HOME > 釣行記 > 釣行レポート > 2018年5月

釣行記

釣行レポート

2018年5月

5月の東播バスフィッシング

先日、少し時間が取れたのでPM2時頃より東播にバスフィッシング釣行しました。
前回釣行からあまり日が経ってない事からバスの産卵に絡む季節の進行状況を再確認し、時間的にも短時間で効率良く攻める事を意識して釣りを始めました。
当日はPM2時時点で曇り、気温21℃、南の風、風速2m/Sの状況。
最初にセレクトした池は、当日の気温、南風が絡んだ状況を踏まえ北面にワンドを控えた池を選ぶ事にしました。
ここ最近、風が強く吹いた日が続いていた事もあり北側の岸際から偏光グラス越しに水面を見渡すも少し濁り気味であった。
水温は18℃、魚の気配も感じられないので試作スピナーベイト1/2オンス タンデムウィローでチェックし始めると直ぐに43㎝を1匹キャッチ。
その後、同様に立ち位置も変えながらトレースコースも変えて連続して35㎝~43㎝を4匹キャッチ。
濁りと水深からバグリーラトリンハニーBに交換。ロッドを立て気味に構え、岸際のえぐれや岬状に変化するポイントに対し高速リトリーブから反射的にリアクションバイトに持ち込み写真の51㎝を仕留めました。
更に、同様に、立ち位置を変えながらバグリーラトリンハニーBでワンドのマウス部に向かってトレースしながら攻めて35㎝、42㎝の2匹をキャッチ。
徐々に移動しながらワンドマウス部に立ち位置を変えシャローワンドから沖に向かって急激に落ち込むチャンネル部に対しデカいバスがポジショニングしていないかと思い試作スピナーベイト1/2オンス タンデムウィローに交換して1投目、スローロール気味にトレースしチャンネル部に入った瞬間にズッシリとバイトそのまま抜きあげ仕留めたのが写真の55㎝のデカバスであり、その日のバスのポジショニングの把握、攻略により自分なりのデカバスパターンがイメージ出来た事もあり納竿としました。
今回も、この時期のデカバス攻略の一例として皆様の参考になれば幸いです。

釣行レポート

釣行レポート

【今日の使用タックル】

ロッド : オフト ブラックウォーリアーズ スピードアグレッション70H
リール : ダイワ 18RYOGA1016H、Line:UNITIKA Silver Thread AMBUSH20lb使用
      (バグリーラトリンハニーB )
ロッド : オフト ブラックウォーリアーズ スピードアグレッション70H
リール : ダイワ 18RYOGA1520H
ライン : ユニチカ シルバースレッド AMBUSH20lb使用
      (試作スピナーベイト1/2オンスタンデムウィロー)


今回も前回同様、ユニチカ シルバースレッド AMBUSH20lbを使用する事でカバー周りでの使用に対する耐磨耗性、スムースなキャスト性、安心してデカバスを引き寄せ引き抜ける信頼感など気に入って使用しています。
皆様も急な天候変化に気をつけてバスフィッシングを楽しんで下さい。

ページのTOPへ

釣行レポート一覧へ