ニュースリリース 高分子事業

Get Adobe Acrobat Reader ※ご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。

高分子事業

2018/4/26

エンブレムアジアにおける新工場建設とナイロンフィルムの生産設備増設について

PDFを見る


 ユニチカ株式会社(本社:大阪市中央区、社長:注連浩行、以下「当社」)は、インドネシアにおけるナイロンフィルム製造・販売子会社であるエンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)(所在地:インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県、社長:川北俊一、以下「エンブレムアジア」) に新工場を建設し、ナイロンフィルムの生産設備を増設することを正式に決定いたしましたのでお知らせいたします。増設後の生産能力は、年産 16,500トンから年産26,500トン(当社グループ全体では年産41,500トンから年産51,500トン)となります。











1.背景


 当社は1968年に世界で初めて同時二軸延伸法によるナイロンフィルムの商業生産化に成功し、ナイロンフィルム「エンブレム」は、国内トップシェアかつ世界トップレベルのシェアを誇るブランドとして展開しています。現在、国内では宇治事業所(京都府宇治市)、海外ではエンブレムアジアにナイロンフィルムの製造設備をそれぞれ保有していますが、アジア地域を中心とした食品包装用途などの需要拡大により、いずれもフル稼働の状況が続いております。
 今回のエンブレムアジアにおける新工場は、生産設備の増設のために、現在エンブレムアジアの所在地であるMM2100工業団地内に建設します。また、生産設備の増設は、中期経営計画「"G"round20~to The Next Stage」におけるフィルム事業の主要施策で掲げています「海外生産体制強化に向けた投資実行」を実現することで、食品包装用途を中心としたグローバルマーケットの需要拡大に対応し、更なる事業拡大に向けて実施するものです。




2.新工場と設備増強の概要


①生産品目:ナイロンフィルム
②増設場所:エンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)
③所在地:インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地内
④新工場土地面積:26,180㎡(MM2100工業団地内造成地を取得予定)
⑤投資額:約60億円
⑥増設能力:年産10,000トン(グループ全体で年産41,500トン→年産51,500トン)
⑦スケジュール:2020年11月稼働開始予定




3.エンブレムアジアの概要


①社名:P.T.EMBLEM ASIA
②所在地:T-3 MM2100 Industrial Town, Cibitung Bekasi,17520 Jawa Barat, Indonesia
③事業内容:ナイロンフィルムの製造・販売
④設立:1995年11月
⑤資本金:US$ 32,400,000
⑥社長:川北俊一




以上

一覧に戻る