ニュースリリース 企業情報

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

企業情報

2005/10/17

2006ユニチカマスコットガールについて

PDFを見る

 ユニチカ株式会社(社長:大西音文/おおにしおとふみ)は、2006ユニチカマスコットガールに境絵里加(さかいえりか)を選出し、ユニチカグループの企業イメージを発信するキャラクターとして、様々な媒体に起用してまいります。
 当社は、昭和48年11月に初代ユニチカマスコットガール(風吹ジュンさん)を誕生させました。それは当時素材メーカーであった当社と最終製品ユーザーである生活者との接点が少ないことから、マスコットガールを通して生活者とのコミュニケーションの機会を広げたいという目的と、ユニチカの新しい企業イメージを生成していきたいとの願いからでした。今では広く使われるようになりましたマスコットガールという言葉も、「すべての人に愛される存在」という意味を込めて、その時に私たちユニチカが初めて使ったものです。そのユニチカマスコットガールも境絵里加で15人、32年目となりました。
 歴代のユニチカマスコットガールは、いつの時代も当社が目指す「明るさ」「爽やかさ」「親しみやすさ」「可能性」を表現する女性たちでした。彼女たちは、当時まったく無名の新人でしたが、それは既存のイメージのついていないフレッシュな新人こそ、生活者自らが当社のイメージを想像していただくのに相応しいと考えていたからです。
 2006ユニチカマスコットガールの境絵里加は、好奇心旺盛な中学3年生、大きな可能性を感じさせる存在感のあるキャラクターの持ち主です。私たちユニチカグループのフロントイメージとして、2006年カレンダーに登場するほか生活健康関連やスイム&フィットネスウェアの広告出演、展示会などのイベント参加などを通じて、ユニチカの企業イメージと未来への活力を伝えてくれることを期待しています。さらにはグループ内コミュニケーションのキーパーソナリティとして、事業所内のイベント参加や地域交流などでも活動していきます。

一覧に戻る