HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2016年12月23日〜25日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2016年12月23日〜25日

高知県宿毛でのフィッシング

12月23日(金)から25日(日)で高知県から愛媛県エリアへ行って来た。

22日(木)の夜中に出発して江口さんと合流、高知県宿毛を目指して出発。
夜明け前に宿毛市内に到着してモーニング。

23日の天気は、くもり時々晴、1日の降水量は0.5mm、日照時間4.5時間、最高気温14.0℃、最低気温9.3℃、平均風速5.4m、最大風速は西北西の風7.5m、最大瞬間風速は北西の風17.4m。

初日はショアからエギング、と言う事でポイントに着いてタックルをセット。
今日のタックルは、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスライン・エギングスーパーPEⅢの0.5号の210m、リーダーはキャスライン・エギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0Nを用意した。

エギング釣行記

キャスラインエギングスーパーPEⅢ 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 50m 1.75号

最初のポイントで私が準備中に江口さんは先にキャストして、何とファーストキャストでヒットさせているではないか!
これは爆釣かと気合を入れてエギエスツーβをキャストするが反応が無く移動。
早目のチェックでポイントをランガンして入ったポイントで、エギエスツーβ3.5Nのピンクゴールドレッドで小型ながらアオリイカをヒットさせた。

エギング釣行記

江口さんのファーストキャストでヒット

エギング釣行記

3.5Nのピンクゴールドレッドでヒット

地元の梶原さんも合流して3人でランガン。
アオリイカの反応が無いため魚狙いでルアーをキャスト、
江口さんがジグでカマスをヒットさせると、梶原さんに何やら大物がヒット。
慎重にファイトするが何とデッカイエソ(^_^;)

エギング釣行記

江口さんがカマスをヒットさせた

エギング釣行記

梶原さんはデッカイエソ(^_^;)

昼食はお決まりのセルフのうどん屋へ行き、うどんとちくわの天ぷらで腹ごしらえ。
午後からも気合を入れてランガンするが気配が無く厳しい状況の中で、梶原さんがエギエスツーβレッドホワイトシルバーでアオリイカをヒットさせた。

エギング釣行記

うどんとちくわの天ぷら等

エギング釣行記

梶原さんのレッドホワイトシルバーでヒット

夕食は梶原さんのお勧めの居酒屋へ。
先ずは生ビールで乾杯(^o^)丿
頂いた料理は、刺身がマグロの中トロ、ブリ、シマアジ、
赤鶏のたたき~宮崎県田野産~、親鳥の炭火焼き
続いて日本酒は石川県の獅子吼 純米吟醸生原酒
厚切りベーコンのシーザーサラダ、豆腐と蒸し鶏のサラダ~ごまドレッシング~、だし巻き玉子、ぎんなんの素揚げ、宮崎チキン南蛮、カタクチイワシ焼き
次の日本酒は奈良県の倭姫 純米吟醸瓶囲い
次は地元高知県の土佐鶴本格辛口生貯蔵酒
次も高知県の船中八策
これでメニューの日本酒は全制覇、飲んだくれがいるからね(^_^;)
〆におにぎりを食べた人がいてたね。
ご馳走様でしたヽ(^。^)ノ

エギング釣行記

先ずは生ビール

エギング釣行記

マグロの中トロ、ブリ、シマアジ

エギング釣行記

赤鶏のたたき~宮崎県田野産~

エギング釣行記

親鳥の炭火焼き

エギング釣行記

日本酒は石川県の獅子吼 純米吟醸生原酒

エギング釣行記

厚切りベーコンのシーザーサラダ

エギング釣行記

豆腐と蒸し鶏のサラダ~ごまドレッシング~

エギング釣行記

だし巻き玉子

エギング釣行記

ぎんなんの素揚げ

エギング釣行記

宮崎チキン南蛮

エギング釣行記

カタクチイワシ焼き

24日(土)はボートからの根魚と青物狙いだが、大荒れで爆風の天気予報なのでゆっくりと出発。

24日の天気は、くもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間3.5時間、最高気温12.7℃、最低気温5.8℃、平均風速2.1m、最大風速は北西の風5.8m、最大瞬間風速は北西の風12.7m。

のんびりと西海の外泊港から和田船長で出船。
メンバーは風林火山のマキさん、江口さんと私。

今日のタックルは4セット。
タイラバは、ロッドがスパリッドマスター68UL、リールはオシア・コンクエスト200HG、ラインはユニベンチャー1・X8の0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、タイラバはビッグマウスの60g、80g、100gの固定と遊動。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

スロージギングは、ロッドがポセイドン・スロージャーカー603-2、リールはオシア・コンクエスト300HG、ラインはユニベンチャー1・X8の1.5号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを4.5m、ルアーはフリースロー130g、160g、200g、フリーフリップ130g、160g、200g。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

青物ジギングは、ロッドがポセイドン・スロージャーカー603-3、リールはオシア・ジガー1500HG、ラインはユニベンチャー1・X8の3号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの40lbを4.5m、ルアーはグレートバリアスリム145g、170g、闘魂ジグV2 150g、180g。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

念のためにエギングタックルも乗せた、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスライン・エギングスーパーPEⅢの0.5号を210m、リーダーはキャスライン・エギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

エギング釣行記

キャスラインエギングスーパーPEⅢ 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 50m 1.75号

うねりと爆風でうさぎが飛びまくる中、何とかポイントに到着、アンカーを入れてスタート。
ボートを流しての釣りと思い込んで確認をしなかったのだが、勝手が違うがビッグマウスを投入してくるくるくる~アカハタがヒットした(^o^)
マキさんは泳がせでオオモンハタを喰わせた。
その後も私はビッグマウスでオオモンハタアカハタ、江口さんもビッグマウスで同様にヒットさせる。
そして江口さんがバットからロッドを曲げてオオモンハタの50cmをヒットさせた。
マキさんも泳がせでアカハタの40cmを頭に何匹かとオオモンハタを喰わせて、江口さんは浅場でガシラオコゼをジグヘッドリグでヒットさせたものの、青物は魚探に反応が出ていても口を使わずでした(T_T)
夕食はマキさん宅で釣れたアカハタの刺身と鍋を頂きました(^o^)丿

エギング釣行記

マキさんがオオモンハタを喰わせた

エギング釣行記

江口さんにオオモンハタの50cm

エギング釣行記

アカハタとカツオ、ハマチの刺身

エギング釣行記

アカハタで鍋

25日(日)は早朝に昨日と同じ西海の外泊港から和田船長で出港、朝日を見ながらポイントを目指す。
メンバーも昨日と同じで風林火山のマキさん、江口さんと私。

25日の天気は、晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間6.9時間、最高気温16.3℃、最低気温3.7℃、平均風速1.2m、最大風速は西の風4.5m、最大瞬間風速は西の風7.3m。

今日もタックルは4セット用意。
タイラバは、ロッドがスパリッドマスター68UL、リールはオシア・コンクエスト200HG、ラインはユニベンチャー1・X8の0.8号、リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、タイラバはビッグマウスの60g、80g、100gの固定と遊動。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

スロージギングは、ロッドがポセイドン・スロージャーカー603-2、リールはオシア・コンクエスト300HG、ラインはユニベンチャー1・X8の1.5号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの25lbを4.5m、ルアーはフリースロー130g、160g、200g、フリーフリップ130g、160g、200g。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

青物ジギングは、ロッドがポセイドン・スロージャーカー603-3、リールはオシア・ジガー1500HG、ラインはユニベンチャー1・X8の3号を300m、リーダーはシルバースレッド・ショックリーダーFCの40lbを4.5m、ルアーはグレートバリアスリム145g、170g、闘魂ジグV2 150g、180g。

エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

念のためにエギングタックルも乗せた、ロッドはスキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82、リールはイグジスト2510PEH、ラインはキャスライン・エギングスーパーPEⅢの0.5号を210m、リーダーはキャスライン・エギングリーダーⅡの1.75号を2m、エギはエギエスツーβの3.5N、3.5S、3.0N

エギング釣行記

キャスラインエギングスーパーPEⅢ 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 50m 1.75号

昨日と違って凪で風も弱く穏やかなので、ポイントについてもアンカーは入れずに流しての釣りをする。
タイラバタックルで巻き巻きするが、浅くて思った程は流れないが江口さんが好調で、ビッグマウスでオオモンハタアカハタを連発でヒットさせてゴキゲン(^o^)丿
私もビッグマウスでオオモンハタアカハタをヒットさせたので魚探に反応が出ている青物狙いをするが、ジグやインチク等様々なアプローチを試みるが反応が無く、ヒットするのは根魚オンリーでした。

エギング釣行記

江口さんは根魚を連発させた

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

エギング釣行記

磯釣りで有名で人気の磯

昼に釣りを終了してお世話になったマキさんと別れて、ロングドライブ(江口さん運転お疲れ様でしたm(__)m)も、途中で渋滞にも巻き込まれずに帰れました。

【今回の使用タックル】

その1 ショア エギング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢ 0.5号 210m
リーダー: ユニチカ キャスライン・エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ボート タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1・X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス50g、60g、80g、100g
              遊動式ビッグマウス60g、80g、100g
エバーグリーン ダブルモーション(トレーラーに使用)
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1・X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー130g、160g、200g
                   フリーフリップ130g、160g、200g。
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

その4 青物ジギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1・X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : テイルウォーク グレートバリアスリム145g、170g
      ダミキジャパン 闘魂ジグV2 150g、180g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ