HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2012年3月8日

釣行記

釣行レポート

2012年3月8日

管釣で春の足音!

こんにちは!三寒四温で春の気配を少しずつ感じる季節になってきました。
そろそろ釣りのウォーミングアップを始める方も多いのでは?
まだまだ釣りものが不安定なこの時期でも、楽しめるのがこれ!

春を感じる!トラウトと遊ぶ!

レインボー、ブラウン、ジャガー、イトウ・・・。トラウトを、管理された釣り場で釣るルアーフィッシング。
広島県の主な管理釣り場は3つ。小規模、餌の釣り堀も含めると10箇以上はあるのではないでしょうか。
今回はそのうちの1つ、庄原市の管理釣り場へ行ってきました。

中国山脈を背負う広島県北部は冬雪深く、瀬戸内海に面した温暖な南部とはずいぶん気候が違います。
夏暑い南部に管理釣り場はありませんが、北部ではトラウトが楽しめます。ぽかぽか晴天の釣り日和♪・・・で南部の自宅を出て高速道路を走ると・・・北部の庄原へ着く頃には真冬かと見まちがうほどの積雪・曇天というのが毎度のこと。
幸い今回は雪もなく、ひさびさに庄原も釣り日和でした。

釣行レポート

夏のメインハウス。右が浮き桟橋。左がロングステップ。

フィッシャーリゾート庄原にて

幾日か前から水温の上昇でトラウトの活性が上がり、レンジも上向きとのこと。
スプーンでの巻きが大好きな私にはやっと春が来た感じです。庄原のトラウトは大型が多く、どれも体高があるため引きが半端ありません。しっかりとタックルの準備をして、いざエントリーです。

釣行レポート

今回使用したルアー達。

スプーンの殆どは、広島生まれの逸品Bite。開高健氏が名付け親です。
色のバリエーションと美しさ、そして魚を呼ぶ、その信頼度。

今回使用するタックルの準備。意図的にロッドは1本にしました。
リールは2個用意。ラインはPEとナイロンで状況を見て変えるつもりです。

まずはPEで。遠投で広範囲にトラウトを探して拾っていきます。
感度の良さと、スカッ!と飛んでゆくスプーンの爽快感が、私がPEを好きな理由!
底を叩く、デジ巻きをする、ミノーイングもこっちがイメージしやすい

釣行レポート

シルバースレッドアイキャッチPEマークス
今回は3lbを使用。

釣行レポート

ぽつぽつ釣れていましたが、朝一番の時合いを過ぎるとバイトがあっても乗らないことが増えてきました。

ロッドはそのままで、今度はナイロンに変更。釣れないときは色々試すのがいいですよね。

釣行レポート

シルバースレッドアイキャッチ
今回は3lbを使用。

イエローカラーがよく見える!ラインの動きでアタリを取ることも容易です。
ナイロンだからキャッチできる魚がいますよね。

釣行レポート

ナイロンに変更後、しばらくして強いバイトが!明らかにいままでとは違う引きにやりとりも慎重になります。
ネットを持って待機してくれる釣り友を前に、結構時間を掛けました。
プレッシャーを感じるとバラしますか?私は・・・全くありません(笑)。

釣行レポート

ナイロンの伸縮性があるので安心してやり取りできます。

しっかりと魚の引きを堪能してから、ようやくネットイン。
トーナメントではないのですから、ゴリ巻きでランディングなど意味がありません。
1匹1匹との出会いを大切に、取り込むまでを心から楽しんで。

釣行レポート

70cmのレインボーでした!

釣り場のある喜び

余談ですが・・・
このレポートを書き上げる直前に、今回ご紹介しました庄原の管理釣り場は残念ながら突然閉園されました。
広島県でもっとも「管釣り」を楽しめる場所だっただけに、多くのファンの落胆と驚きは一様ではありません。私もこれからの春のシーズンを楽しみにしていただけに、本当に残念な想いです。
釣り場があってそこで釣りができる幸せ。当たり前だと思っていたことが、失くして初めてしみじみと感じられたのでした。

【今回の使用タックル】

ロッド : ダイワ ピュアリストAT70LRS-2
リール : シマノ 10ステラC2500HGS
       ダイワ 10セルテート2506
ライン : ユニチカ シルバースレッドアイキャッチPEマークス 3lb
       ユニチカ シルバースレッドアイキャッチ 3lb
       ユニチカ シルバースレッドトラウトリーダーFC 4lb
ルアー : アートフィッシング バイト2.4g他

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ