HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年12月23日〜24日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年12月23日〜24日

和歌山県の串本でカワハギ釣りVol.5

12月23日(土)~24日(日)に和歌山県の串本へカワハギを釣りに、今回が初めての伊藤さんと一緒に行って来た。
12月23日(土)の朝は串本港で江口さん、弓削さん、山本さんと合流、5人で河田フィッシングの河田船長の第八河田丸に乗りカワハギ釣り。

当日の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間6.6時間、最高気温14.1℃、最低気温6.8℃、平均風速3.0m、最大風速は西の風7.7m、最大瞬間風速は西の風10.9m。

7時00分に出港、ダウンの防寒上下を着込んで使い捨てカイロで防寒対策。
今回は3セットのタックルを用意した。

その1 カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
シンカー: 8号~10号


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その2 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その3 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐660
リール : テイルウォーク エラン・DG70
ライン : ユニチカ ユニベンチャー・ジギングX4 0.6号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : 自作
シンカー: 8号~10号


エギング釣行記

ユニベンチャー・ジギングX4 0.6号 300m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

ポイントに着いてタックルはMSダンサー61にニューバルケッタ200HG、キャスライン・エギングスーパーPEⅢWHの0.8号ミニショックリーダー16lb、今日の仕掛けはオーナーのツインカワハギLでエサをつけて投入、ボトムから少し切ったタナでステイ。

伊藤さんにはST‐メタルB‐510に炎月CT 101PG、ラインとリーダーのセッティングは同じ、仕掛けも同じオーナーのツインカワハギのLをセットしたタックルを使ってもらう。エサの付け方と釣り方を説明してスタート。

そして行き成りの大物が山本さんにヒット、取り込んだのは33.5cmのカワハギ
このヒットで全員のテンションが上がったのは言うまでもない。
しかし現実は厳しく大型の群れが入ったと思えるが活性は高くは無く、ヒットしてもポツポツと単発のヒットばかりで連発しない。
私にも何とかアタリを捉えてカワハギが釣れて、弓削さんにもカワハギが釣れ、続いても弓削さんがギリ30cmに届かない29.5cmのカワハギ、江口さんは31cmと立派なカワハギ、更に山本さんも30cmのカワハギ、私には27cmのカワハギが釣れた。
初挑戦の伊藤さんには周囲からのアドバイスと言うか、激励と言うか、罵声と言うか、いろいろと言われまくって、どうしろ状態の中で待望のヒット、しかも大型らしい引きで絶対にリールを巻く手を止めるとバラシやすいと注意したものの、やらかして無念のバラシ(T_T)/~~~
結局井1人だけ丸ボとなりました。

エギング釣行記

山本さんに行き成りの33.5cmのカワハギ

エギング釣行記

私にもカワハギが釣れた

エギング釣行記

弓削さんにもカワハギが釣れた

エギング釣行記

弓削さんに29.5cmのカワハギ

エギング釣行記

江口さんにも31cmのカワハギ

エギング釣行記

山本さんに30cmのカワハギ

エギング釣行記

私には27cmのカワハギ

エギング釣行記

ツインカワハギ仕掛けL

港に戻ってタックルを一旦片付けて、昼食を食べに行きました。
運転手が居るので江口さんと私は昼から生ビールもグイッとね(^_^)v
マグロの漬け丼セット、煮魚セット、三色丼セットとオーダー、どれも美味しそうでしたが、私は三色丼セットを頂きました。

エギング釣行記

運転手が居るので昼から生ビール

エギング釣行記

マグロの漬け丼セット

エギング釣行記

煮魚セット

エギング釣行記

私は三色丼セット

昼食を食べてから夕食の時間まではどうしようか?
と言う事で、私と伊藤さんとでたこ焼きを買いに行き、港へ戻って来たら串本港で魚釣りしてる。
どんだけ釣りが好きやねん(-_-)
江口さんにオオモンハタ、山本さんはサイトでクロメバル、私もエギングタックルを引っぱり出して、ジグヘッドにワームをセットしてキャスト、コンッとアタッて見た事が無い25cm程のフグがヒット。後からもう1匹同じ位のサイズが釣れたが、ヒガンフグらしい。

エギング釣行記

超お買い得の大好きなたこ焼き

エギング釣行記

江口さんにオオモンハタがヒット

エギング釣行記

山本さんはサイトでメバル

エギング釣行記

クロメバルです

エギング釣行記

私には初めて見たヒガンフグ

ホテルにチェックイン、ゆっくりとしてから夕食は行き付けの居酒屋へ、カワハギ釣りをしていた5人と坂本さんが加わって行きました。
先ずは生ビールとウーロン茶で乾杯からの
刺身盛り合わせはマグロの脳天、カツオ、イサキ、マダイ、ケンサキイカ。
本マグロの胃袋のわた和え、キビナゴのフライ、こんぎゅう(豚肉、メンマ、煮玉子)、とりハラミの塩焼き、豆腐サラダ、揚げ出し豆腐、マグロのカマ焼き、だし巻き玉子等を食べて、生ビールのおかわりからは日本酒で、出羽桜 吟醸酒 泉十段、そして特別純米 小左衛門、潮岬も頂きました。

エギング釣行記

生ビールで乾杯

エギング釣行記

マグロの脳天、カツオ、イサキ、マダイ、ケンサキイカ

エギング釣行記

キビナゴのフライ

エギング釣行記

本マグロの胃袋のわた和え

エギング釣行記

こんぎゅう(豚肉、メンマ、煮玉子)

エギング釣行記

とりハラミの塩焼き

エギング釣行記

豆腐サラダ

エギング釣行記

揚げ出し豆腐

エギング釣行記

名前が分からん(-_-)

エギング釣行記

マグロのカマ焼き

エギング釣行記

だし巻き玉子

エギング釣行記

日本酒は出羽桜 吟醸酒 泉十段

エギング釣行記

日本酒の特別純米 小左衛門

エギング釣行記

日本酒の潮岬

12月24日(日)も串本の河田フィッシングの河田船長の第八河田丸でカワハギ釣り。
メンバーは伊藤さん、江口さん、弓削さん、山本さん、坂本さんと私の6人。

エギング釣行記

河田フィッシングにお世話になりました

エギング釣行記

串本の朝焼け

当日の天気はくもりのち雨、1日の降水量は21.5mm、日照時間3.6時間、最高気温16.8℃、最低気温9.4℃、平均風速5.1m、最大風速は西の風11.3m、最大瞬間風速は西南西の風17.8m。
釣りをしている午前中の天気は良いが、午後から風が強まり夕方から雨となった。

出船前に港でほんの僅かなタイミングであるがカマスの回遊があり、40cmを頭にポンポンと連発でヒットしてお土産になりました。

7時に出船、タックルは昨日と同じ3セット、ポイントに着いて最初はMSダンサー61にニューバルケッタ200HG、キャスライン・エギングスーパーPEⅢWHの0.8号ミニショックリーダー16lb、仕掛けは自作をセットしてエサをつけて投入。

もう1セットのST‐メタルB‐510に炎月CT 101PG、ラインとリーダーのセッティングはおなじで、仕掛けはオーナーのツインカワハギのLと昨日と全く同じセッティングで、伊藤さんが使用。

カワハギ初挑戦の伊藤さんは昨日の雪辱を晴らすため頑張り、最初のヒットに続いて何とか3匹のカワハギを釣り上げる事に成功(^O^)
江口さんと弓削さんは仲良く同数、私は3人よりは釣れたけど大して変わらず、坂本さんはちょこちょこと釣って2位、そして山本名人はブッチギリの41匹を釣ってトップ\(^o^)/
昨日より活性が高いカワハギの群れが口を使うタイミングに当たり、山本さんはここで連発モードに突入して数を稼ぎました。
隣で私はボコボコにやられたけど(T_T)

エギング釣行記

山本さんにカワハギがヒット

エギング釣行記

伊藤さんに初カワハギがヒット

エギング釣行記

山本さんは連発

エギング釣行記

伊藤さんもサイズアップ

エギング釣行記

私もまずまずのサイズ

エギング釣行記

山本名人は絶好調!

エギング釣行記

本日の釣果、坂本さんが居ないけど

帰港してタックルを片付けてお土産にお気に入りのひもの屋へ行き、昼食を済ませて帰阪しました。

おまけ
今日も自宅に帰り着いて釣ったカワハギを捌いて、今日に食べる分は2匹刺身にして皿に盛り付け、明日食べる分も2匹昆布締めして冷蔵庫、残りも捌いて鍋用に1回分ずつ小分けして冷凍庫で保存。
夕食のおつまみはカワハギの刺身、いつも通りに肝青じそドレッシング、ポン酢醤油、肝醤油の3種類で食べたけど、チョット贅沢なプレモル3種類を味見しながら頂きました。 出船前に釣れたカマスを2匹頂いた(取り上げたとも言う)ので、40cm程の大きいので塩焼き定食になって頂きました。
翌日は昨日に仕込んだカワハギの昆布締めをわさび醤油とポン酢醤油で、そしてカマスは塩焼きでチョット贅沢なプレモルで頂きました。
尾崎のひもの屋のサバのみりん干しを焼いて定食でした。

エギング釣行記

チョット贅沢なプレモル3種類

エギング釣行記

カワハギの刺身2匹分

エギング釣行記

肝青じそドレッシングとポン酢醤油、肝醤油の3種類が定番

エギング釣行記

カワハギの昆布締め2匹分

エギング釣行記

チョット贅沢なブレモル

エギング釣行記

尾崎のサバのみりん干しで定食

【今回の使用タックル】

その1 カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号

その2 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換

その3 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐660
リール : テイルウォーク エラン・DG70
ライン : ユニチカ ユニベンチャー・ジギングX4 0.6号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : 自作
シンカー: 8号~10号

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ