HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2012年2月23日

釣行記

釣行レポート

2012年2月23日

瀬戸内の豊かさ!真冬でも爆釣!の一日

こんにちは、はじめまして。
新たにレポートさせていただくことになりました!よろしくお願い致します。

釣行レポート

私の住む広島県は、瀬戸内海や日本海、中国山脈などへの利便性抜群なロケーション!魚種の豊富な地域性を活かし、ユニチカ製品を通じて四季折々のさまざまな釣りの楽しさをレポートしていきます。
気軽に楽しむことができる釣り方や本格的なスタイルで、釣りや自然に親しんで頂ける内容をご紹介できればと思っています。

私の日常の釣りスタイルはほとんどがルアーですが、今回の初レポートは・・・「サビキ釣り」に行って来ました!
瀬戸内、特に山口方面ではほとんど通年アジが釣れる恵まれた地域。広島寄りでも波があるものの、アジの便りは絶え間なく聞こえます。アジング・メバリングのメッカともいわれていますね。
しかし、「何も寒い夜に行かずとも、暖かい昼間にサビキで釣れるよ」との情報が。元来寒いのが苦手な私はあっさりとルアースタイルからサビキング(?)へシフトしたのでした。

昼間(デイゲーム)のポテンシャル

この厳寒期に釣れるメバル・アジでも、釣果は色々な要因で左右されがち。
瀬戸内の大潮は潮が動きすぎ、一般的にはあまり良くはないといわれています。
が、そんな大潮の昼前にポイントに到着。迷うことなく早速こまめにアミを10号のかごに詰め、サビキをちょい投げしていきます。
チャンスがあるとすれば潮どまり前後から下げへと動くわずかな時間帯。そして予想通り、潮どまり辺りから徐々に撒き餌が効いてきたのか、ウキが入り始めます。
メバル・アジ・そしてうれしいゲストでサバ!ばたばたと慌しく、次々と竿がしなります。小春日和のつかの間の暖かさと忙しさで、しばし寒さも忘れる時間です。

釣行レポート

釣行レポート

タックルはサビキ竿・・・ではありません!にわかサビキングですから。
今回は・・・シーバスロッド9ft前後にスピニングリールの3000番を使用。
そしてラインはこちら。

釣行レポート

今回は8Ibを使いました。
シルバースレッドソルトウォーターIIは、ナイロンの良さが前面にでているライン
ラインさばきにストレスのないしなやかさ。食い渋るアジのアタリにも、程よい伸びで食い込みを良くします
そしてそのまま即ルアーモードにもシフト可能!
水に馴染むカラーが警戒心を与えません
今回実際使ってみて、あらためてソルト専用ナイロンの良さを実感しました。サビキ専門の方もぜひ一度お試しあれ!

釣行レポート

本日は40cm前後のサバや、アジ、メバルなど多数の収穫。今時期ですから脂ノリノリです。昼のわずか4時間余りでのこの釣果は、瀬戸内の海の豊かさを実感。

今回はサビキでもルアーでもない変則?スタイルでの釣りでしたが、ちょっとやってみたい方でも簡単に出来る!ルアーロッドとサビキ仕掛けでの釣果でした。また機会があれば、ジグでサバやアジも挑戦してみたいと思います。

釣行レポート

【今回の使用タックル】

ライン : ユニチカ シルバースレッドソルトウォーターII 8Ib
リール : ダイワ モアザンブランジーノ 3000
ロッド : ダイワ モアザン 85MLX
仕掛け : ハヤブサ 小アジ専科 7号 カゴ10号

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ