HOME > 釣行記 > ソルトルアー釣行記 吉竹勝 > 2012年1月

釣行記

ソルトルアー釣行記 吉竹勝 

2012年1月

三重県シーバス釣行

一月に入ってから安定した釣果が続いていたので、愛知県に住む村瀬さんと連絡を取り合い、一月下旬シーバス狙いで三重県の石鏡港のファイヤードルフィンに乗船した。季節風が強く吹くこの季節も伊勢湾奥は比較的に穏やかで出船出来る事が多い。昨年もシーバス狙いでこの時期にファイヤードルフィンに乗船して楽しんだ。
6時30分石鏡港を出港、風にも天気にも恵まれた。7時にポイント到着、湾奥の水深40mから狙った水面を時折サッパやカタクチイワシがボイルする。
一投目から村瀬さんにヒット65cmほどの綺麗なシーバスだった。

ソルトルアー釣行記

一投目から村瀬さんにヒット

続く二投目私にヒット、同じく65cmほどの綺麗なシーバスをキャッチする。三投目以降反応が悪くバイトが無くなりポイントを移動する。

ソルトルアー釣行記

私にも二投目にヒット

何ヶ所かポイントを変え反応の良いシーバスの群れを探すがなかなか見つからない。前半は流れも弱くなって状況はあまり良くなかったが、中盤になってから水深40m辺りで私に連続ヒット、75cm、80cmをキャッチ、村瀬さんも80cmをキャッチする。
朝のポイントよりもサイズが良くファイトの重量感も最高だった。このポイントで何匹か追加してまた移動、後半に入ってからは流れも良くなり連続でのヒットが何度かあり楽しめた。

ソルトルアー釣行記

私にヒット

ソルトルアー釣行記

村瀬さんのブレードにヒット

ソルトルアー釣行記

村瀬さんにヒット

ソルトルアー釣行記

村瀬さんのグッドサイズ

ソルトルアー釣行記

私にもグッドサイズが来た

今回の釣行で感じたことは昨年のヒットパターンとまったく異なる事だ。昨年は90%がフォールでのヒットに対して、今回は90%がアクション無しのスローリトリーブでのヒットがほとんどで、ジグをゆっくりひらひらと動かす感じのアクションにバイトが集中した。
また村瀬さんが使用していたブレードも反応が良く数多くヒットさせていた。シーバスジギングはジャークパターンやフォールパターンを変えてバイトを誘いヒットさせるゲーム性の高さが面白い。また釣果にも差がつきやすく、間違えた事をしているとヒットに結び付かないことがあるので、その日のパターンを早く見つけ釣果につなげたい。
この日の釣果は船中12人で50匹、村瀬さんが11匹、私が10匹で良い釣果にも恵まれました。来年もこの時期にチャレンジしたいです。

ソルトルアー釣行記

ポイント周辺

ソルトルアー釣行記

ソルトルアー釣行記

船中12人で50匹のシーバス

【今回の使用タックル】

ロッド : スミス LPJC-SF60SC
リール : シマノ カルカッタコンクエストDC250
ルアー : スミス メタルフォーカス85g、TGチビマサムネ
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1ライトジギング 0.8号
リーダー : ユニチカ シルバースレッドショックリーダーFC 20lb

ページのTOPへ

ソルトルアー釣行記一覧へ