ニュースリリース 高分子事業

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

高分子事業

2017/6/22

美術家AKI INOMATAと バイオマス素材「テラマック®」がコラボレートした スペシャルムービーを公開!!

PDFを見る

 ユニチカ㈱(本社:大阪市中央区 社長:注連浩行)は、植物由来のポリ乳酸を原料としたバイオマス素材「テラマック®」の認知度アップおよび理解促進を図るため、今世界で注目を集めているクリエイターのひとりである美術家AKI INOMATA 氏とコラボレートしたスペシャルムービー『Creator's File TERRAMAC STUDIO BY UNITIKA』を公開しました。当社の独自技術により開発した「テラマック®」3Dプリンター用フィラメントが、クリエイターの創造性あふれる作品の制作と実現をサポートしました。



○AKI INOMATA ×「テラマック®」スペシャルムービーについて



スペシャルムービー『Creator's File TERRAMAC STUDIO BY UNITIKA』



『Creator's File TERRAMAC STUDIO BY UNITIKA』は、植物由来のポリ乳酸を原料としたバイオマス素材「テラマック®」と、今注目を集めるクリエイターとのコラボレートプロジェクト。
架空のスタジオ"TERRAMAC STUDIO"を舞台に、クリエイターに「テラマック®」を使用してオリジナル作品を制作していただくプロジェクトで、その作品とともに制作工程やインタビューなどをムービーで紹介します。



生き物との恊働作業によって作品を制作されている美術家のAKI INOMATA 氏を起用。INOMATA 氏は、3D プリンターで都市をかたどった殻を制作し、その殻をやどかりに渡して気に入ったら引越してもらうという作品「やどかりに『やど』をわたしてみる」などで、注目を集めました。






本プロジェクトでは、INOMATA 氏は「テラマック®」の土に還るという性質から発想し、「テラマック®」3Dプリンター用フィラメントで植物の"種"の形状をかたどった「鉢植えのタネ」を制作しました。




「鉢植えのタネ」 : AKI INOMATA
(写真:前列左からキャッツクロー、クルミ、ユーカリ)



AKI INOMATA ×「テラマック®」スペシャルムービー
『Creator's File TERRAMAC STUDIO BY UNITIKA』



URL:https://www.unitika.co.jp/terramac/akiinomata-terramac/
YouTube ユニチカ公式チャンネルでもご覧いただけます。



以上



<バイオマス素材「テラマック®」に関するお客さまからの問い合わせ先>
ユニチカ㈱ テラマック推進グループ
TEL:06-6281-5245


<バイオマス素材「テラマック®」に関する報道関係からの問い合わせ先>
ユニチカ㈱ 広報グループ
TEL:06-6281-5695







○プロフィール



美術家 AKI INOMATA



多摩美術⼤学 ⾮常勤講師 / 早稲⽥⼤学嘱託研究員
1983 年東京⽣まれ、2008 年東京藝術⼤学⼤学院先端芸術表現専攻修了。



⽣き物との恊働作業によって作品制作をおこなう。 主な作品に、3D プリンタを⽤いて都市をかたどったヤドカリの殻をつくり実際に引っ越しをさせる「やどかりに『やど』をわたしてみる」、飼⽝の⽑と作家⾃⾝の髪でケープを作ってお互いが着⽤する「⽝の⽑を私がまとい、私の髪を⽝がまとう」など。



受賞
2014:YouFab Global Creative Awards 2014 グランプリ
2012:第15 回 岡本太郎現代芸術賞 ⼊選



近年参加した主な展覧会に、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECOEXPANDED CITY 」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)、「エマージェンシーズ!025 『Inter-Nature Communication』AKI INOMATA」(NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]、東京、2015)、「第4回 デジタル・ショック -リアルのファクトリ-」(アンスティチュ・フランセ東京、2015) 、「アルスエレクトロニカ」(リンツ、2014)、など。


AKI INOMATA Official site http://www.aki-inomata.com/

一覧に戻る