HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2017年5月

釣行記

釣行レポート

2017年5月

GWの神戸・明石方面メバル釣行

 先日、GW中に少し時間もとれた事もあり神戸・明石方面にPM21時頃よりメバル釣行に出掛けました。
 当日は中潮の3日目、干潮がPM16時30分、満潮がAM1時16分の状況であり徐々に潮位が上がって行く事が想定された。
 この時期、例年、ワカメなどの成長にあわせてメバルがワカメの隙間や沖側のエッジなど潮位変化や流れに対しポジションを変える事も有り、補食しているエビ類、バチ、ボラの稚魚など当日の水面下の状況も確認しながら釣りを組み立てる事にしました。
 先ず、ワカメの成長も有り潮通しの良い沖側に面したエリアをオフト バレットジグヘッド0.6g+スクリューテールグラブ1.5インチで釣り始めました。
 これから潮位が上がって行く事とワカメのトップと水面までのルアーを通すスペースをイメージし、且つ、潮の流れに自然にアプローチする事、ワカメの中をすり抜けやすいヘッド形状を考えキャストし始めるもエビ系カラーで当たり無く、次にホロ系、ラメ系カラーをローテーションしながら20㎝前後のメバルが単発ながら釣れる状況になりボラの稚魚やメバルの稚魚など魚主体の補食パターンかと考えファットタイプのシルエットに変えてカラーローテーションも反応が今一つの状況であった。
 次にバチ系カラーに変えてやり始めると一発目より23㎝がヒットする。
 キャスト後直ぐの巻き始めに来た事も有り浮き気味にバチを補食しているのではと思いがまかつJIG29の2番にガン玉調整した自作ジグヘッドに変更しオフト ROCK あばれん棒3インチをセットしての一投目、ワカメ繁茂エリアの沖側にキャストし巻き始めた直後、強烈な当たりで食いついて来たのが写真の29㎝のメバルです。
 デカイサイズの群れが入って来ているのではないかと素早く、次のアプローチをしたところ連続して27.5㎝のメバルがヒットした事も有り今日のパターンはこれかと思い続けて攻め、更に26㎝がヒット。その後も同様のパターン+潮通しの良いワカメ繁茂エリアの沖側からの小刻みな巻きアプローチで次々とヒットに持ち込み最終的に29㎝を筆頭に25㎝オーバー6匹、数も20匹以上釣れる楽しい釣行となりました。
 今後もワカメの繁茂状況、その日、その時の補食パターンをいち早く見極め、自分なりのヒットパターンに結びつけ攻略するメバリング釣行の参考になれば幸いです。

釣行レポート

当日仕留めた29㎝

釣行レポート

29、27.5、26㎝のメバル

 今回、このところのワカメの繁茂状況とデカイサイズのメバルをコンスタントにヒットに持ち込んでいました。繊細なティップで食いつかせ、ベリーからバットの強さでデカイメバルをワカメ繁茂の中からも引きずり出します。ラインもそれに耐えられる強度があり、且つ、遠投性能と汎用性が気に入っていたのでユニチカ ナイトゲームTHEアジESTER 0.4号+ナイトゲームTHEメバルリーダ―FC3lbを今回使用しました。
 フックについてもデカイメバルにフックアップしても細軸の場合は折れたり、伸ばされたりする事も有りバレットジグヘッドやがまかつJIG219など強めのフックをセレクトする事で突如訪れるデカメバルにもバラさずキャッチ出来るのではないかと思います。
 参考になれば幸いです。
 急な天候変化にも無理せず自分なりの考えながら組み立て攻略するメバリングを楽しんでみては如何でしょうか。

【今日の使用タックル】

ロッド : DAIKO SPEAR 832Lマイクロライトモデル
リール : DAIWA セルテート2004
ライン : ユニチカ ナイトゲームTHEアジESTER 0.4号
           ナイトゲームTHEメバルリーダ―FC3lb

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ