーのキャスティング用のラインがシルバースレッド・ショアゲームPEの200mの1号、リーダーはシルバースレッド・ミニリーダーFCの20lbを3m。 同じくキャスティング用でラインがユニベンチャー・ジギングX4の200mの1.5号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの25lbを3m。
ルアーはバイブレーション、シンキングペンシル、シンキングミノー、他。

今日の狙いはルアーのキャスティングとジギングでタマン、クチナジ、ミーバイ、カツオ等で、港で番組のオープニングを撮影してボートフィッシング海屋の上原船長の操船で7時過ぎに出船。

最初のポイントはシャローフラットにリーフが点在するエリアで水深は4~6m程。
私は今回のメインタックルであるレーザーキング86にマービー70をセットしてファーストキャスト、ラインスラックを取りボトムまでフォールさせてからロッドでリフト&フォールを繰り返す。
ちゃこもエギングタックルでマービー70をキャスト。
ボトムまでフォールさせたマービーをリフト&フォールさせていると、リフトさせた時にコンッとアタッてフッキング。本日最初のヒットは本命のタマン(ハマフエフキ)だがサイズはおチビでリリース。
続いてちゃこにもヒットしたが、更に小さいタマンでリリース。

シャローエリアでポロポロとヒットはするものの小物ばかりなので移動でボートを走らせた途端にナブラを発見!
急遽ナブラ狙いで進路変更、ボートが近付くとナブラが消えたが周辺に魚は居る筈なのでキャスト開始、私は小型のジグをセットしてキャスト。
宮城さんはセットしていたシンキングペンシルをキャスト、行き成りのヒットでドラグが鳴ってラインが引き出される。
続いてちゃこのルアーにもヒットしてロッドが大きく曲がりドラグ音が鳴り響いた。
ダブルヒットしたの魚は宮城さんがスマガツオの3.5kg、ちゃこはシジャー(ダツ)の1mオーバーだった。

エギング釣行記

ちゃこに大物がヒット

エギング釣行記

テレビロケ風景

エギング釣行記

ロケで宮城さんにスマガツオとちゃこにシジャーがヒット

私のマービーにもボトムからリフトさせた時にヒット。
スピードのあるファイトで楽しませてくれたのはカスミアジ
続いてリフトからボトムへのフォールでアタッたのはニジハタ、続いてちゃこにもイシミーバイ(カンモンハタ)と見慣れたリーフのロックフィッシュがヒットした。

エギング釣行記

カスミアジがヒット

エギング釣行記

マービーにヒットした

エギング釣行記

ちゃこにイシミーバイ、私にニジハタがヒット

上原船長は反応が悪いとポイントを次々と移動のランガンスタイルで、何度目かのポイントで私のマービーにガツンとしたアタリで力強いファイトしてくれたのは小さいながらも本命のタマン
直後にちゃこがヒットさせたのも本命のタマンだが、こちらも少し小さくて物足りず。
少し水深が深いポイントを丁寧にボトムまで探っていると、フォールさせたマービーがボトムに着く直前(と言っても感覚だけだが・・)にコツッと小さなアタリを捉えてフッキング。
一気にボトムへ入るパワーは根魚独特のファイトで、強引にロッドとラインのパワーを信じてリールのハンドルを回す。
浮いて来たのはシロブチハタのグッドサイズ

エギング釣行記

タマンがヒット

エギング釣行記

ちゃこもタマンをヒットさせた

エギング釣行記

シロブチハタがヒット

エギング釣行記

マービーにヒットした

一旦昼食休憩で港へ戻り、午後の部は水深が10~20m程と深いエリアをキャスティングで更に深いエリアへ行ってジギングで狙う事にして出港。

ボートはリーフエッジが狙えるポジションを流し、岩盤上のリーフのショルダー部分を狙っても反応が無い為、深く落ち込んだボトムへマービーを落とし込みリフト&フォールでゴンッとハッキリとしたバイトでフッキング。
強いファイトを楽しみつつも一気に巻き上げたのはナガジューミーバイ(オジロバラハタ)
そして次のヒットも強いファイトをボトムから浮かせて、残りは手前のスリットを抜ければ獲れると油断した次の瞬間、最後の突っ込みでリーフのスリットにラインが触れてブレイク(T_T)
姿は見えなかったがファイトから想像するとクチナジのグッドサイズだろう。
油断して強引さが掛けた典型的なミスファイトが招いたバラシでガッカリ。
ちゃこは魚の前後で2種類の魚を繋ぎ合せたような模様のイソゴンベをヒットさせた。

エギング釣行記

ナガジューミーバイがヒット

ディレクターからキャスティングでの映像は十分撮れているので、次はジギングでのヒットシーンが撮れればとのリクエストで、移動したポイントは本日一番のディープエリア。
タックルをスロージャーカー603-2に持ち替えて、ジグはフリースローの100gをセットしてボトムまで落とし込む。
ちゃこもジギングタックルでフリースローの100gの色違いをチョイスして落とし込む。

ボトムからスローのワンピッチジャークで5m程上げてはフォールのセットを繰り返すと、上げでゴンッと強いバイトが来てフッキング。
続けてちゃこもフッキングを入れてロッドが曲がりダブルヒット。
取り込んだのは私がナガジューミーバイ、ちゃこはメガネハギである。
小さな口に上手くフッキングしたなと少し感心。

エギング釣行記

ジギングでダブルヒット

エギング釣行記

ちゃこにメガネハギ、私にはナガジューミーバイがヒット

その後もサイズアップを狙うが反応が無く、狙い通りのサイズとは言えなかったが番組レポーターの釣女ちゃこがダツのメーターオーバー、宮城さんがスマガツオの3.5kgをヒットさせたり、私もクチナジタマンミーバイ類等多数ヒットさせる事が出来て、港に戻ってエンディングを撮り番組のロケは無事に終了しました。

本日のロケ中に3人でヒットさせた魚は下記の10種類でした。
タマン(ハマフエフキ)スマガツオシジャー(ダツ)カスミアジニジハタイシミーバイ(カンモンハタ)シロブチハタイソゴンベナガジューミーバイ(オジロバラハタ)メガネハギ

タックルを片付けてホテルへ戻りシャワーで汗を流して何時もの居酒屋へ行くと、宮城さんが先に来ていてお疲れ様の生オリオンで乾杯!!
少し遅れてちゃことディレクター、カメラマンも合流して、2度目の乾杯。
もずくヒラヤーチー、トウフチャンプルー、そして今日3人で釣ったスマガツオとナガジューミーバイの刺身、シジャーの唐揚げ、その他いろいろと勿論島酒(泡盛)も頂きました。

エギング釣行記

スマガツオとナガジューミーバイの刺身

エギング釣行記

シジャー(ダツ)の唐揚げ

翌日の9月5日(土)はロケの予備日にしていたが前日にロケが終了したため、プライベートで名護市辺野古の豊島船長の彩花丸で半日ルアーゲームを楽しんだ。
メンバーは昨日と同じく釣女ちゃこ、宮城さん、そして沢江さんと私の4人で7時半過ぎに出船。

タックルは昨日と同じルアーのキャスティング用で、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・レーザーキング86、リールはステラ3000HGM、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢ210の0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lb、ルアーはマービー70、90、アイアンマービー、ベイブル70S、90S。

ちゃこは私のスペアタックルでルアーのキャスティング用に、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、イグジスト2508PEH、ラインとリーダー、ルアーは私と同じ。

沢江さんはルアーのキャスティング用にエギングタックルで、シルバースレッド・ショアゲームPEの200mの0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニリーダーFCの16lbを2m、ルアーは私と同じ。

宮城さんのタックルは、ルアーのキャスティング用のラインがシルバースレッド・ショアゲームPEの200mの1号、リーダーはシルバースレッド・ミニリーダーFCの20lbを3m。 同じくキャスティング用でラインがユニベンチャー・ジギングX4の200mの1.5号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの25lbを3m。
ルアーはバイブレーション、シンキングペンシル、シンキングミノー、他。

港を出てボートは北上して最初のポイントに到着、レーザーキング86にベイブルをセットしてキャスト、ボトムまでフォールさせてリフト&フォールをメインにリトリーブを混ぜてアプローチするとニジハタがヒット、続いて宮城さんにはハンゴーミーバイ(アカハタ)、ちゃこのマービーにイソゴンベと連発でヒット。

エギング釣行記

宮城さんにハンゴーミーバイ、私にニジハタがヒット

エギング釣行記

ちゃこにイソゴンベがヒット①

エギング釣行記

ちゃこにイソゴンベがヒット②

更に宮城さんにクチナジ、私にもグッドサイズのアオノメハタがヒットした。
天気は良く風も波も無い絶好のコンディションでインリーフのシャローとリーフエッジのブレイク狙いでルアーをローテーションさせながらキャストを繰り返す。

エギング釣行記

宮城さんにクチナジがヒット

エギング釣行記

私にアオノメハタがヒット

エギング釣行記

天気は良くリーフ周辺を狙った

慣れない沢江さんには着底からのアクションとコツを伝えると行き成りニジハタアオノメハタをヒットさせた。
宮城さんもクチナジをヒットさせてロッドを大きく曲げて楽しみ、更にクチナジオジサンと連発にミミジャー(ヒメフエダイ)に続いてグッドサイズのクチナジと連発。

エギング釣行記

沢江さんにニジハタがヒット

エギング釣行記

宮城さんにクチナジがヒット

エギング釣行記

沢江さんにアオノメハタがヒット

エギング釣行記

宮城さんにクチナジがヒット

エギング釣行記

宮城さんにオジサンがヒット

私もアオノメハタのサイズアップ、派手なカラーのヤマブキベラもヒット、そして大きくロッドを曲げてドラグを鳴らして強いファイトを楽しんでクチナジのグッドサイズをゲットした。

エギング釣行記

私にアオノメハタがヒット

エギング釣行記

私にヤマブキベラがヒット

エギング釣行記

ヒットしてロッドが絞り込まれる

エギング釣行記

私にクチナジがヒット

宮城さんも負けじとミミジャーナガジューミーバイ、南国のカワハギのクマドリをヒットさせる。

エギング釣行記

宮城さんにミミジャーがヒット

エギング釣行記

宮城さんにナガジューミーバイがヒット

エギング釣行記

宮城さんにクマドリがヒット

その後もアオノメハタイシミーバイニジハタクチナジエソと合計12魚種がヒットしたが、この間ボートは何ヶ所かポイントを移動してランガンしているが、ヒットが連発するポイントと反応が無いポイントがあり、ルアーの選択とアクションをマッチさせる楽しさとライトタックルでのファイトを楽しんだ。

エギング釣行記

私にアオノメハタ、宮城さんにクチナジがヒット

エギング釣行記

私にクチナジがヒット

エギング釣行記

ちゃこにエソがヒット

エギング釣行記

沢江さんにイシミーバイがヒット

エギング釣行記

ちゃこの気分は空と同じくどんより?

本日の半日の釣りで4人がヒットさせた魚は下記の12種類でした。
ニジハタハンゴーミーバイ(アカハタ)クチナジ(イソフエフキ)アオノメハタオジサンミミジャー(ヒメフエダイ)クマドリエソイシミーバイ(カンモンハタ)イソゴンベヤマブキベラナガジューミーバイ(オジロバラハタ)
都合2日間で18種類の魚が釣れました。

13時に帰港して帰阪するロケのスタッフと先に戻る宮城さんとも別れて、ちゃこと昼食に肉そばを食べに行く。
ちゃこはお薦めの牛肉そば、私はソーキそばを食べて一時解散。

エギング釣行記

ちゃこは牛肉そば

エギング釣行記

私はソーキそば

ホテルに戻ってタックルを片付けて休んでいると、今回の幹事の桜川さんが15時前に迎えに来てくれて、途中でちゃこが泊まっているホテルへ寄ってから名護市の21世紀の森公園内の21世紀の森バーベキュー広場に到着。先に来ていたいつものメンバーに沖縄釣女会のメンバーも加わりテントの設置は終わって食材の準備中。
そうです、これから青空の下でビーチバーベキューなんです\(^o^)/

エギング釣行記

名護市の21世紀の森バーベキュー広場①

エギング釣行記

名護市の21世紀の森バーベキュー広場②

暑さと我慢をしていたにも関わらず、何と肝心のビールが無い。
幹事は何をやってるんや<(`^´)>
と思ったら、何と我々を会場まで釣れて来てくれた足で買い出しに行ったそうだ。
それなら言ってくれれば途中で買ってから会場に送ってくれれば良いのに・・・
只待っていても仕方が無いので、バーベキュー用の炭の準備をして、更に沖縄釣女会の会長の横目さんに送っていた対馬で釣って冷凍したアオリイカを捌く事にする。
捌いたアオリイカは新崎さんが文字通り名護ビーチの海水で洗ってくれた。
そして待望の缶ビールが届いたので、誰よりも早くオリオンをプシュッと開けてゴクリと一口喉に流し込むと、一気に爽快感が広がり喉の渇きが癒される。
皆にもビールが届いた事を告げて乾杯!!
仕事が捗り出してアオリイカ捌きが終了。
会場に用意されていたコンロ、鉄板、炭、食材は全てでは無いが、これらは予約をすれば会場まで届けてくれて、終了後に引き取りに来てくれるそうで、そんなサービスと言うか商売を古くからしているのは、我那覇ミートで本来は肉屋で焼肉屋も営んでいる。
因みにここの肉屋で時々やんばるアグー黒豚のしゃぶしゃぶ用を買って帰って自宅で美味しく頂いています(決して宣伝ではありません)。

エギング釣行記

私は黙々とアオリイカを捌く

エギング釣行記

沖縄釣女会のメンバー、ちゃこ、宮城さんと私

エギング釣行記

沖縄釣女会のメンバー、宮城さん、桜川さん、新崎さんと私

次は鉄板に普通のソーセージ、高級ソーセージ、北海道から送って頂いたジャガイモ、対馬産のアオリイカのゲソを焼く。
焼けたジャガイモに切り込みを入れてバターを乗せてじゃがバターの完成。
テーブルでも小型のコンロで鶏肉を焼く。
ヒージャーの刺身の差し入れもあります。
しかし私が飲んでいる間に高級ソーセージが無くなっていました・・・(T_T)

エギング釣行記

バーベキューでアオリイカ、ソーセージ、ジャガイモ

エギング釣行記

ソーセージ、じゃがいも、アオリイカのゲソ

エギング釣行記

北海道のじゃがいもでじゃがバター

エギング釣行記

鶏肉を焼く

エギング釣行記

ヒージャーの刺身

続いて海鮮焼きです。
午前中に楽しませて頂いた彩花丸の豊島船長からの差し入れは、何と大量の イ セ エ ビ \(^o^)/
イセエビを豪快に鉄板に並べて焼く。
味付けは何も無しもあり、塩胡椒もあり、お好みの味にして頂きます。

エギング釣行記

豊島船長から大量のイセエビを差し入れ

エギング釣行記

イセエビも豪快に焼く①

エギング釣行記

イセエビも豪快に焼く②

エギング釣行記

イセエビが焼けたよbyちゃこ

エギング釣行記

イセエビが焼けた

エギング釣行記

沖縄釣女会のメンバーもイセエビ!

エギング釣行記

皆飲んで食べてます

続いて私が去年もやりましたが、対馬産のアオリイカをたっぷりと入れた我が家風焼きそばを作ります。
豚肉、キャベツ、玉ねぎも大量に入れて具沢山の焼きそばです。

エギング釣行記

焼きそばが出来た!

更に肉、ソーセージ、とうもろこしを焼きます。
ここで普通のソーセージと高級ソーセージが再び登場、今度は食べ損なわないようにしないと・・・。
と、思っていたにも拘らず・・・何と痛恨のミス・・・と言うか何と言うか・・・
又も高級ソーセージを食べ損ないました・・・(T_T)
しかしビールは何本飲んだでしょうか・・・。
参加メンバーは早くから来て最後まで居る者、早くに抜ける者、遅く来る者と様々で何でもアリのうちなースタイルで、大勢で楽しい時間が過ごせました。

エギング釣行記

肉、ソーセージ、とうもろこしを焼く①

エギング釣行記

肉、ソーセージ、とうもろこしを焼く②

楽しい時間はアッと言う間に過ぎて、公園の閉門時間が決まっているため8時過ぎから片付け作業をする。ごみを集めて残った食材を分けて持ち帰ってもらい、片付けは終了。
会場にタクシーを呼んで二次会の予約をしていた店へ向かう。
ここでも会話は弾み、島酒を頂き、会場は盛り上がりましたが、何人かは一次会で壊れて二次会に来れなかった者がいたようです。
当然、二次会の会場で壊れた者もいましたね。
今日の午前中に釣り上げたミミジャーは煮付け、クチナジはマース煮にして頂いて美味しく頂きました。

エギング釣行記

ミミジャーの煮付け

エギング釣行記

クチナジのマース煮

エギング釣行記

二次会の様子

エギング釣行記

二次会で壊れた

私は翌日の便で大阪へ帰りましたが、ちゃこは早起きして半日釣りをしてから帰ったそうです。

【今回の使用タックル】

その1 ルアー キャスティング用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ インペリアル レーザーキング86
リール:シマノ ステラ3000HGM
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ210 0.8号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 2m
ルアー:エバーグリーン マービー70、90、アイアンマービー
    スミス ベイブル70S、90S、チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ルアー キャスティング用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニマスター82
リール:ダイワ イグジスト2508PEH
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ210 0.8号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 2m
ルアー:エバーグリーン マービー70、90
            アイアンマービー
    スミス ベイブル70S、90S、チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 ルアー ジギング、タイラバ用
ロッド:エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー603-2
リール:シマノ オシアジガー1500HG
ライン:ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 300m 1.5号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー:カンジインターナショナル フリースロー100g、130g
                 フリーフリップ100g、130g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップかスプリットリングをブリンソンノットで接続

その4 ルアー ジギング、タイラバ用
ロッド:テイルウォーク ソルティシェイプ ライトジギングC63/80
リール:テイルウォーク エラン ワイドパワー71BR
ライン:ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 300m 1.5号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 20lb 4.5m
ルアー:カンジインターナショナル フリースロー100g、130g
                 フリーフリップ100g、130g
    ダミキジャパン ビッグマウス80g、100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップかスプリットリングをブリンソンノットで接続

【釣女ちゃこさんの使用タックル】

その1 ルアー キャスティング用
ライン:ユニチカ シルバースレッド ショアゲームPE 200m 0.8号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 25lb 3m
ルアー:エバーグリーン マービー70、90
            アイアンマービー

その2 ルアー ジギング用
ライン:ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 200m 1.5号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 25lb 3m
ルアー:カンジインターナショナル フリースロー100g、130g
                 フリーフリップ100g、130g

【宮城さんのの使用タックル】

その1 ルアー キャスティング用
ライン:ユニチカ シルバースレッド ショアゲームPE 200m 0.8号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 20lb 3m

その2 ルアー:キャスティング用
ライン:ユニチカ シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1号
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 30lb 3m

今回の釣行記の様子は、サンテレビ ルアルアチャンネルで放送されました。
2015年9月23日(水)放送分 第51回「杉原正浩、沖縄の海でいろんな魚を釣り放題」沖縄県東海岸ボート編
尚、放送された内容は下記でご覧頂けます。

ルアルアチャンネルはコチラ▶

この釣行記の一部はおきなわ釣王国 2015年12月号No.117号に掲載されています。
この釣行記の一部は(株)コスミック出版 アングリングソルト2016年3月号通巻44号に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ