HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2013年12月

釣行記

釣行レポート

2013年12月

ヒートアップ!寒さに負けない船タチウオ

広島湾

皆さんこんにちは!
寒~い季節、いかがお過ごしですか?外出がおっくうになる時期、逆に「この寒さを待っていました!」とばかりにワクワクお出かけできる釣り物が色々ありますね。その中でも、私の一番熱中している釣り、今回ご紹介します。

船?それとも陸?

タチウオは船からも陸からも釣れる、釣り人に優しい?魚ですね。もちろんそんな魚は他にもいますが、数やサイズが割合リンクしているものを他に思いつきません。
過去、陸っぱりで指4本クラスを、2人で一晩、40本以上釣ったこともありました。
これは船での釣果だとしても十分ですよね。
ずっと陸のタチウオ攻略を楽しんできましたが、船でのタチウオの魅力も捨てがたい・・・なのでそちらも頑張ってみますか!

釣行レポート

広島草津港から好天の出船!

シーズンはおおよそ3ヶ月

冬は天候も気分屋で、荒れたり凪いだり忙しいようですが、この日はとっても釣り日和、一日中おだやかな良いお天気でした。風が強いと出港が出来ず、中止もあったり・・・。決定まで落ち着きません。

釣行レポート

タチウオポイント到着、既に多数の船

タチウオは今回、メインをジグで狙います。その一方で、40号50号のテンヤに餌のサンマも用意。その日によってどちらかの釣り方に釣果が偏ることも。常にどちらも持参しておき、お土産を確実に獲りにいきます!

釣行レポート

今回は親戚の女の子も一緒に

船釣りの経験のないイトコを誘っての乗船ですが、ジグの振り方もテンヤが何かも知らなくても強制連行(笑)食いが立てば難しく考えなくてもヒットするのがタチウオですよね。1本でも釣れればその楽しさがきっとわかります。

釣行レポート

この日はポツポツでしたがサイズはGOOD!

釣行レポート

テンヤではやはり反応が薄く、ジグでの釣りになりました。ジグは80~120g。パターンもつかめないまま、しかし時折釣れるのは良型!ポツポツ釣れながら、昼前後に潮が弛んでタチウオの反応が悪くなったタイミングで移動。船長が更にお土産を釣りに連れて行ってくれます。今年はウマズラハギが好調とのこと!

釣行レポート

ついつい熱くなりますね

タックルはそのままで仕掛けが胴突きハゲ仕掛け、餌はオキアミボイル、オモリが25号。厳しいバイトをいかにモノにするか(笑)意外にタチウオよりもヒートアップします。イトコはウマズラ釣りのほうが楽しそうでした。しかもよく釣る!

使用ライン

今回使用のメインラインはジグとテンヤに同じラインをセット。

釣行レポート

ユニベンチャー1ライトジギング0.6号200m

釣行レポート

釣行レポート

リーダーはユニベンチャー船ハリス4号またはシルバースレッドショックリーダー16lb(バラケ防止のスプールバンド付き)を使用。

釣行レポート

先糸としてシルバースレッドショックリーダーFC80lb(バラケ防止のスプールバンド付き)を使用。

釣った後のお楽しみ

これからのタチウオはますます脂のノリが良くなって、大きいほど旨い!今回は塩焼きと炙りで堪能しました。炙りは内臓を取ったら三枚におろしてバーナーでしっかり表面を焼くだけ。いや~鱗がないってほんっと幸せです(笑)

釣行レポート

これから1月末?位までは最盛期。船タチウオはまだまだ楽しめます。広島では広島湾から伊予灘まで、船はタチウオを追いかけて走りまわります。老若男女、それぞれが自分に合ったスタイルで楽しめて美味しく頂ける釣り物、寒いからって閉じこもってると、この楽しい釣りには出会えませんよ!

釣行レポート

残ったエサのサンマを貰いに

【今回の使用タックル】

ロッド : シマノ ジョブグロスS641F OGライトジギングロッド 6ft他
リール : ダイワ リョウガベイジギングC2025PE-SHL
          モアザンブランジーノ3000
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1ライトジギング0.6号 200m
リーダー : ユニベンチャー船ハリス4号(フロロ)
       シルバースレッドショックリーダー16lb(ナイロン)
先糸 : ユニチカ シルバースレッドショックリーダーFC 80lb(フロロ)

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ