HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2012年5月21日

釣行記

釣行レポート

2012年5月21日

TV釣りごろ釣られごろ!ボートキス取材

皆さんこんにちは!
そろそろ梅雨入りの声も聞こえていますが、この時期ならではの釣りものも多い季節。雨にも負けずに(!)楽しい出会いがあると良いですね。

ボートキスの取材

時期的には今年はまだ早い感じらしかったのですが、ボートでのキス釣りのTV取材に参加させていただきました!当日はたまたま金環食もあり、さてどんな収録に!?

出航は朝五時、薄暗い広島港から出るとすでに曙の気配です。
約30分走って到着したポイント。ベタ凪でいい感じ!

釣行レポート

以前、ボートシーバスでの取材でお世話になったスタッフの方々でしたので、割合リラックスしての準備。早速釣り始めます。タックル等の説明は今回メインの船長さんにおまかせして、とりあえずキスの顔を見ないと落ち着きません。

選択したロッドはルアーでのチヌ用。あくまでルアータックルにこだわりました(笑)
ティップの感度と柔らかさ、バットの強さで勝負です。そしてリールに巻いたラインはこれ!

釣行レポート

ナイトゲームTHEメバルスーパーPE 4lb 0.3号

白いカラーでラインの動きによるアタリがとりやすい!細くてもしっかりコシがあり、トラブルはありませんでした。さすがスーパーです!

釣行レポート

おかっぱりでのチョイ投げと基本は同じ。ボトムをとった後ゆっくりジンワリとさびいていきます。この時期のボートでのサイズは30cm近い!大物だけに、時にはアタリ方もシビアになりますが・・・。コツコツあたっても合わせると乗ってない、食わせる「間」が大切なタイミング。急がず慌てず、フッキングは確実に!

釣行レポート

カメラを意識せず、ロッドに集中します。
何度目かのバイトを逃したあと(!)1匹目をようやくキャッチです。
とりあえずカメラに収めて、ここからが全開!釣果を伸ばしていきます。

取材成立!

船長、私、もうひとかた女性アングラーとでなんとか取材も形になったようです。 金環食の間は薄暗く、夕方の闇近い雰囲気になって反応もイマイチでしたが・・・明るくなるにつれてバイトも増えました。潮も関係していましたが、朝マズメ?を魚が感じたのでしょうか。
曇り掛かった太陽がきれいに欠けてゆくのを、釣りをしながら眺める初めての体験!
人生でそうあるものではないですね。

釣ることに専念したので、写真があまりなく・・・(汗)
朝から12時前までで取材は終了!今回は船長のお墨付きをいただけるほどの釣果になりました。

さて、これからの季節はおかっぱりのライトタックルでキスが狙えます。軽い天秤(12cm位まで)に、ナスオモリ3号までで大丈夫!強めのメバルロッドかチヌ用、Lのシーバスロッドなどで楽しめます。青虫・砂虫が苦手な方は、ワームでもOKです。
ガチンコの遠投をあえてしない、お子様でも出来る、手軽なチョイ投げ。
ここ広島での本格的な始まりは梅雨明けからですが、ファミリーやお友達とぜひ楽しんでください。

釣行レポート

私の最大は22cmでした

【今回の使用タックル】

ロッド : バレーヒル Cyphist K-spek CPKS-82KT
リール : ダイワ 10セルテート2506
ライン : ユニチカ ナイトゲーム THEメバルスーパーPE 4lb(0.3号)
       ユニチカ ナイトゲーム THEメバルリーダーFC 4lb

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ