HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2016年7月25日〜28日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2016年7月25日〜28日

愛媛ルアルアチャンネルロケ

ルアルアチャンネルのロケのために7月25日(月)から28日(木)の日程で、高知県と愛媛県の県境周辺へ行って来た。
朝に自宅を出発してのんびりと走り、瀬戸大橋を渡り、工事で片側通行の待ち時間に土佐くろしお鉄道のだるま夕日号?が横を通過、宿毛市に着いたのが午後になってから。
軽くエリアを見て回って本格的な下見は明日にして、ホテルにチェックインして夕食はとんかつ屋へ。
ロースとんかつ定食と生ビールを頂きました。

エギング釣行記

瀬戸大橋を渡る

エギング釣行記

土佐くろしお鉄道

エギング釣行記

1両編成って言うのかな?

エギング釣行記

ロースとんかつ定食と生ビール

参考までに25日の天気は、くもり、1日の降水量は0mm、日照時間1.1時間、最高気温29.9℃、最低気温23.3℃、平均風速1.5m、最大風速は南西の風3.1m、最大瞬間風速は西南西の風6.0m。


7月26日(火)は早朝からホテルを出発、明日のロケに向けての下見でランガン。
今日のタックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号を210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号エギはエギエスツーβの今年の新色を含めた3.5N、浅場、藻場用に3.5S、新製品の3.0Nも用意した。

26日の天気は、晴、1日の降水量は0mm、日照時間9.8時間、最高気温30.5℃、最低気温23.2℃、平均風速1.2m、最大風速は北東の風2.9m、最大瞬間風速は北北東の風5.6m。

狙うポイントは愛媛県南西部エリアの漁港をメインに、護岸や小場所もチェックする。
最初のポイントは漁港で、エギエスツーβ3.5Nピンクイエローレッドからスタート。
港内からチェックして波止の先端から潮が通る船道へキャスト、10m以上の水深があるディープであるが、フォールさせている時も底取りをしても潮流を余り感じられない。
ボトム中心から中層までチェックするが、水色も悪く潮も動いていないためすぐに見切って移動。

次のポイントも雰囲気を感じられないのですぐに見切る。
次のポイントは然程水深が無いため、ブイやロープに付いているアオリイカを探してチェックするが反応無し。
ここで釣友の梶原さんから連絡があり合流、一緒にチェックを手伝って貰う。

次に地形的に潮が動くエリアへ行くが、先客があり状況を聞いてもダメと・・
次は水深がありロープが張り巡らされたポイントで、ロープ際やブレイク絡みをチェックするが反応無し。

次に足元は浅いが少し沖にブレイクがあるポイント。
エギエスツーβ3.5Nピンクイエローレッドをショートキャストして足元をチェック、次に距離を伸ばしてブレイクの沖へキャスト、底を取り4回ダートからフリー気味のフォールで着底、次は連続ダートでエギを水面まで浮かせると後ろから追い掛けて来たので、そのままサイトに持ち込んで抱かせたのはギリ足りない950gのアオリイカ

エギング釣行記

サイトで950gを獲った

エギング釣行記

ピンクイエローレッドに乗った

次は漁港で港内からチェックするが、小魚は見えるが潮は動いていないので外側へ。
軽くチェックするが反応が無いため、反対側の波止へ移動してシャローからチェック。
エギエスツーβ3.5Nオレンジイエローレッドに交換して、吹いている風を利用して沈み岩の沖側の深くなっているピンポイントへエギをフォールさせると、微かに何かが触った気がして軽く合わせると、やはり居ましたアオリイカ。ヒットして寄せていると掛かり所が悪かったのか途中で痛恨のフックオフ(T_T)/~~~
サイズは1kgは無さそうだったが残念である。

これで時間的にも昼食休憩にして、カレーうどんが人気のうどん屋へ行く。
オーダーは勿論カレーうどんといなり寿司、美味しく頂きました。

エギング釣行記

カレーうどんといなり寿司

午後の部は漁港からスタート、梶原さんがエギエスツーβ3.5NチャートイエローG.R.600gのアオリイカを乗せると、私はオレンジイエローレッド400gを乗せる。

エギング釣行記

梶原さんがチャートイエローG.R.で乗せた

エギング釣行記

私もオレンジイエローレッドで乗せた

次のポイントでは梶原さんがチャートイエローG.R.をフォール中に、ラインを止めるアタリが出たが乗らず、撃ち直して400gを乗せた。
私はオレンジイエロークレッド300gを乗せたが、梶原さんが300gを追加させた。

エギング釣行記

私にもヒット

エギング釣行記

オレンジイエローレッドに乗った

次のポイントでも梶原さんがエギエスツーβ3.5NチャートイエローG.R.で、800gのアオリイカを乗せて好調のプラを終了しました。

エギング釣行記

梶原さんがチャートイエローG.R.で乗せた

ホテルに戻って汗を流してロケスタッフの到着待ち。
予定を少し遅れてスタッフが到着して予約していた居酒屋へ。
ディレクター兼プロデューサー、カメラマン、レポーターのペルビー貴子さんと私で打ち合わせを兼ねた夕食。
イサギとカツオの刺身、カツオの塩叩き、ウツボの叩き、キビナゴ塩焼き、川エビの唐揚、とんごろ唐揚げ、青さともずくの天ぷら、タコとホタテのガーリックバター炒め、豆腐サラダ、ごぼうチップス、だし巻き玉子、つくね串、アジア風とり唐揚げ、飲物は生ビールから始めて日本酒は純米酒山間(やんま)を頂きました。
料理もお酒も美味しかったし、プラの状況だと明日のロケ本番は楽勝モードです。
只、釣り過ぎた感があるけど大丈夫だよね(^_^;)
最後にスタッフがこっそりと用意していたのは誕生日ケーキ、少し早いけどペルビーの誕生日祝いに参加しました(^_-)-☆

エギング釣行記

イサギとカツオの刺身

エギング釣行記

カツオの塩叩き

エギング釣行記

ウツボの叩き

エギング釣行記

キビナゴ塩焼き

エギング釣行記

川エビの唐揚げ

エギング釣行記

とんごろ唐揚げ

エギング釣行記

青さともずくの天ぷら

エギング釣行記

タコとホタテのガーリックバター炒め

エギング釣行記

豆腐サラダ

エギング釣行記

ごぼうチップス

エギング釣行記

だし巻き玉子

エギング釣行記

つくね串

エギング釣行記

アジア風とり唐揚げ

エギング釣行記

少し早いけどペルビーの誕生日祝い

エギング釣行記

スタッフが誕生日ケーキを用意してたよ


7月27日(水)はサンテレビのルアルアチャンネルのロケ本番日。
早朝にホテルを出発して目指す愛媛県の由良半島のポイントまで走り、7:00からロケ開始。

27日の天気は、晴、1日の降水量は0mm、日照時間10.3時間、最高気温31.5℃、最低気温22.8℃、平均風速1.4m、最大風速は北東の風2.7m、最大瞬間風速は北東の風6.1m。

タックルは、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの新色を含めた3.5N、浅場、藻場用に3.5S、新製品の3.0Nも持参です。

レポーターのペルビー貴子さんのタックルは私とほとんど同じで、ロッドがスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2508PEH、ラインはキャスラインエギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはエギングリーダーⅡの1.75号、エギはエギエスツーβの新色を含めた3.5N3.5S3.0Nです。

最初に選んだのは漁港で真夏のアオリイカ狙いについて説明、そして実釣開始です。
エギエスツーβ3.5NチャートイエローG.R.で解説。
ペルビー貴子さんはエギエスツーβ3.5Nピンクゴールドレッドからスタート。

漁港では潮が止まっているのか水が悪く反応が無いため移動。
次は道路沿いのポイントに入るも、ペルビー貴子さんに新子の反応があっただけで移動。
次はロープが張り巡らされたポイントの足元で潮がヨレる位置で、新子サイズが追い掛けて来たのでペルビー貴子さんがエギエスツーβ3.0Nピンクオイルホロでアプローチ。
水面までの連続ダートに反応はするもののヒットまであと少しでストップするアオリイカ、しかしキャスト位置と浮かせる位置を変えてアプローチすると反応が変わってルアルアヒット!
小型ながら本命のアオリイカをゲットです。

次に漁港へ行くが反応無し、その次の漁港も反応無し。
どうも潮が動いていないためかベイトが見当たらず反応が無い。

次に小規模の船着き場へ行き、シャローに岩が点在するエリアをチェック。
続いてロープ沿いをチェックする。
エギエスツーβ3.5Nピンクゴールドレッドをロープ沿いにショートキャスト、少しフォールさせてロープが交差する辺りでダートさせてフォール、そして連続ダートで水面までエギを浮かせると狙い通りに追い掛けて来る黒い影。
小さくダートさせて水平ドリフトで誘うとβを抱いたのを確認してからフッキング、乗って来たのは400g程のアオリイカ
何とかヒットさせる事が出来てホッとした(^o^)

エギング釣行記

何とかヒットさせたアオリイカ

潮のタイミングを見て昼食休憩を挟んで午後の部は、少し移動して気になっているポイントへ再度入り直すが、潮は変わらず反応が無いため移動を決断。
次は漁港で根元付近からチェックして防波堤の先端まで行くと、アオリイカが浮いていた。
ペルビー貴子さんにサイトで狙って貰うと、エギエスツーβを少しは追い掛けては来るが、距離が詰まらずエギを抱く手前でストップしてしまう。
反応の仕方を見ていると粘っても厳しそうなので、後で改めて狙う事にして別のポイントへ移動。
ロープが何本も入ったポイントで中層からボトムまで探ってみるものの、全く反応が無いので先程の漁港へ戻って入り直す事にする。
見えていたアオリイカが気になるが姿は見えず、いつも通りに足元から探るが全く反応が無くタイムアップとなってしまった。
何と悪い予想が当たってしまい残念な結果となってしまった。
言い訳をすると前日との違いはベイトが見えず、潮も動かず、潮色も少し悪くなっていた事が原因と思われるが、打開策を見出せなかったのが悔しいし情けない。

エギング釣行記

厳しい結果に黄昏てしまうわ(T_T)/~~~

今回のロケはサンテレビのルアルアチャンネルの第98回放送(2016年8月17日(水))「杉原正浩、愛媛県由良半島でのエギング」
で放送されました。
ユニチカのHPから見る事が出来ます。

▶ルアルアチャンネル 2016年6月1日放送分
︎  第98回「杉原正浩、愛媛県由良半島でのエギング」

ロケが終了してタックルを片付けて、スタッフと別れてホテルへ戻り、汗を流して夕食は1人で以前にも来た事がある居酒屋へ。
先ずは生ビール、こびん(本マグロの子供)の刺身、キビナゴの天ぷら、青さの天ぷら、ハラボ焼き、ジャンボフランクを頂きました。

エギング釣行記

以前に来た事がある居酒屋で生ビール

エギング釣行記

こびん(本マグロの子供)の刺身

エギング釣行記

キビナゴの天ぷら

エギング釣行記

青さの天ぷら

エギング釣行記

ハラボ焼き

エギング釣行記

ジャンボフランク

7月28日(木)は朝食を梶原さんと一緒に食べて、ロケの報告と反省会。
そしてお土産を物色しに行くと、唐揚げになっていたとんごろが売ってた。
他にも昨夜食べたこびんやキビナゴ等の魚、生姜やトマト、他にも野菜が売られていたので、食べたかったキビナゴとこびん、生姜を購入した。

エギング釣行記

20cm近いとんごろ

エギング釣行記

こびん(本マグロの子供)と比較すると

エギング釣行記

こびんとキビナゴと生姜を購入

自宅までナビをセットすると約500kmの道のり、のんびりと帰る事にして出発。
高速のサービスエリアで昼食、土佐漬け丼と讃岐うどんセットです。
渋滞に巻き込まれる事も無く順調に流れて自宅着。
買って来たキビナゴを捌いて刺身にして、残りは素焼きにして、こびんも刺身にして、美味しく頂きました(^o^)

エギング釣行記

土佐漬け丼と讃岐うどんセット

エギング釣行記

キビナゴは刺身と素焼き、こびんの刺身

エギング釣行記

わさび醤油と生姜醤油で頂きました(^o^)

【杉原の使用タックル】

エギング用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール:ダイワ イグジスト2510PEH
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ 0.5号 210m
リーダー:ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ:ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
ルアー:エバーグリーン ビビットテール
ジグヘッド:1/4oz、3/8oz
ルアー:スミス メタルフォーカス 28g
ダミキジャパン 闘魂ジグ 20g
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ーはスナップかスプリットリングをブリンソンノットで接続


【ペルビー貴子さんの使用タックル】

エギング用
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール:ダイワ イグジスト2508PEH
ライン:ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢ 0.5号 210m
リーダー:ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
     (ジギング時)キャスライン エギングリーダーⅡ 2.5号 3m
エギ:ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

この取材の内容は、サンテレビ ルアルアチャンネル 第98回放送(2016年8月17日) 杉原正浩 愛媛県由良半島でのエギング編で放送され、再放送もされています。

▶ルアルアチャンネル 2016年6月1日放送分
︎  第98回「杉原正浩、愛媛県由良半島でのエギング」

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ