HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年4月13日〜16日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年4月13日〜16日

4月の沖縄ツアー(2)

15日(土)沖縄ツアー3日目
今日もキャプテンズオキナワの仲村船長の善進丸でディープエギング。昨日と同じセッティングした4タックルをボートに積み込んで予定通り8時頃に出船。
今日はおきなわ釣王国のスタッフも乗船して取材です。
デカイ奴を獲ればカラーページに掲載して頂けるとの事で、メンバー全員気合が入ります。

エギング釣行記

新垣船長の善栄丸にも釣友が乗船してたね

当日の名護の天気はくもり、1日の降水量は0mm、日照時間1.8時間、最高気温24.9℃、最低気温20.8℃、平均風速2.8m、最大風速は南東の風4.5m、最大瞬間風速は南東の風6.8m、沖での波は1m~1.5m。

今日の立ち位置は昨日の結果から〇ボの浅井さん、高橋さんから選んだのはミヨシから浅井さん、大塚さん、弓削さん、小早川さん、私、高橋さんの順に並んだ。
さぁ、結果はどうなるのか。

昨日と同じスパリッドマスター66Lとコンクエスト200HGのタックルに、上は5gエギエスツーβ3.5Nオレンジスギゴールドマーブル4135N、下はオレンジゴールドレッド3335Nをセットして投入。
船中最初のヒットは高橋さんであるがサイズは300g程で、仲村船長がタグ&リリースをされているため協力してリリース。
この効果か続いて高橋さんにヒット、エギエスツーβ3.5Nピンクホロマーブル2235N800g
続いて浅井さんにもヒット、これはロッドを絞り込んでくれた1.6kgのアオリイカ
私にもヒットしたがサイズは500gでタグ&リリース

エギング釣行記

仲村船長がタグ&リリースをされています

エギング釣行記

タグ&リリースに何杯か協力しました

エギング釣行記

高橋さんに800gがヒット

エギング釣行記

浅井さんに1.6kgのアオリイカ

エギング釣行記

続けてのヒットを狙って頑張る高橋さん

続いてのヒットは小早川さん・・・アレッ・・・岩でした(^_^;)
暫くは小型の反応しか無く、タグ&リリースには協力出来ましたが・・・
今度こそはと小早川さんがロッドを曲げるが、「また岩」の声が飛ぶ(-_-)
しかしロッドには生命感が・・・アオリイカでした、サイズは1.5kg

エギング釣行記

小早川さんヒット・・岩でした・・シゲちゃん(-_-)

エギング釣行記

小早川さんにヒットした1.5kgのアオリイカ

次のヒットは凄かったね。
先ずはエギエスツーβを使いたいとの事で選んだのは、エギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレット3335Nで浅井さんにヒット、続いて弓削さんにヒット、更に大塚さんにもヒット、置いて行かれる訳には行かないので私にもヒットして4人連発同時ファイト
先ずは弓削さんが1.8kg、大塚さんが800gを先に取り込んだ。
続いて浅井さんが取り込んだのは2.0kg
最後に私にヒットしたアオリイカも取り込んだが、ヒットした直後にドラグを鳴らしてラインを少し引きずり出したのでグッドサイズを確信していたが、気になるサイズは2.5kgエギエスツーβ3.5Nの新色オリーブスギゴールド4335Nでのヒットだった。
いいのが獲れたのでご褒美の冷たい飲み物をプシュと頂きました(^o^)

エギング釣行記

私も追い掛けてヒット

エギング釣行記

弓削さんと大塚さんが先に取り込んだ

エギング釣行記

弓削さんは1.8kg

エギング釣行記

弓削さんの1.8kgと浅井さんの2.0kg

エギング釣行記

浅井さんにヒットした2.0kgのアオリイカ

エギング釣行記

私にヒットした2.5kgのアオリイカ

エギング釣行記

弓削さん、私、浅井さん、大塚さんで4連発!

エギング釣行記

2.5kgのアオリイカ

エギング釣行記

エギエスツーβ3.5Nオリーブスギゴールド4335N

エギング釣行記

いいのが獲れたのでプシュとね(^o^)

そして遅れる事40分、小早川さんにヒット。
カメラ目線を貰おうと声を掛けたらカメラ目線にはなったけど、手を止めてるし・・
バレでも知らんよ・・・
無事にバレずに取り込んだのは1.7kgのアオリイカで、取材カメラ、仲村船長のカメラでもパチリと写真を撮って頂いてました。
その後は浅井さんに500g、私にも500gがヒットしただけで移動。
ここで少し遅い昼食の弁当タイム、今日は照焼きチキン弁当とさんぴん茶で400円。

エギング釣行記

小早川さんカメラ目線で手が止まる

エギング釣行記

取材カメラとシゲ船長のカメラでもパチリ

エギング釣行記

小早川さんにヒットした1.7kg

エギング釣行記

昼食弁当は照焼きチキン弁当とさんぴん茶で400円

次のポイントでは大塚さんにヒット、続いて浅井さんにヒット、更に弓削さんにもヒットしてトリプルヒット
無事に全て取り込みに成功してサイズは、大塚さんは1.2kg、浅井さんはエギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレット3335N1.7kg、弓削さんは2.0kgのグッドサイズでした。
少しして小早川さんにヒット、ロッドが絞り込まれてグッドサイズが乗った様子。
慎重に取り込んだのは2.5kgのアオリイカ
更に少しして私にもヒット。
エギエスツーβ3.5Nの新色オレンジスギゴールドマーブル4135Nに乗って来たのは、細身で1.9kgのアオリイカでした。
本日の釣りはこれにて終了して帰港しました。

エギング釣行記

浅井さん、大塚さん、弓削さんでトリプルヒット

エギング釣行記

小早川さんに2.5kgがヒットした

エギング釣行記

細身で1.9kgのアオリイカ

エギング釣行記

オレンジスギゴールドマーブル4135Nに乗った

釣りを終えてホテルに戻りシャワーで汗を流して夕食会(別名飲み会とも言う)へ向かう。
生オリオンビールで乾杯。
頂いたのは豚肉のキムチ炒め、ソーメンチャンプルー、もずくの天ぷら、若鶏の唐揚げシークヮーサーソース、砂肝唐あっさりぽん、だし巻き玉子、豚トロあぶり焼き、ラフテー、島らっきょうの天ぷら、オムソバ。
島酒(泡盛)も頂きましたよ、古酒くらブラックを水割りでね。

エギング釣行記

生オリオンビールと豚肉のキムチ炒め

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

もずくの天ぷら

エギング釣行記

若鶏の唐揚げシークヮーサーソース

エギング釣行記

砂肝唐あっさりぽん

エギング釣行記

だし巻き玉子

エギング釣行記

ラフテー

エギング釣行記

島らっきょうの天ぷら

エギング釣行記

オムソバ

16日(日)沖縄ツアー4日目最終日
今日もキャプテンズオキナワの仲村船長の善進丸でディープエギング。今日に広島へ帰る便の都合で一緒には船に乗れない小早川さんは港まで見送りに来てくれました。代わりと言っては何ですが、沖縄釣女会の横目さんが乗船です。帰りの便の都合があるので7時に出船を早めて貰いました。昨日と同じセッティングですが2タックルだけをボートに積みました。

エギング釣行記

3日間お世話になった仲村船長と善進丸

エギング釣行記

小早川さんが見送りに来てくれてシゲちゃんとポーズ

当日の名護の天気はくもり、1日の降水量は0mm、日照時間0.6時間、最高気温25.4℃、最低気温21.7℃、平均風速2.8m、最大風速は南の風5.4m、最大瞬間風速は南の風8.1m、沖での波は1m~1.5m。

船内の立ち位置はミヨシ(前)から高橋さん、弓削さん、横目さん、私、浅井さん、大塚さんの順に並んだ。
タックルは今回メインで使用しているスパリッドマスター66Lとコンクエスト200HGのセットに、エギエスツーβ3.5Nの新色チャートゴールドマーブル4435Nを上に、ピンクスギマーブル2635Nを下にセットした。

最初のポイントで高橋さんにヒット、続いて私にもヒット、更に弓削さんにもヒットしてトリプルヒットからスタート。 サイズは高橋さんが1.0kg、私が500g、弓削さんも500gでした。

エギング釣行記

みよし(前)方向に高橋さん、シゲちゃん、弓削さん、横目さん

エギング釣行記

最初から弓削さん、私、高橋さんでトリプルヒット

今日は余り潮が動かずアタリが遠いが、浅井さんがヒットさせた。
昨日から乗せているのはエギエスツーβ3.5Nのオレンジゴールドレッド3335Nばかりで、取り込んだのは1.2kgのアオリイカ
続いて私にもヒットしたのは1.7kgのアオリイカで、エギエスツーβ3.5Nの新色チャートゴールドマーブル4435Nに乗って来た。

エギング釣行記

浅井さんに1.2kgがヒット

エギング釣行記

私にも1.7kgがヒット

エギング釣行記

チャートゴールドマーブル4435Nに乗った

エギング釣行記

今回のタックルとアオリイカ

暫く反応が止まったが沈黙を破って私にヒット。
エギエスツーβ3.5Nの新色パープルスギゴールドマーブル4235Nに乗って来たのは、1.9kgのアオリイカ
浅井さんも乗せていて、何とこれが上に1.8kgと下に1.2kgのダブルヒットである。
勿論上にセットしているのはエギエスツーβ3.5Nのオレンジゴールドレッド3335Nである。
更にその後も浅井さんが1.2kgオレンジゴールドレッド3335Nで乗せた。

エギング釣行記

1.9kgのアオリイカがヒット

エギング釣行記

パープルスギゴールドマーブル4235Nで乗せた

エギング釣行記

ガッチリと抱いている

エギング釣行記

浅井さんは1.8kgと1.2kgのダブル、私は1.9kg

エギング釣行記

浅井さんがエギエスツーβで1.2kgを追加

暫くヒットが無く潮の動きも無くなって全員マッタリタイムに突入。
高橋さんはみよしで頑張っているが、他のメンバーは・・・

エギング釣行記

高橋さんが頑張り、弓削さんと横目さんは・・

エギング釣行記

遠くに見えるビーチには観光客らしき人達

エギング釣行記

みよしから見てもマッタリムード

この沈黙を打ち破ったのは・・・私・・・エギエスツーβの新色やね(^_^)v
エギエスツーβ3.5Nの新色ピンクスギゴールドマーブル4035Nに交換して狙っていると、久し振りにコツンと小さくアタッてティップを絞り込んだのでフッキング。
ゴツンと重い感触がありドラグを少し鳴らしてラインが引き出されたが、直ぐに止まり巻き上げれたので期待のサイズには届かないがグッドサイズには違いない。
取り込んだのは2.3kgのアオリイカで今回3杯目の2kgアップでした。

エギング釣行記

2.3kgのアオリイカ

エギング釣行記

グッドサイズが乗った

エギング釣行記

ピンクスギゴールドマーブル4035Nにヒット

そしてアタリが続かないまま終了の時間となり帰港。
タックルを片付けて、3日間お世話になった仲村船長と別れて那覇空港へ向かい、今日の便で帰る浅井さん、大塚さん、高橋さんを空港まで送り、弓削さんと私は那覇市内のホテルへ行って汗を流して、夕食の待ち合わせの店へ行く。

今日一緒に船に乗った横目さんが予約してくれた店で、横目さん達と一緒に夕食会。
炊肉の店で初めて行ったので要領が分からず、横目さんに任せたさぁ(^_^;)
先ずは生オリオンビールとソフトドリンクで乾杯。
黒毛和牛のカルビとホルモン、アグー豚をセットにした。
真ん中の炊けたところから食べて、少しずつ周りの具材を崩して炊く。
追加でカルビとホルモン、〆のうどんを頂いて終わりかと思ったら・・・
ホンマの〆はおじやで2段回の〆で、美味しく頂きました。

エギング釣行記

生オリオンビールで乾杯

エギング釣行記

黒毛和牛のカルビとホルモン、アグー豚をセットに

エギング釣行記

火が通って炊けて来た

エギング釣行記

炊けるとこんな感じで食べる

エギング釣行記

追加でカルビとホルモン、野菜でもう一回

エギング釣行記

〆のうどん

エギング釣行記

うどんを食べ終えた

エギング釣行記

ごはんを投入からの玉子投入

エギング釣行記

ホントの〆はおじやでした

4月17日(月)は弓削さんと私の最終日
予定通り那覇空港から神戸空港へ帰りました。
帰りの機内で弓削さんはゼブラパンとコーラを両手にして満足そうでした。

エギング釣行記

弓削さんはゼブラパンとコーラを両手にして満足そう

今回大活躍のエギエスツーβ3.5Nの2017年の新色について少し説明。

エギング釣行記

4035N
ピンク スギ ゴールド マーブル

背中はピンクにグリーン系のスギ模様、腹はプレーンな下地カラーでセンターにオレンジのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地は背中がゴールド、腹はマーブルでツートンカラー。
下地はハイアピールのゴールドとマーブルのツートンカラーで、更にスギ模様が入ったアピール重視の攻撃的カラー。

エギング釣行記

4135N
オレンジ スギ ゴールド マーブル

背中はオレンジにグリーン系のスギ模様、腹はプレーンな下地カラーでセンターにピンクのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地は背中がゴールド、腹はマーブルのツートンカラー。
下地はハイアピールのゴールドとマーブルのツートンカラーで、更にスギ模様が入ったアピール重視の攻撃的カラー。

エギング釣行記

4235N
パープル スギ ゴールド マーブル

背中はパープルにグリーン系のスギ模様、腹はプレーンな下地カラーでセンターにピンクのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地は背中がゴールド、腹はマーブルのツートンカラー。
下地はハイアピールのゴールドとマーブルのツートンカラーで、更にスギ模様が入ったアピール重視の攻撃的カラーながら、パープルベースのカラーはディープやハイプレッシャーエリアでも効果的カラー。

エギング釣行記

4335N
オリーブ スギ ゴールド

背中はオリーブにオレンジ系のスギ模様、腹はプレーンな下地カラーでセンターにピンクのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地はゴールド。
通称アジ金と呼ばれるベースカラーにアピールカラーのオレンジ系スギ模様、様々なロケーションで使えるカラー。

エギング釣行記

4435N
チャート ゴールド マーブル

背中はチャートリュースに頭のみイエロー、腹はプレーンな下地カラーでセンターにオレンジのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地は背中がゴールド、腹はマーブルのツートンカラー
下地はハイアピールのゴールドとマーブルのツートンカラーで、視認性重視のチャートリュースがベースのサイトスペシャルながらディープでもお薦めのカラー。

エギング釣行記

4535N
ブラウン アジ クリアーレッド

背中はブラウン、腹はプレーンな下地カラー、センターにピンクのライン、下あごのダークグリーン系はケイムラ、布はキラキラしたパールネット、下地はクリアーにレッドが入ったクリアーレッド
通称アジ茶カラーがベースでクリアーレッドの下地は従来に無い怪しい煌めきで誘うカラー。

エギング釣行記

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用ベイト
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 3m
リーダー: ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その3 エギング ディープ用ベイト
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー・ジギングX4 0.6号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 12lb 3m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 15~25号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その4 エギング ディープ用ベイト
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 3m
リーダー: ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その5 エギング ディープ用ベイト
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-1.5
リール : テイルウォーク エラン・VTN 81R
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 3m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

この釣行記の一部は、おきなわ釣王国 2017年6月号No.126号に掲載されています。
この釣行記の一部は、アオリイカ地獄 No.16 2017に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ