HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2016年7月15日〜18日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2016年7月15日〜18日

長崎県の対馬遠征

GWと5月中旬に行った長崎県の対馬遠征に、7月15日(金)から行って来た。
福岡空港で合流する予定だったメンバーが急遽都合が悪くなったため今回は1人である。

いつも通り朝に伊丹空港から福岡空港で乗り継いで対馬空港へ、レンタカーでスーパーへ行き、弁当と飲み物、氷を買って宿へ行って先ずは昼飯。
1人なので麦茶で弁当を食べて、予め送っていたタックルを受け取ってセッティング、これからゆるい釣りモードとなる。
今回は出発前に50年に1度と言われた大雨が降っているため、各所で濁りが入りポイント選択が難しそうである。

エギング釣行記

伊丹空港から出発

エギング釣行記

福岡空港から離陸

エギング釣行記

対馬やまねこ空港到着

今日のタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの新色を含めた3.5N、浅場、藻場用に3.5S新製品の3.0Nも持参した。

15日の対馬の天気は、晴、1日の降水量は0mm、日照時間10.2時間、最高気温26.7℃、最低気温22.3℃、平均風速2.8m、最大風速は北東の風5.3m、最大瞬間風速は東北東の風9.3m。

最初のポイントへ入ると予想通り濁りが入り、ベイトも見えないためどうかなと思いながら、エギエスツーβ3.5Nピンクスギゴールドをセットした。
足元から徐々に広範囲に探るが反応が無いため、すぐに見切って移動。
次のポイントでは1投目に500g程のアオリイカが追い掛けて来たがサイトで乗せられず、その後は反応も無く移動する。
次は地磯でキャスト、ここではフォール中にアタリが出て今回のファーストヒットは300gのアオリイカだった。

エギング釣行記

カミキリムシも乗ってた

エギング釣行記

エギエスツーβピンクスギゴールドに乗った

次は護岸からキャスト、足元のファーストブレイク、中間距離、遠投とキャスト距離を変えながらチェックすると、エギエスツーβ3.5Nピンクスギゴールドを追い掛けて来るのでサイトでアオリイカの300g、300g、400gをヒットさせた。
続いてカラーをオレンジイエローレッドに交換して、サイト、沖でのフォールでアオリイカの300g、500g、300g、300g、300gと連発でヒット
更に次のポイントではピンクスギレッドに交換、やはりサイト、沖でのフォール中と2通りのパターンで300g、500g、400gと連発でヒットさせて本日の釣りは12杯で終了。

エギング釣行記

エギエスツーβオレンジイエローに乗った

エギング釣行記

エギエスツーβオレンジイエローで追加

エギング釣行記

エギエスツーβオレンジイエローで更に追加

エギング釣行記

エギエスツーβピンクスギレッドでサイズアップ

エギング釣行記

エギエスツーβピンクスギレッドで追加

宿に戻りシャワーを浴びてお楽しみの夕食。
刺身はカンパチとカツオ、イカの煮物、炊き合わせ、トコロテン、とんちゃん焼き、冷麺、アジの唐揚げ、イサキの煮付け、飲物は生ビール、続いて対馬の地焼酎のやまねこを水割りで頂きました。

エギング釣行記

夕食の刺身、イカの煮物、炊き合わせ、トコロテン、とんちゃん焼き、冷麺、生ビール

エギング釣行記

アジの唐揚げ

エギング釣行記

対馬の地焼酎のやまねこ

エギング釣行記

イサキの煮付け

7月16日(土)は朝練無しでゆっくりと宿で朝食を食べてから出発する。
朝食は鯵の干物、目玉焼き、ひじき、冷奴、豆、漬物、焼き海苔、味噌汁でした。

エギング釣行記

朝食は鯵の干物、目玉焼き、ひじき、冷奴、豆、漬物、焼き海苔、味噌汁

16日の対馬の天気は、くもり、1日の降水量は1.0mm、日照時間0時間、最高気温28.6℃、最低気温22.6℃、平均風速3.1m、最大風速は南の風9.3m、最大瞬間風速は西南西の風15.0m。

最初のポイントは反応無し、次のポイントまで移動。
今日のタックルは昨日と同じで、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

エギエスツーβ3.5チャートホワイトシルバーからスタート、ショートキャストでファーストブレイクをチェック、続いて少し距離を伸ばして点在する岩をチェック、最後に遠投して沖までチェックする。
少し沖に点在する岩をチェックして水面まで一気にエギを浮かせた時に後ろから追い掛けて来たので、水平ドリフトからカーブフォールさせると反応良くアオリイカがヒット

エギング釣行記

エギエスツーβチャートホワイトシルバーでヒット

次のポイントではエギエスツーβ3.5Nピンクイエローレッドで足元からチェックすると、ボトムから一気に水面まで浮かせてサイトでアオリイカがヒット

その次のポイントではアマモが生えているのでボトムまでエギをフォールさせる事が出来ないため、ボトム近くまでフォールさせて3~4回ダートからカーブフォールのセットで狙うと、フォール中にコンッとアタッて500gのアオリイカがヒットした。

エギング釣行記

エギエスツーβピンクイエローでヒット

昼食はスーパーで弁当を買ってエアコンが効いた車内で食べて移動。
そして川崎さんと合流、ここからは2人で行動する。
しかし次のポイント、その次、その次、・・・何処へ行ってもアオリイカの反応が無い(T_T)
仕方ないので3/8ozのジグヘッドにエバーグリーンのビビットテールをセットして根魚狙いに路線変更。
キャストしてボトムまでフォールさせてから、ゆっくりとステディリトリーブ、途中でゴンッとアタッてマハタがヒット(^_^)
次のキャストは少し角度を変えて同じパターンでゴン、次はアコウがヒットした(^_^)v
このままイレパクかと期待したキャストは空振り、次も空振り、次はアタリは出たが乗せられず空振り・・・心が折れて終了となりました。

エギング釣行記

マハタがワームにヒット

エギング釣行記

次はアコウがヒット

宿に戻って汗を流してお楽しみタイム
夕食は生ビールを頼んで、刺身、煮タコ、酢の物、トコロテン、ナスミンチ、すき焼き、天ぷら、煮付け、やまねこは水割りで頂きました。

エギング釣行記

夕食は刺身、煮タコ、酢の物、トコロテン、ナスミンチ、生ビール

エギング釣行記

すき焼き

エギング釣行記

天ぷら

エギング釣行記

やまねこは水割りで

エギング釣行記

煮付け

7月17日(日)は1人で朝練へ出発したが、狙っていたポイントは、何の魚が分からないが稚魚を放流したので釣り禁止の立看板があり断念。
次のポイントへ行くが全く反応が無く、気配も感じられなかったので早々に宿に戻った。

17日の対馬の天気は、くもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間4.1時間、最高気温28.6℃、最低気温23.6℃、平均風速2.7m、最大風速は南南西の風5.3m、最大瞬間風速は南南西の風11.5m。

宿で朝食を頂いてからリスタートする。
朝食は鯵の干物、目玉焼き、焼きナス、冷奴、漬物、焼き海苔、味噌汁を頂きました。

エギング釣行記

朝食は鯵の干物、目玉焼き、焼きナス、冷奴、漬物、焼き海苔、味噌汁

出発して待ち合わせ場所へ。
川崎さんと東川さんに合流、漁港からスタートする。

今日のタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

先に居た東川さんの知人はアオリイカのキロアップが3つ(゜o゜)
気合を入れてキャスト開始
最初にヒットさせたのは川崎さんでアオリイカの400g
しかし後が続かず移動。
ここでも川崎さんが400gをヒットさせて、東川さんはエギからルアーに交換してカマスをヒットさせた。

ポイントを移動、ここでは東川さんがアオリイカの300g、500gとヒットさせた。
今回は数年振りに越前クラゲが大量に発生していて、かなりデカイサイズも見られた。

エギング釣行記

東川さんにヒット

エギング釣行記

越前クラゲ

エギング釣行記

越前クラゲ

エギング釣行記

越前クラゲ

エギング釣行記

越前クラゲ

エギング釣行記

越前クラゲ

昼食はお気に入りの食堂へ
私は特製ちゃんぽん、他の2人は・・・忘れた(^_^;)

エギング釣行記

特製ちゃんぽん

昼食後に行ったポイントは不発。
次のポイントは先客が多くてスルー(^_^;)
次は私がエギエスツーβ3.5Nピンクスギレッドアオリイカをヒットさせて、川崎さんもオレンジイエローレッドで乗せた。
その次のポイントでは私がオレンジスギレッドアオリイカを乗せた。

エギング釣行記

エギエスツーβピンクスギレッドでヒット

エギング釣行記

川崎さんも乗せた

エギング釣行記

エギエスツーβオレンジスギレッドに乗った

更に移動したポイントでは私が先程のポイントと同じオレンジスギレッドアオリイカをヒットさせると、川崎さんはオレンジスギマーブル700gをヒットさせた。

エギング釣行記

エギエスツーβオレンジスギレッドでヒット

エギング釣行記

川崎さんがエギエスツーβオレンジスギマーブルで乗せた

次のポイントではアオリイカの反応が無いため、1/4ozのジグヘッドにビビットワームをセットして魚モードに変更。
キャストしてボトムまでフォールさせて、ボトムから離さない様にスローリトリーブ、何と1キャスト目でゴンッとアタッてフッキング、ファイトを楽しんで抜き上げたのはアコウ
川崎さんはジグをキャスト、狙い通りにヒットさせたのはマハタ
その後はショートバイトはあるがフッキングせず、本日の釣りを終了しました。

エギング釣行記

アコウがワームにヒットした

エギング釣行記

ビビットテールにヒット

エギング釣行記

川崎さんはジグでマハタ

宿に戻ってシャワーを浴びてのお楽しみ(^_^)
生ビールを頼んでから本日のメニューは、刺身、手羽先の唐揚げ、お好み焼き、焼きナス、酢の物、トコロテン、クロの煮付け、コーンクリームシチュー、あら汁、やまねこの水割りも飲んでますよ。

エギング釣行記

夕食は刺身、手羽先の唐揚げ、お好み焼き、焼きナス、酢の物、トコロテンと生ビール、やまねこの水割り

エギング釣行記

クロの煮付け

エギング釣行記

コーンクリームシチュー、あら汁

7月18日(月)は朝食前に黒岩船長と今夜の食材調達のお手伝いで近場へ出船。
狙いはライトジギングと言うよりウルトラライトジギングでイサキ狙い。

18日の対馬の天気は、くもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間6.1時間、最高気温28.7℃、最低気温22.1℃、平均風速1.7m、最大風速は南南西の風4.4m、最大瞬間風速は南南西の風6.5m。

船に持ち込んだタックルは2セット。
ウルトラライトジギング用はエギング用を流用して、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスライン・エギングスーパーPEⅢの0.5号を210m、リーダーはキャスラインエギングリーダーⅡの2.5号を3m、ルアーはメタルフォーカスの28g、40g。
ライトジギング用のロッドはソルティーシェイプ・ライトジギングC63/80、リールはオシア・コンクエスト200HG、ラインはユニベンチャー・X8の0.8号を300m、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、ルアーはメタルフォーカスの40g、60g、ビッグマウスの80g、100gを使用。

エギング釣行記

ニュークロイワ号

エギング釣行記

ニュークロイワ号

本命のイサキの反応を魚探で探してスタート、ポイントは宿の前から船に乗って10分の超近場。
最初はテクニマスター82でメタルフォーカス28gを投入、良い時はフォールでアタリが出るらしいので、最初のフォールから集中するが無事に着底(^_^;)
ボトムからチョンチョンチョンと浮かせてフォール、更にチョンチョンチョンからフォールで底に入らず流されてしまう(^_^;)
船長が幸先良くヒットさせたが、本命のイサキでは無くグッドサイズのアオハタ
私はジグが流されてしまうため最初のフォールと次のフォールだけで回収する様にして狙うが反応が無く釣り辛いため、すぐに断念してメタルフォーカスの40gに交換してボトムを叩くようにすると狙い通りにヒットしたのはアコウ
続いてアヤメカサゴ、次はアオハタがヒット(^_^)
次は船長がヒットさせたのが狙い通りのイサキでサイズは40cmクラス、もっと大きいサイズも出るそうなので、私もジグを28gに戻してイサキ狙いをする。
しかし思う様に反応が無く、暫くやってジグを40gに戻してボトムをチョンチョンすると、ゴンとアタッて強い引きでエギングロッドを絞り込んだのはアコウのグッドサイズ(^_^)v 更にアカハタを釣って4魚種となり朝飯前の食材調達は終了となりました。

エギング釣行記

ジグでアヤメカサゴ

エギング釣行記

ジグでアオハタ

エギング釣行記

ジグでアコウ

エギング釣行記

ジグでアカハタ

宿に戻って朝食を頂いた。
メニューは鯵の干物、目玉焼き、きんぴらごぼう、冷奴、豆、漬物、焼き海苔、味噌汁。 そしてのんびりと出発。

エギング釣行記

朝食は鯵の干物、目玉焼き、きんぴらごぼう、冷奴、豆、漬物、焼き海苔、味噌汁

川崎さんと合流して最初のポイントへ。
タックルはロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

ここでは川崎さんが先にアオリイカをヒットさせた。
次のポイントでは私が今年の新色のピンクゴールドレッドアオリイカを乗せた。

エギング釣行記

川崎さんがヒットさせた

エギング釣行記

エギエスツーβピンクゴールドレッドにヒット

しかし反応が悪いため気分転換に昼食を食べに行く。
今日は焼豚チャーハンセットにしました。

エギング釣行記

昼食は焼豚チャーハンセット

昼食後に行ったポイントでは私がエギエスツーβ3.5Nピンクゴールドレッドアオリイカをヒットさせて、次のポイントでは川崎さんが先にヒットさせて、続けてヒットさせたのは1kgのアオリイカ
私もピンクゴールドレッドアオリイカの400g、400gと連発させた。

エギング釣行記

川崎さんに1kgのアオリイカがヒット

エギング釣行記

エギエスツーβピンクゴールドレッドにヒット

エギング釣行記

エギエスツーβピンクゴールドレッドで連発

そしてランガンでポイントを叩いて回るが、川崎さんが1杯ヒットさせただけで本日の釣りを終了しました。

宿に戻ると庭にバーベキューの準備中なので、シャワーは浴びずに取り敢えず生ビールを頂いて準備をお手伝い(と言うか邪魔をしていたような・・・)
生ビールをお代わりしてバーベキュー開始(^_^)
牛、ホルモン、豚串、ソーセージ、サザエの壺焼き、野菜等で生ビールが進みました。

エギング釣行記

夕食はバーベキュー、牛、ホルモン、豚串

エギング釣行記

ソーセージにサザエの壺焼き

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール:ダイワ イグジスト2510PEH
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ 0.5号 210m
リーダー:ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ:ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
ルアー:エバーグリーン ビビットテール
ジグヘッド:1/4oz、3/8oz
ルアー:スミス メタルフォーカス 28g
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ルアーはスプリットリングをブリンソンノットで接続

その2 エギング ショア用
    ウルトラライトジギング用でも使用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール:ダイワ イグジスト2508PEH
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ 0.5号 210m
リーダー:ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
     (ジギング時)キャスラインエギングリーダーⅡ 2.5号 3m
エギ:ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
ルアー:エバーグリーン ビビットテール
ジグヘッド:1/4oz、3/8oz
ルアー:スミス メタルフォーカス 28g、40g
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ルアーはスプリットリングをブリンソンノットで接続

その3 ライトジギング用
ロッド:テイルウォーク ソルティーシェイプ・ライトジギングC63/80
リール:シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン:ユニチカ ユニベンチャー・X8 0.8号 300m
リーダー:ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー:スミス メタルフォーカス 40g、60g
    ダミキジャパン ビッグマウス80g、100g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスプリットリングをブリンソンノットで接続
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ