HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年1月11日〜14日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年1月11日〜14日

今年も沖縄へ初釣り!

今年も初釣りに1人で1月11日(木)から14日(日)の4日間のスケジュールを組んで沖縄へ行って来た。

1月11日(木)沖縄初日
神戸空港から那覇空港へ飛び、レンタカーにタックル等の荷物を積み込んで北上。
先ずは少し早目の腹ごしらえで、以前に一度行ったかなぁ程度のそば屋へ。
私としては定番のソーキそばを食べましたが、普通でした。

エギング釣行記

ソーキそば

腹ごしらえが出来たので次はエギング、と言う事で最初のポイントでタックルをセット。
今回のタックルは、いつものセットにラインはプロトの8本編みのエギングライン。

ショアエギング用
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : イグジスト2510PEH
ライン : キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号  2m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の色目

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 1.75号

当日の名護の天気はくもり時々晴、一時雨、1日の降水量は0.5mm、日照時間2.6時間、最高気温14.5℃、最低気温10.1℃、平均風速5.5m、最大風速は北北西の風8.8m、最大瞬間風速は北北西の風15.2m。

北寄りの風が強いため入るポイントは南向きの東海岸の漁港。
先ずはポイントを目視で確認すると、水色は透明度が高くて悪くは無い感じだが、ベイトは見えず潮も動いていない感じ(^_^;)

取り敢えずエギエスツーβの3.5Nの今年の新色のピンクスギゴールドT2(4635N)をセットして軽くキャスト、近くから距離を伸ばして広範囲をチェックするが、ベイトが見えず潮も動かずで反応無し。

次のポイントでも様子を見たが反応は無く釣りを終了してホテルへ向かう。
しかし気になってハンドルを切って次のポイントへ向かう。
次に着いたのは名護城跡公園で、寒緋桜が咲いていないか見て回ると、パラパラと一分咲きにも満たないものの咲いていました(^O^)/

エギング釣行記

名護城跡公園の寒緋桜①

エギング釣行記

名護城跡公園の寒緋桜②

エギング釣行記

名護城跡公園の寒緋桜③

エギング釣行記

名護城跡公園の寒緋桜④

エギング釣行記

名護城跡公園の寒緋桜⑤

ホテルにチェクインして明日の出船確認をキャプテンズの仲村船長にすると、明日は北の風が強くて波も高いため中止と(T_T)
ボート用のタックルをセッティングするために部屋に持ち込んでいたが、中止となれば仕方ないので仕舞っておく。
夕食は1人で行って生ビールとチキンの照焼き定食を頂きました。

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

チキンの照焼き定食

1月12日(金)沖縄2日目
今日から2日間は、キャプテンズオキナワのシゲちゃんこと仲村船長の善進丸でディープエギングの予定だったが、大荒れの為本日は出船出来ずと昨日の連絡で言われていたので、朝はのんびりとホテルを出発した。

当日の名護の天気はくもり時々雨、1日の降水量は3.5mm、日照時間1.7時間、最高気温13.1℃、最低気温8.8℃、平均風速5.5m、最大風速は北の風9.6m、最大瞬間風速は北の風15.6m。

北寄りの強い風を避けて東海岸の漁港で亀谷さんと待ち合わせ。
ボートで一緒に行く筈だったが沖へ出れないので、ショアエギングでもしようと言う事で軽くランガンの予定。

【今日のタックルは昨日と同じで】

ショアエギング用
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : イグジスト2510PEH
ライン : キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号  2m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の色目

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ50 1.75号

エギング釣行記

エギエスツーβ 3.5N 2018年の新色

最初の港で期待を込めてエギエスツーβの3.5Nの今年の新色、オレンジスギゴールドT2(4735N)をセット、足元近くから軽くキャストしてチェック。
そして数投後に沖へキャストしてボトムまでフォールさせている時に、アオリイカが水面近くを泳いで来た!
しかも2kgクラス(^O^)
サイトで頂きと一気に沖のエギを近くまで回収、表層のダートで誘うがガン無視された(T_T)
何度が角度を変えてみたが反応は無くスルーされてしまった。
そうこうしていると小雨がパラパラと降り出して来たので、雨宿りをしてゆんたく。

時間も良い頃なので昼食にそば屋へ。
私は炙り本ソーキそば大盛りを頂きました。

エギング釣行記

炙り本ソーキそば大盛り

エギング釣行記

炙り本ソーキは別の皿で

午後からもランガンで数ヶ所のポイントを叩いて見たがサッパリで終了。
ホテルに戻って明日の出船についてキャプテンズの仲村船長に確認するとOKとの事、部屋に持ち込んでいたタックルのセッティングを行う。

【今回ボートからのディープエギング用に用意したのは、ベイトタックル×2、スピニングタックル×1の3セット。】

その1 ディープエギング用 エギ2個使用リグ ★今回メインで使用★
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ディープエギング用 エギ1~2個使用リグ
ロッド : スパリッドマスターPSMS-68UL/MLST
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その3 ディープエギング用 エギ1個使用リグ
ロッド : スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ ヴァンキッシュ4000HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 15~25号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 3号

エギング釣行記

エギエスツーβ 3.5N 2018年の新色

タックルをセットしたので夕食は1人で居酒屋へ。
先ずは、オリオンの生ビール、豚タン炙り焼き、島どうふのサラダ少な目(小)、泡盛は古酒くら25°を1合水割りで頂きます。そして〆にゴーヤチャンプルーでご馳走様でした。

エギング釣行記

オリオンの生ビール

エギング釣行記

豚タン炙り焼き

エギング釣行記

島どうふのサラダ少な目(小)

エギング釣行記

泡盛は古酒くら25°を1合水割りで

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

1月13日(土)沖縄3日目
漸くキャプテンズオキナワの仲村船長の善進丸でディープエギングで沖へ出る。
昨日セッティングした3タックルをボートに積み込んで予定通り8時頃に出船。
本日のメンバーは、宮城さん、桜川さん、仲本さん、釣女ちゃこ、私の5人とおきなわ釣王国のスタッフも乗船して取材のため、デカイ奴を釣り上げてカラーページに掲載して貰おうと気合が入る。

当日の名護の天気はくもり時々雨、1日の降水量は5.0mm、日照時間4.6時間、最高気温15.5℃、最低気温8.0℃、平均風速3.7m、最大風速は北の風7.4m、最大瞬間風速は北北東の風12.8m。

最初に手にするタックルは、ディープエギング用にリリースされた、スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70、このロッドにオシア・コンクエスト200HGをセット、ユニベンチャー1・X8の0.8号シルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、スイベルを結んでエギエスツーβの3.5Nで、今年の新色をメインにローテーションする心算なので、先ずはピンクスギゴールドT2(4635N)をセット、更にエギングリーダーⅡの3号を1mにスイベルを結んで、エギエスツーβの
3.5Nピンクゴールドレッド(3235N)
をセット、シンカーは30号。

最初のポイントで船長の合図と共にエギを投入、ボトムまで送り込んでからスローピッチで3回シャクリを入れてステイ、アタリが来なければボトムから同じセットを繰り返す。 それでもアタリが無ければシャクリを強くしたり、早くしたり、回数を多くしたり、少なくしたりを組み合わせながらヒットパターンを探る。

船中最初のヒットは宮城さんで1.5kgのアオリイカ
エギエスツーβの3.5NピンクスギG.M.(ゴールドマーブル)(4035N)にボトム近くで乗って来たそうだ。

エギング釣行記

宮城さんに1.5kgのアオリイカ

連発のヒットは無くて単発で終了して移動。
そして雨が降り出して来たので雨宿り、桜川さんも一緒に雨宿り、ちゃこも雨宿りとサボりが増えて来たが、ちゃこが雨の中に出て釣り再開。
ボトムからシャクリを入れてステイさせている時に、小さなアタリが出る事が多いよと言っていると、バシッと合わせを入れた。
しかし空振り。
暫くしてバシッと合わせ。
空振り。
更に暫くしてバシッと合わせ。
ヒット!
やっぱりサボってたら釣れないねと桜川さんと話していると、仲本さんにもヒット宮城さんにもヒットしてトリプルヒットとなった。
最初にヒットしたちゃこのアオリイカは500g、仲本さんはエギエスツーβの3.5NパープルスギG.M.(ゴールドマーブル)(4235N)1.5kg、宮城さんはピンクスギG.M.(ゴールドマーブル)(4035N)1.2kgだった。

エギング釣行記

宮城さん、ちゃこ、仲本さんでトリプルヒット

エギング釣行記

仲本さんのアオリイカは1.5kg

流石にサボっていては釣れないのでロッドを持って釣りを再開するが、潮が余り動かず雰囲気は微妙。
しかしちゃこにまたしてもヒット、これも500gのアオリイカ
続いて宮城さんに1.5kgのアオリイカエギエスツーβの3.5NピンクスギG.M.(ゴールドマーブル)(4035N)でヒットさせた。
遂に〇ボ仲間だった桜川さんが500g、宮城さんは300gのアオリイカをヒットさせた。
更に桜川さんが1.8kgのアオリイカ、ちゃこは800gのアオリイカ、仲本さんはクブシミをヒットさせた。

エギング釣行記

宮城さんがアオリイカの1.5kg

エギング釣行記

桜川さんに1.8kg、ちゃこに800g

そして時間は15時過ぎ、ラスト1時間を切ってしまった。
船中〇ボは私1人(T_T)
エギのカラーをエギエスツーβの3.5NピンクスギG.M.(ゴールドマーブル)(4035N)に交換、ボトムからのスローピッチ3回からのステイで微かなアタリを捉えた。
何とかヒットと思ったが引きが違う様な感じ、浮かせたのはアオリイカの400g程だが胴体にスレ掛かりしていたのでリリース。
これでも釣れた事にして良いのだろうか?
そして16時で少し延長して最後の流しになって、今度は小さいながらも確実なアタリでフッキング、何とか1.2kgのアオリイカをヒットさせる事が出来た。
同時にちゃこにもヒットして1.1kgのアオリイカダブルヒットとなった。

エギング釣行記

ちゃこは1.1kg、私は1.2kgのアオリイカ

エギング釣行記

最後に釣れた1.2kgのアオリイカ

エギング釣行記

今回のタックル

何とか釣らせて貰って帰港、タックルを片付けてシャワーで汗を流して新年会へ。
メンバーは、一緒にボートに乗っていた宮城さん、桜川さん、仲本さん、そして亀谷さん、具志堅さん、玉山さん、胡屋さん、徳村さんと私、ちゃこは残念ながら不参加でした。
先ずはオリオンの生ビールで乾杯\(^o^)/

エギング釣行記

本日のメンバー

エギング釣行記

先ずはオリオンの生ビールで乾杯

頂いた料理は、牛すじ煮込み、いかすみソーメンペペロンチーノ、そーみんチャンプルー、チキン南蛮、塩ホルモン唐揚げ、手羽中唐揚げ、タコの唐揚げ

エギング釣行記

牛すじ煮込み

エギング釣行記

いかすみソーメンペペロンチーノ

エギング釣行記

そーみんチャンプルー

エギング釣行記

チキン南蛮

エギング釣行記

塩ホルモン唐揚げ

エギング釣行記

手羽中唐揚げ

エギング釣行記

タコの唐揚げ

飲み物は、オリオンの生ビールおかわり、泡盛は国華を琉球グラスの水割りで、ボトルが空になったので、次の泡盛は久米島の久米仙ブラウンを頂きました。

エギング釣行記

オリオンの生ビールおかわり

エギング釣行記

泡盛は国華

エギング釣行記

琉球グラスで泡盛

エギング釣行記

次の泡盛は久米島の久米仙ブラウン

そして徳村さんの差し入れヒージャーの刺身、ヒージャー焼きってメモしてたけど、そんなん有った?
そして、おきなわ焼きそば、チャーハンで〆ました。

エギング釣行記

徳村さんの差し入れヒージャーの刺身

エギング釣行記

おきなわ焼きそば

エギング釣行記

チャーハン

14日(日)沖縄4日目最終日
帰りは午後の便なので、宮城さんに教えて頂いた名護市羽地のコスモス畑を見に行ってから高速で南下、昼食はソーキそばといなり2個を食べて、レンタカーを返却して那覇空港へ行き、定刻通りの便で那覇空港から神戸空港へ帰りました。

エギング釣行記

名護市羽地のコスモス畑

エギング釣行記

昼食はソーキそばといなり2個

おまけ 沖縄から帰った日の夕食は沖縄の肉屋で買ったので、やんばるアグー黒豚のロースとバラをしゃぶしゃぶ用にカットして貰ったのと、一緒にニンニク入りソーセージもね(^_^)

エギング釣行記

やんばるアグー黒豚のバラ

エギング釣行記

やんばるアグー黒豚のロース

エギング釣行記

ニンニク入りソーセージ

エギング釣行記

しゃぶしゃぶするよ~(^_^)

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その3 エギング ディープ用ベイト
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その4 エギング ディープ用スピニング
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ ヴァンキッシュ4000HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 15~25号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

この釣行記の一部は、おきなわ釣王国 2018年4月号No.131号に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ