HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 山形、秋田での釣行(1)

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年9月12日〜15日

山形、秋田での釣行(1)

山形県酒田市の上州屋酒田店でのエギングセミナーの依頼が有り、山形県まで行くなら足を延ばして久し振りに秋田県の釣友達との食事や釣りにも行こうと思い、9月12日(土)~15日(火)の日程で出掛けて来た。

12日(土)は伊丹空港~羽田空港~庄内空港へと飛行機を乗り継いで昼過ぎに山形県の庄内空港着、地区担当者と合流して上州屋酒田店へ向かう途中でラーメンを昼食に食べて、明日の実技セミナーの会場予定地へも行って下見を済ませてから、14時頃に上州屋酒田店に到着。
高橋店長に挨拶をしてタックルや商品を展示、準備をして打ち合わせ。
15時から上州屋酒田店主催で店内特設会場にて、高橋店長の司会進行でエギングトークショー一部がスタート。

参考までに事前に頂いたトークショーのテーマは下記の通り。
★最新エギング情報
・エギングで大事な事は
・エギングに最適な天気、環境(デイ~ナイト別)
・シャクリについて、エギのアクション
・これからの季節の狙い方
★ポイントについての攻略方法
・防波堤、磯場、サーフ
・時期別の狙い方
★タックルについて
・ロッド、リール
・ライン、リーダー、エギ、他
・ウェア

16時30分に一旦休憩を挟んでエギングトークショー二部がスタート、話が弾んで予定を大幅に延長して19時になった。
記念撮影、ジャンケン大会でユニチカオリジナルグッズ等をプレゼントして終了しました。

13日(日)は事前に申し込みをして頂いた方々での上州屋酒田店主催のエギング実技セミナーを酒田市の酒田北港で行った。
本日の司会進行は同店の沖野氏で8時からスタート。
しかし会場の酒田北港は先日降った大雨の影響で濁りが酷く、エギをアクションさせても少し水面下に沈めると殆ど見えなくなってしまう程の悪条件であったが、ロッド操作やラインの操作等を一通りレクチャーした。

参考までに事前に頂いた実技セミナーのテーマとミニエギング大会については下記の通り。
テーマ
★北港防波堤での釣り
・釣場でのエギング準備
・結び~スナップ~エギ
・キャスト、シャクリ
★釣り大会
・使用エギは問わず
・1杯の最大寸法(胴長)
★条件はライフジャケット着用者のみ
・一般者との区分けはゼッケン

ミニエギング大会形式で参加者の方々にエギングを行って頂きながら、私も参加者一人ずつに話し掛けながら疑問点や様々な話をさせて頂き、11時にミニエギング大会は終了。
残念ながら悪条件に災いされてアオリイカのヒットは無かったが、記念撮影をしてプレゼントを渡して2日間のイベントは全て終了となりました。

店内セミナーや実技セミナーの様子は下記をご覧下さい。
エギングセミナーの9/12(土)上州屋酒田店
エギングセミナーの9/13(日)上州屋酒田店

12日(土)の昼はラーメンを食べました。

エギング釣行記

12日の昼食のラーメン

12日(土)の夕食は居酒屋へ行きました。
先ずは生ビール、そして店内に貼られた地酒の銘柄の数々からは、酒田の地酒の三十六人衆、純米大吟醸楯野川、特別純米辛口生田酒の杉勇を美味しく頂きました。
食べたのは、付だしのつぶ貝とだだちゃ豆、刺身はブリトロとサンマ、ハタハタの一夜干し、ふぐ唐揚げ、串焼き、厚切りベーコン、〆は芋煮汁を頂きました。

エギング釣行記

付だしのつぶ貝とだだちゃ豆と生ビール

エギング釣行記

店内に貼られた地酒の銘柄の数々

エギング釣行記

刺身はブリトロとサンマ

エギング釣行記

ハタハタの一夜干し

エギング釣行記

ふぐ唐揚げ

エギング釣行記

串焼き

エギング釣行記

厚切りベーコン

エギング釣行記

芋煮汁

上州屋酒田店の実技セミナーが終了して昼食には、味が違うのでまぁ良いかと言う事で昨日に続いてラーメン屋へ行ってしまった。
食後に酒田駅で分かれて地区担当者は営業活動を再開、私は電車で秋田へ移動。
時間に余裕があるのでのんびりと電車の旅だが、生憎の空模様で雨が降り車窓からの景色はイマイチ(T_T)

エギング釣行記

昼食のラーメン

エギング釣行記

のんびりとした車内

エギング釣行記

車窓からの景色は雨でイマイチ

秋田駅に着いて駅前のホテルにチェックインして予め送っていた荷物(釣具)を受け取り、破損や問題が無いかをチェックするが大丈夫だった。
普段の釣行で必ず使っている偏光グラスと普段に着用しているメガネは、秋田市のメガネの平川さんで作って頂いているため、新しいフレームとレンズ合わせ、そして使用している偏光やメガネのメンテナンスを兼ねてメガネの平川の湊さんに連絡をして店へ行く。
久し振りの再会であるが、お客様が多くて暫く店内で待たせて頂いてから、新しいフレームとレンズ合わせとメンテナンスをして頂いた。
お店の閉店近くだったので湊さんと一緒に秋田駅前まで戻り、本日の夕食と言うか宴会のメンバーと合流して予約して頂いていた店へ向かう。
地元秋田の郷土料理の店で、店の看板は大きななまはげの顔で、入口の両側にもなまはげが居た。

エギング釣行記

店の看板は大きななまはげの顔

エギング釣行記

店の入口の両側に・・

エギング釣行記

店の入口になまはげが

店の外観もそうだが中へ入ると古民家そのもので、天井が高く梁も太く立派な作りである。
今日集まってくれたのは幹事の湊さん、岩手から伊藤さん、そして池村さん、大野さん、小松さん、佐藤さん、志田さん、本間さん、野呂さん(順不同)で私を加えて10人で、全員釣り好きと言うかイカレている人も(筆頭は私かな?)
秋田へ来たのは2011年の秋以来なので4年振りになるが、前回も一緒に飲んだメンバーも居て気兼ね無く楽しい会話で盛り上がる。
料理は懐石風に運ばれて来て、いぶりがっこ、とんぶり、ハタハタ、刺身とメインはしょっつる鍋、前回にきりたんぽ鍋は食べたので名物鍋として是非食べたかったメニューで美味しく頂きました。
そして驚く事に飲み放題のメニューに書かれている日本酒の銘柄の多さ、そして秋田県の有名で知れ渡っている酒蔵以外にも、余り知れ渡ってない酒蔵を合わせると全部で41の酒蔵があるそうで更にビックリ。

エギング釣行記

乾杯!

エギング釣行記

いぶりがっこ、とんぶり、ハタハタ等

エギング釣行記

ハタハタの一夜干し

エギング釣行記

刺身とハタハタ等

エギング釣行記

しょっつる鍋

エギング釣行記

しょっつる鍋と地酒

エギング釣行記

飲み放題とは思えない日本酒の銘柄の数々

エギング釣行記

秋田の酒蔵は41も有る

折角秋田まで来たのだから地酒を飲まずに帰る事は出来ないため、参加者にお薦めを聞くと○○さんは雪の茅舎、○○さんは高清水と刈穂吟醸酒の六舟、○○さんは天の戸の美稲、何だか他にも飲んだ気がするが写真がありません。勿論時間内にオーダーした地酒を1人で全て飲んだわけではありませんので念のため・・・
この店ではなまはげが各席にやって来るパフォーマンスがあるらしいのだが、店内に入った時に幹事が確認すると「今日は来ません」との事だったが、実際には店内が騒がしくなったと思ったらなまはげがやって来てくれました。
なまはげは来るだけかと思ったら、「何しに秋田へ来たんだ?」と質問をされたので、迷わず「秋田の地酒を飲みに来たんだ!」と答えておきました。

エギング釣行記

雪の茅舎

エギング釣行記

高清水

エギング釣行記

刈穂吟醸酒 六舟

エギング釣行記

天の戸 美稲

エギング釣行記

なまはげを囲んで記念撮影

エギング釣行記

今日のメンバー

22時前にお開きになり店を出るが、飲み足りない参加者とすぐ近くの店で二次会。
明日は朝からボートでタイラバなので程々にしないといけないのだが、結構遅くまで飲んでしまいました(^_^;)

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ