HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2012年9月

釣行記

釣行レポート

2012年9月

あの手この手で楽しもう!陸っぱりタチウオ!

皆さんこんにちは!
夏とは違う爽やかな風が、もう秋を運んできました。
今回ご紹介するのは、寝る間も惜しんで私がせっせと通う、大好きなタチウオ。味も最高においしいのですが、何より釣るのが楽しい! いや~毎日でも行きたい(笑)
今年は例年よりも遅めに釣れ始めたのですが、毎年と同じく夏に小休止。秋にいよいよ本格的なシーズンがやってきます。

進化中?仕掛けの流行

広島で陸からタチウオを狙うなら、昔からもっぱらウキ釣り。シーズンになると釣れる波止にはズラズラッ、と赤い電気ウキが並びます。
しかし、ここ最近の流行はテンヤ!ジグヘッドのような、オモリに針のある仕掛けに餌を巻きつけるだけ。ルアータックルでキャストして、まさにルアー感覚で引いていきます。

釣行レポート

上からシマノ、テンテン(ワインド用)、タチウオゲッター、ハヤブサ、速掛けテンヤ

ウキ釣りが「待ち」の釣りなら、テンヤは「攻め」の釣り。明暗や潮の筋、ストラクチャーなどを考察しながらタチウオのアタリを探していきます。
かなり年配の方や、餌釣りなど縁のなさそうな若い男性でも、ふと見るとテンヤだったりして。今年は特にその割合が増えている気がします。

進化中?仕掛けの流行

思い起こせば数年前、私にとってはアジングの外道でしかなかった太刀魚を、ターゲットの主役へと押し上げたのが、ワインドのブーム。半信半疑で始めたワインドと、同時に教わったテンヤ、ワーム、ハードルアーでのタチウオ釣りは、まさにマッチザベイトならぬマッチザタックルの重要性を認識するものでした。
最初にワインド、数匹とったらテンヤ、お次はハードルアー、その後はバイブレーション、食いが渋ければワームへ変更。そしてまたワインドへと次々ローテーション。
大勢並んだ防波堤などで、いかに誰よりも釣果を出すか。これを左右するのが手数の多さである、とタチウオ釣りでは強く感じるのです。そしてそれが私にとって一番の魅力。いかに現状を攻略していくか、情報や感覚を頼りに構築する、まさにゲーム性に富んだ釣りなのです。

釣行レポート

テンヤでの釣果

マイブームはこれ!

そんなタチウオをさらにさらに攻略したいと、今シーズン最も力を入れている釣り方があります。それは「さぐり釣り」

釣行レポート

さぐりのタックル

釣行レポート

ワイヤーにチヌ針

動きの早いものに反応しづらい、一定のレンジではなくあらゆる層のタチウオにアプローチしたいなど、ルアーやウキ釣りに反応の鈍いときほど効果を発揮。むしろ自分で攻め場を作っていくような釣り方なのです。
二本、または一本の針に餌を刺すだけのシンプルさ。ケミホタルと餌の重さをたよりに、沈めたり浮かせたり、ゆっくりと引いたりしていきます。当たれば竿先の動きを慎重に観察。針掛かりのタイミングも修行あるのみ!ルアーと違って合わせに駆け引きがあり、充分待って大丈夫だと思ったのに足りなかったり、逆に早合わせがいい時があったりと、喜怒哀楽に溢れる釣り方でもあります。ん~面白い!

ラインについて

ワインドやハードルアー、バイブレーションなどはPEを使用することがベストですが、テンヤやさぐり釣りなどは、ぜひナイロンラインをご使用いただきたいと思います。

釣行レポート

ユーテック波止 3号

釣行レポート

ユーテックタチウオ 2.5号

ラインカラーの好みもありますが、どちらも扱いやすいナイロンライン。
情報量(感度)はPEに劣りますが、逆にそれが良い。魚が咥えたときの違和感が少なく、食い込ませ重視の釣りにぴったり。
夜間のタチウオのみの釣りには、ユーテックタチウオを使っています。ホワイトラインの視認性のよさは、ラインさばきを楽にしてくれます。糸の走りもよくわかる。
ユーテック波止は、日中のサビキからそのまま夕マズメのタチウオの時などにもベストな選択。柔らかさも視認性も抜群です。

もうひとつの魅力!

タチウオ釣りの魅力は釣り方にありますが、もうひとつ、忘れてならないのが「捌き」の楽さ!ウロコなし、頭と内蔵の処理のみで済む、そして美味しい、なんともありがたい魚です。
これなら魚の捌きが苦手な方へ差し上げても何とかなりますよね!
かくいう私も、明け方に釣りから帰って、そのまま眠いながらもなんとか捌く、唯一の魚なのです(笑)

白身で淡白、どんな料理にもハマります。そして、秋が深まるほど脂乗りが良くなりますね。一番いい時期のタチウオはシンプルな塩焼きで、そのまましょうゆなどもかけずに召し上がれ!魚本来のおいししさが、心も体も満たしてくれますよ!

【今回の使用タックル】

■テンヤ用
ロッド : ダイワ モアザン85MLX
リール : ダイワ モアザンブランジーノ3000
ライン : ユニチカ ユーテックタチウオ 2.5号
テンヤ :  ハヤブサ 速掛けテンヤ2号 3号

■さぐり用
ロッド : ダイワ シーパラダイスさぐりづりS-300
リール : シマノ バイオマスターC3000
ライン : ユニチカ ユーテック波止3号
針 : がまかつ 管付きチヌ 5号

■ルアー・ワインド用
ロッド : アブガルシア SDS86ML
リール : シマノ ステラ4000
ライン : ユニチカ シルバースレッドソルトウォーターPE 12lb
      ユニチカ シルバースレッドショックリーダー 16lb
*ルアー用・テンヤ用にはワイヤーリーダー(30cm)装着 

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ