HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2016年10月23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2016年10月23日

和歌山県の串本でのフィッシング

10月23日(日)も和歌山県の串本へ行って来ました。
いつもお世話になっている串本の河田フィッシングさんです。
午前の部はタイラバでのアカハタ狙い。

エギング釣行記

河田フィッシングで出船

タイラバ用のタックルは、ロッドがスパリッドマスター68UL、リールはオシア・コンクエスト200HG、ラインはユニベンチャー1・X8の0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーの16lbを3m、タイラバはビッグマウスの60g、80g、100g。

ポイントに着くと潮は流れず風も弱く、悪い事に潮と風がケンカして船が流れず(^_^;)
しかし流石は河田船長、グッドサイズのアカハタをヒットさせます。

エギング釣行記

河田船長はテンヤでアカハタ

エギング釣行記

船長の息子さんもテンヤで連発

全員にポロポロと釣れますがサイズが・・・

こんな時は試したかったジグヘッドリグです。
ロッドはスパリッドマスターのスピニングの68UL、リールはステラ3000HGM、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の0.5号、リーダーはキャスライン・エギングリーダーⅡの2号を2m、ジグヘッドは1/2oz、ワームはダブルモーションのグローピンクをセット。

アンダーでのちょいキャストから底取り、ボトムからチョンチョンと浮かせてフォール。
アタリはフォール中かボトムから少し浮かせた時に多く出た。
これはパターンがハマッて連発(^_^)v

エギング釣行記

エギング釣行記

 

最後は小さいながらタイラバでもアカハタを獲ったよ。
実はこの直前にボトムから巻き始めた時に
ゴゴンッと良いアタリが来たのに空振りしてもた(T_T)

エギング釣行記

タイラバはスパリッドマスターのベイトでね

今日のアカハタ釣りは船速0〜0.3ノットで流れず苦戦しましたが、空気が入って海に戻って行けないリリースサイズ数匹を含め船中41匹オオモンハタガシラなどをゲットです(^。^)

エギング釣行記

燃料を補給しないと(^o^)

エギング釣行記

今日のタックルは2セットのみ

昼過ぎには一旦港へ戻り、昼食へ中華料理店へ行きちゃんぽんで腹ごしらえ。

エギング釣行記

昼食はちゃんぽん


昼食後に改めて短時間勝負にS船長の船で出港。
私が用意したのはベイトタックルを1セット。
ロッドはST‐メタルB‐660、リールはエランDG70、ラインはユニベンチャー・ジギングX4の0.6号を300m、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを1m、自作の仕掛けでシンカーは10号をセット。

午後の部のカワハギは・・・・
S船長にコテンパンにやられました(T_T)

エギング釣行記

午後の部はS船長にコテンパンにされました(T_T)

【今回の使用タックル】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス50g、60g、80g、100g
              遊動式ビッグマウス60g、80g、100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ワーム用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMS-68UL/MLST
リール : シマノ ステラ3000HGM
ライン : ユニチカ ユニベンチャーX4 0.5号 300m
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 2号 2m
ルアー : エバーグリーン ダブルモーション
ジグヘッド:1/2oz
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐660
リール : テイルウォーク エラン DG70
ライン : ユニチカ ユニベンチャー ジギングX4 0.6号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 1m
仕掛け : 自作
シンカー: 8号~20号
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ジグはスプリットリングをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ