HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 出雲でボートフィッシング

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2015年9月21日〜22日

出雲でボートフィッシング

9月20日(日)の深夜に自宅を出発して高速をのんびりと走り、21日(月)の明け方に島根県出雲市へ到着、スーパーで飲み物(当然ビールと水)と朝食のパン、昼食のカップ麺とおにぎりを買って宇龍の港へ行く。

今日の天気は晴れ時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間は8.9時間、最高気温26.0℃、最低気温15.0℃、平均風速2.6m、最大風速は東北東の風5.9m、最大瞬間風速は東北東の風8.9m。

港でタックルのセッティング、今回用意したのはベイトタックルを2セット。

メインのタイラバ用は、ロッドがタイゲームTZラバーC610M、リールはエラン73R、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の0.8号を300m、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、ルアーはビッグマウス80g、100g、ビッグマウスのインチク仕様。

次はジギング用で、ロッドがソルティシェイプ・スロージギングC63/150、リールはオシアジガー1500HG、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の1.5号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを4.5m、ルアーはフリースローとフリーフリップの130g、160g、200gを使用。

セッティングが出来た頃に出雲の上畠さんと第三磯辺丸の阿部船長も来て、タックルをボートに積み込んで7時過ぎに出船。

先ずはタイゲームTZラバーC610Mでビッグマウスの100gをセット、ボトムから5~6mをメインに時々レンジを上げて中層も狙う。
最初にヒットさせたのは上畠さんで、タイラバでイトヨリをゲットした。
続いてのヒットも上畠さんで、ロッドティップをゴンゴンと下に叩く独特の引きでマダイもヒットさせた。

エギング釣行記

上畠さんがイトヨリをヒットさせた

エギング釣行記

上畠さんがマダイをゲット

私にもヒット。
これはボトムから巻き始めてすぐのヒットでウッカリカサゴ
続いてヒットしたのはホウボウ
どちらもビッグマウスの100gのグリーンでヒットした。

エギング釣行記

私にはウッカリカサゴがヒット

エギング釣行記

ホウボウもヒットした

そして今回の本命をヒットさせたのは上畠さん。
流石に地元で通い込んでいる強みか、グッドサイズのアマダイをゲット。
続いて私にもヒットして来たのは、サイズは上畠さんのより少し小降りだがまずまずサイズのアマダイ

エギング釣行記

上畠さんにグッドサイズのアマダイがヒット

エギング釣行記

私にもますまずのアマダイがヒット

他にもポツポツとヒットはするもののサイズが出ない。
昼飯はお決まりのカップ麺と缶ビールでリセットして午後の部に突入。

先ずは私のビッグマウスに小さいマダイがヒット。
次は小さいイトヨリがビッグマウスのオレンジホロレッドの100gを咥えて上がって来た。

エギング釣行記

マダイがヒット

エギング釣行記

小さいイトヨリがヒット

そのまま続けていると、次のアタリが来てフッキング。
次の瞬間ロッドをバットまで絞り込んでドラグが滑る強い引きが来た。
パワーとスピードから考えると大型の根魚と思われるため、スプールを親指で押さえてドラグにブレーキを掛けて強引に止める。
同時にリールのハンドルは回し続けて、少しでもラインを巻き取ってボトムから離すようにすると、少し引きが弱まりボトムが切れた様で、後は時々来る引き込みを楽しみながら浮かせると、予想通りのキカナ(アオハタ)の50cmだった。

エギング釣行記

グッドサイズ50cmのキカナ(アオハタ)

エギング釣行記

ビックマウスでヒット

その後も連発では無いがポツポツと釣れて夕方の16時過ぎに帰港。
アマダイ、イトヨリ、マダイ、レンコダイ、キカナ、ボッカ(ガシラ)、アカミズ(アコウ)、ウッカリカサゴ、ホウボウ等が釣れた。

エギング釣行記

私の釣果

エギング釣行記

上畠さんの釣果

タックルを片付けて私は直ぐ近くにあり、いつもお世話になっていることぶき荘へ行き、シャワーを浴びて汗を流してスッキリして部屋で待つ。
阿部船長が迎えに来て頂き、途中で上畠さんを拾って予約して頂いた居酒屋へ。
今日の夕食は居酒屋で飲みましょうと提案させて頂いていたので、店の予約や美味しい食材(もちろん魚)を釣って持ち込んでくれていた。
メンバーは阿部船長、上畠さん、保科さん、少し遅れて着いた後藤さんと私の5人。
今回のお店は阿部さんの行きつけで店長も釣り好き、前以って釣っていた魚を店に持ち込んで頂いていたため、店に入って生ビールを頂いていると大皿で刺身の盛り合わせが運ばれて来た。
アカミズ、ヒラマサ、アマダイ、サバ、ムロアジ、サワラ、カワハギでどれを食べても美味いにきまってます。
続いてしゃぶしゃぶ用に出て来たのは、アカミズ、サバ、アマダイ、カナトフグ、鍋用の野菜と豆腐、そして鍋は2つの味が楽しめる形状、そしてサバの煮付け、鯛の煮付けと食べて、ビールに焼酎も頂きました。

エギング釣行記

今回のお店

エギング釣行記

アカミズ、ヒラマサ、アマダイ、サバ、ムロアジ、サワラ、カワハギ

エギング釣行記

しゃぶしゃぶ用はアカミズ、サバ、アマダイ、カナトフグ

エギング釣行記

鍋用の野菜と豆腐

エギング釣行記

鍋は2つの味が楽しめる

エギング釣行記

サバの煮付け

エギング釣行記

鯛の煮付け

9月22日(火)
8時過ぎに港へ集合してタックルのセッティング、今日も上畠さんと阿部船長の第三磯辺丸にお世話になった。

エギング釣行記

第三磯辺丸

エギング釣行記

海人丸

今日の天気は晴時々曇り、1日の降水量は0mm、日照時間は9.5時間、最高気温26.7℃、最低気温13.9℃、平均風速2.6m、最大風速は東北東の風5.7m、最大瞬間風速は東北東の風9.2m。

今日ボートに持ち込んだのは昨日と同じベイトタックルを2セット。
メインのタイラバ用は、ロッドがタイゲームTZラバーC610M、リールはエラン73R、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の0.8号を300m、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、ルアーはビッグマウス80g、100g、ビッグマウスのインチク仕様。

次はジギング用で、ロッドがソルティシェイプ・スロージギングC63/150、リールはオシアジガー1500HG、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の1.5号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを4.5m、ルアーはフリースローとフリーフリップの130g、160g、200gを使用。

今日は昨日より風が強くて波も高いため、岸寄りや波が少しでも小さいポイントで狙った。
ヒットしたのはキカナ(アオハタ)、アカミズ(アコウ)、ボッカ(ガシラ)、イサキ、ハマチで上畠さんがヒットさせたアカミズが本日のグッドフィッシュでした。
楽しませて頂き、美味しい魚と酒を頂いた2日間がアッと言う間に過ぎて、帰りの高速道路の渋滞を避けるために、昼には終了してタックルを片付けて出雲を出発しました。

エギング釣行記

上畠さんがヒットさせたアカミズ

今回使用したラインは、タイラバ用がユニベンチャー・ジギングX4の300mの0.8号シルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lb
ジギング用はユニベンチャー・ジギングX4の300mの1.5号シルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを使用した。

エギング釣行記

ジギングX4の0.8号とミニリーダーFCの16lb

エギング釣行記

ジギングX4の1.5号とショックリーダーFCの25lb

【今回の使用タックル】

その1 タイラバ用
ロッド:テイルウォーク タイゲームTZラバーC610M
リール:テイルウォーク エラン73R
ライン:ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 0.8号 300m
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー:ダミキジャパン ビッグマウス80g、100g
            ビッグマウスのインチク仕様
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ジギング用
ロッド:テイルウォーク ソルティシェイプ スロージギングC63/150
リール:シマノ オシアジガー1500HG
ライン:ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 1.5号 300m
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー:カンジインターナショナル フリースロー130g、160g、200g
                 フリーフリップ130g、160g、200g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ジグはスプリットリングをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ