ユニチカでの再出発、合併2社融合への道
年代 当社事項 業界・一般事項
昭和46
(1971)
1月
旧両社の厚生年金基金を統合
2月
レーヨン、ポリノジック生産中止
6月
インド向けナイロン6タイヤコード技術輸出契約締結
8月
紡織近代化5カ年計画策定
10月
第2次中期経営計画策定
10月
米国UMM社と提携、ユニチカユーエムグラス(株)設立
2月
国際石油資本が原油値上げ、
約30%値上げ
7月
繊産連、対米繊維品輸出の
自主規制実施
8月
ニクソン大統領ドル防衛のため
非常措置発表(ドルショック)
10月
対米輸出規制政府間協定仮調印
12月
多国間の通貨調整成立
(スミソニアン体制発足)
昭和47
(1972)
5月
全国発明表彰で栄輝の製造方法に恩賜賞
5月
富井社長辞任、小幡謙三社長就任、経営陣新体制でスタート(5/31)
7月
統一労働協約発効
9月
中期計画(再建の方針と計画)策定
1月
ポリエステルフィラメント自主操短実施
1月
日米繊維協定正式調印
9月
日中共同声明に調印、国交樹立
昭和48
(1973)
2月
大阪国際ビルディング竣工
4月
垂井工場でガラス繊維織物を本生産
11月
初代ユニチカマスコットガール発表

大阪国際ビルディング

10月
第4次中東戦争勃発
10月
第1次石油ショック
昭和49
(1974)
3月
小寺新六郎社長就任、小幡社長は会長就任(3/28)
5月
ナイロンフィルム開発に高分子学会賞受賞
6月
コンピュータ機種をIBMに統合
10月
栄輝(エイテル)事業撤収

新型コンピュータ“IBM370-145”

1月
日中貿易協定調印
7月
繊維工業構造改善臨時措置法施行
10月
日米新繊維協定発効
昭和50
(1975)
1月
岡崎工場でポリエステルスパンボンド第1号機稼働
2月
「不況対策及び体質改善対策」労使合意
5月
名古屋工場、犬山工場、桐生工場閉鎖
12月
ユニチカ、東洋紡、鐘紡、
天然繊維分野中心に3社提携

スパンボンド第1号機

1月
紡協・化繊協加入120社の紡績
不況カルテル実施
1月
梳毛紡績不況カルテル実施
2月
完全失業者100万人突破
4月
南ベトナム・サイゴン政府降伏
   

ページの先頭へ

昭和51
(1976)
5月
テキスタイル事業を分離、ユニチカテキスタイル(株)発足
10月
スパンボンド事業部新設
2月
ロッキード事件発覚
昭和52
(1977)
2月
ポリエステルタイヤヤーン本格生産販売開始
2月
「体質改善計画」策定-20%人員削減、レーヨン等5部門分離
4月
5部門分社化、ユニチカ化成(株)、ユニチカレーヨン(株)、
大阪染工(株)、(株)ユニチカ環境技術センター、
ユニチカメインテナンス(株)設立
4月
公取委、短繊維紡績糸の第2次不況
カルテル認可
4月
公取委、梳毛糸の第2次不況
カルテル認可
10月
合繊勧告操短始まる
昭和53
(1978)
2月
帝人(株)と提携交渉
3月
エイテル(株)会社整理
10月
日本エステル粉体塗料用樹脂(ER)生産開始
1月
対ドル円相場237.9円
(戦後最高値)を記録
4月
合繊、勧告操短を不況カルテルに切換え
5月
特定不況産業安定臨時措置法公布
昭和54
(1979)
5月
中国・伊盟羊絨衫廠ヘカシミヤプラント輸出
7月
綿エステル短繊維事業本部の興産会社計画拡大
1月
合繊過剰設備凍結実施(56年3月まで)
1月
第2次石油ショック
昭和55
(1980)
1月
食品部門業務をユニチカ三幸に移管
12月
血管カテーテルを発売
(発売元、日本シャーウッド(株))
この時期、海外資本からの撤収相次ぐ

ウロキナーゼ固定化 抗血栓性医療材料 耐熱性酵素を使用した臨床検査試薬

9月
イラン・イラク戦争勃発
10月
日米繊維交渉妥結
   

ページの先頭へ

昭和56
(1981)
10月
ユニチカユーエムグラス、工場を京都市伏見区から宇治市宇治小桜に新築移転
11月
ビニロンFRC分野へ本格進出
12月
オーツタイヤの経営権を住友ゴム工業に譲渡

超高速濾過装置「まりも」1981年発売以来 200件以上の納入実績を誇るヒット商品

5月
公取委、短繊維紡績糸の
不況カルテル認可
昭和57
(1982)
4月
平田豊社長就任、小寺社長は相談役に(4/6)
10月
ユニチカテキスタイル(株)を合併しテキスタイル事業本部とする
10月
メディカル開発部新設
10月
改正商法施行
10月
勤労者財産形成年金貯蓄制度発足
昭和58
(1983)
7月
ポリエステルフィルム「エンブレット」本格生産開始
12月
ユーアイ電子(株)設立
8月
日本ポリエステル長繊維ダンピング
問題に、米商務省 “クロ”の仮決定
昭和59
(1984)
3月
羊毛部門を分離 ユニチカウール(株)設立
 
昭和60
(1985)
9月
ユニチカ化工(株)会社整理
10月
熱可塑性液晶ポリエステル樹脂開発
9月
第1回日韓繊維産業連盟会議
9月
G5、プラザ合意
   

ページの先頭へ

昭和61
(1986)
4月
金属繊維開発部・活性炭繊維開発部設置
6月
中央研究所新館完成
10月
5部門分社化、(株)ユニチカリサーチラボ、
ユニチカガーメンテック(株)、ユニチカ販売(株)、
ユニチカ情報システム(株)、ユニモア(株)
11月
PF樹脂開発部・電子材料開発部新設

アモルファス金属繊維と吹出・線形成状況

2月
フィリピン・アキノ大統領誕生
4月
男女雇用機会均等法施行
4月
「前川レポート」発表
昭和62
(1987)
4月
ユニテックサービス(株)設立、ユニチカ設備技術(株)発足
6月
オレフィン系スパンボンド「エルベス」開発
10月
アピエール開発部設置
 
昭和63
(1988)
3月
カネマツユニカ(株)会社整理
3月
日本アロマ(株)会社整理
4月
関原工場閉鎖
7月
大阪ガス(株)と共同で(株)アドール設立

シルキー合繊を代表する「シルミー5」

1月
円相場1ドル120円45銭の
史上最高値
8月
イラン・イラク戦争停戦

新合繊ブーム到来

昭和64
平成元
(1989)
3月
強力人絹事業から撤収
5月
第38回全日本バレーボール(女子)で
ユニチカ8年ぶり15度目の優勝
6月
ユニチカ創立100周年記念日(6/19)
6月
田口圭太社長就任、平田社長は会長就任(6/29)
10月
ユニチカ化成、ユニチカレーヨン、
ユニチカウール3社吸収合併

ユニチカ創立100周年記念式典

1月
昭和天皇崩御、平成に改元(1/8)
   

ページの先頭へ

明治22年(1889年)~昭和元年(1926年)昭和2年(1927年)~昭和20年(1945年)昭和21年(1946年)~昭和35年(1960年)
昭和36年(1961年)~昭和45年(1970年)昭和46年(1971年)~平成元年(1989年)平成2年(1990年)~平成25年(2013年)

ユニチカ百年史へ