HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2013年6月4日

釣行記

釣行レポート

2013年6月4日

チヌフカセで夢を釣る

こんにちは!6月は緑もひときわ濃くなる季節。
私の住んでいる中国地方もいよいよ梅雨入り。雨は多くの恵みをもたらしてくれる、日本に無くてはならない大切な季節的要素。自然に生活に、そして・・・お分かりですね(笑)もちろん釣りにも!

でも今回は、まぶしい太陽ときらきら輝く海の下で戦いたい!?チヌフカセのレポートです。

釣行レポート

広島チヌ事情

黒鯛は広島で「チヌ」とも呼ばれますね。稚魚の放流が盛んでしたが近年、名産牡蠣への被害が甚大になり始め、釣り人に愛されてきた魚でありながら、漁業を営む方からは害魚扱いされています。地元広島大学ではチヌにタグをうち、生態系を調べたり、チヌの大会では検体を出したりしていました。それでも毎年、数多くのフカセの大会や、ルアーだけで参加する「チヌカップ」もあるほど、幅広い釣り人層にとても身近な魚です。

「チヌフカセ」は地域によって釣り方も違うとは思いますが、広島ではさまざまな集魚剤とオキアミを混ぜてマキエを作ります。九州はパン粉とオキアミだけとか。ん~お財布にかなりやさしい!そのうちやってみる価値ありですね。通常マキエだけで23,000円にさし餌1,000円前後(涙)。磯に行くなら渡船代が3,000~4,000円。それに、お弁当と交通費・・・な、なんだか少ししみじみしてきましたが、それでも年に何度かは「サイズ」か「数」の夢を追って磯に上がりたい!独特の緊張とわくわく感は「磯フカセ」ならではのものがあり、やっぱり楽しいのです!

船で渡る磯

釣行レポート

多くの荷物を皆でリレー

今回は一番身近な釣りメンバーの方々との大会。総勢7名!で1匹の最大長寸を競います。メンバーほとんどがアウェイな場所、山口県光市尾島。もちろん私も初めてです。

釣行レポート

尾島がみえてきました

釣行レポート

釣行レポート

港から走ること15~20分位かな?いよいよ最初のポイント。あらかじめのジャンケンで勝った順番に、1番目から一人ずつ渡って行きます。ここら辺りからめちゃワクワク度が上がります!(笑)
無事と健闘を祈りつつ、次々とポイントへ。
わたしも今回は一人で降ります。振り返れば何とか渡れるポイントには人がいますから安心。

釣行レポート

私は尾島5番目のポイント

釣行レポート

船を着けたた右手側がこんな感じ

釣行レポート

左手。更にポイントへと行く船を見送ります

釣行レポート

今回の使用ライン

釣行レポート

リールに巻いたGAU磯1.75号

使用したライン

道糸  ユーテック GAU磯MARKS 1.75号
ハリス アイガーIIIスーパー 1.2号 1.5号
GAUはブルーとホワイトのマーキング入りで、どんな天候でもラインが見やすい。コシがありながら柔らかく、長い磯竿の苦手な私でもとっても使いやすい。ガイドへの絡まりなど一切ありませんでした。

チヌとグレ

さて、釣れなきゃ意味がない、ですよね。
準備もそこそこに、朝一で餌取りもまだ居ずの様子見での3投目!なにげなく見ていたウキが一気に消し込みます!

釣行レポート

いきなりの48cm!

いや、びっくり!竿を立てるとドラグが一気に出されていきます。その重量感!タモも準備されておらず、チヌに主導権を握られて右往左往。いや~焦った(笑)後ろで見ていたら相当あたふたしていたそう。 足元に突っ込まれながら離れたタモを取りにいくのは、ラインに信頼がないと無理ですね。何度もダメかと思いつつもどうにかタモに収まりました。そして、朝一で釣れたことに少し余裕が。後はのんびりしながらも自分の釣りに集中。
しかし日が昇るにつれて、餌取りの活性もあがります(汗)

釣行レポート

マキエにもウキにもラインにも反応します

餌取りの軍隊が何をしても付いてくる中、ウキが消し込めば、ここからはグレが。
実はグレ、初めてです。とっても嬉しいかも(笑)!

釣行レポート

深い青緑の魚体が美しい

釣行レポート

ストリンガーに収まらず、潮溜まりを作ることに

磯の楽しみ

結局、チヌは朝の1枚のみ。でも初めてグレの引きを味わえたので良い釣りになりました。
ここから残り1時間はジグを振ります。これも磯の楽しみのひとつ。なにかドラマが起こらないか期待しながら。

釣行レポート

アイシャドウがないチダイ

目の前で単発ながらもナブラがでましたが、残念ながら反応なし。ショアジギではチダイを1匹で終了です。

さて港に戻って検量の結果、今回優勝者は堂々の52cm!わたしは2位でした、ん~残念!?
それぞれが大物との出会いを夢見て自分のやり方で挑む。フカセの魅力はそこにもありますね。
澄んだ青い海と空、チヌと初めてのグレ、絶好のフカセ日和。そして釣りを愛する方たちとの本当に楽しい1日でした。

【今回の使用タックル】

■フカセ
ロッド : シマノ BBXスペシャルT1.5 48-53NZ
リール : シマノ エクスセンスLBC3000HGM
ライン : ユーテックGAU磯MARKS 1.75号150M
      アイガーIIIスーパー 1.2号 1.5号

■ショアジキング
ロッド : メジャークラフト ザルツ962MH
リール : シマノ ツインパワーSW6000HG
ライン : ユニベンチャー1ライトジギング2号200M
      シルバースレッドショックリーダーFC 25lb

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ