ニュースリリース 繊維事業

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

繊維事業

2016/10/ 5

2017-18年秋冬 レディス衣料素材の販売について [ユニチカトレーディング(株)]

PDFを見る

 ユニチカトレーディング株式会社は、レディス・ファッション衣料素材を中心に『2017年18年秋冬・レディス素材商談会』を開催し、来秋冬シーズンへ向けた本格的な販売展開をスタートします。
 ここ数シーズン、素材はナチュラル志向をベースに豊かな表面変化が求められていますが、今シーズンは未来的な感覚をプラスすることで新しさを表現する傾向があります。また、ベロアやスエードのような起毛による優しいタッチや、二重織などによるコンパクトでまるみのある素材も多くなり、ハリや光沢のある薄地がアクセント的に使われます。素材バリエーションが豊かなシーズンになると言えます。
 このような状況の中、当社は柔らかで優しいタッチの新素材「フィーリングソフ」と、ストレッチ性とふくらみ感のある「ソファイン」を開発しました。また、太陽光熱変換+遠赤外線放射による秋冬用機能性素材「サーモトロン・ラジポカW」など、ユニチカ独自の秋冬用レディス素材を提案します。

1.『2017-18 年秋冬 ユニチカ・レディス素材商談会』

東京 10月13日(木)・14日(金)
午前11時00分~午後6時00分(最終日は午後5時迄)
港区南青山5-4-41 グラッセリア青山 2F ふくい南青山291

2.新素材

(1)「フィーリングソフ/Feeling Sof.™」ポリエステル
マイクロファイバーを当社独自の特殊複合加工により、やわらかな風合いと生地表面に独自のピーチ感がある素材です。プレーン素材と杢調バリエーションで提案します。

(2)「モニカ/MONIKA®(メランジュタイプ)」ポリエステル
ユニチカが得意とするストレッチ性と仕立て映えの良さ、より深みのある杢調素材をめざして、ポリマー複合技術と改質複合技術を駆使し、特殊仮撚複合した素材です。

(3)「ソファイン/Sofain®」ポリエステル
ポリマー複合紡糸技術と改質複合技術を駆使したポリエステル素材と、ハイブリッド特殊紡糸技術によりミクロ領域の捲縮構造を持つバイメタル構造糸を、特殊複合加工した素材です。心地よいストレッチと、優しいふくらみ感と柔らかなタッチが特長です。

3.プロモート素材

(1)「ゼログ/ZEROG®」高発色性高反撥ポリエステル素材
梳毛調で反撥感とソフトでしなやかなハリ・コシがあり、深みのあるカラーが特長です。今シーズンは太繊度によるボリューム感のある織物を提案します。

(2)「サーモトロンラジポカW/Thermotron Radipoka®W」吸光熱変換+遠赤外線放射ポリエステル素材
"吸光熱変換機能剤"と"遠赤外線放射機能剤"を1本のフィラメント内に融合することで太陽光を吸収・熱変換し、同時にその熱で"遠赤外線放射剤"を積極的にあたためることにより遠赤外線放射をアップさせます。快適で温かな機能性素材です。

(3)「サーモフィット/Thermofit®」吸光熱変換ナイロン素材
高発色性で優しいタッチのナイロン芯鞘複合糸の芯部に、光エネルギーを熱に変換する特殊セラミックを練り込んだ機能性素材です。丸編みを中心に機能性とソフトなタッチを併せもつ素材を提案します。

(4)「ディアーナ/DEANA®」特殊マイクロポリエステル素材
当社独自のポリマー複合紡糸技術から得られた割繊タイプの極細糸に特殊な糸加工を施した素材です。高密度でコンパクトな外観でありながらしなやかで、優しいタッチの織物とウォーム感のあるスウェードニットなど、秋冬用素材を織物とニットで提案します。

(5)「モニカ/MONICA®」高発色性梳毛調ポリエステル素材
当社独自のポリマー複合紡糸技術と改質複合技術を駆使し、より深みのあるカラーと仕立て映えの良さを追求して生まれた梳毛調素材です。

(6)「ペオス/peos®」高反撥性梳毛調素材
ユニチカ独自の特殊紡糸技術によるバイメタル構造のハイブリッドヤーンを用いた高反撥性素材です。ストレッチ性のある梳毛調織物を提案します。

(7)ブラックフォーマル用素材
・「ノイエ/NOIE®」
ストレッチ性と安定した黒色のポリエステル素材。今シーズンは軽やかなタイプの素材を提案します。
・「ノイエ・シャンパール/NOIE®Shanpearl」
シルクのような上品な光沢と手触りを持ちながら、深みのある黒を両立させたポリエステル素材です。

4.出展素材数

5.招待予定社
商社・問屋、アパレル、企画、小売り関係 約200社

6.2017-18年秋冬 販売計画
105%(2016-17年秋冬シーズン対比)

以 上


<< 前のページへ戻る

一覧に戻る