HOME > 製品・事業紹介 > ナイロン樹脂 > ナイロン6 > RUNシリーズ > テクニカルデータ

製品・事業紹介

  • ナイロン樹脂
  • ポリアリレート樹脂
  • ゼコット®
  • アローベース®
  • エリーテル
  • ユニレート®
  • テラマック®
  • ポリエステル
  • Uイミド®

ナイロン樹脂

ナイロン6

RUNシリーズ

テクニカルデータ

良外観性

ポリマーアロイにより結晶化をコントロールし、金型への密着性を向上させることで、外観が優れた成形品を得ることができます。また、80℃の比較的低い金型温度においても、優れた外観が達成できるのもRUNシリーズの特徴です。
金型温度の適正範囲が広い、更に流動性も良好であるため、多様な成形条件に対応可能であり成形しやすい材料といえます。

表面光沢度(グロスメータ 入射角60°)

金型温度 RUN35-C25 PA6ガラス60%品
80℃ 80% 13%
100℃ 85% 69%
120℃ 85% 78%

テストピース L:90mm W:50mm T:2mm

低ソリ性

RUNシリーズは比容積の変化が小さく穏やかであるため、さらに、フィラーとの相乗効果により反りの少ない成形品が得られます。また、ヒケも少なくなるので、平滑な外観の成形品を提供することができます。

RUN35-C25はRUNシリーズ最高レベルの低ソリ性

材料の反り量

  RUN35-C25 PA6ガラス60%品
反り量 0.2mm 2.5mm

反り量評価方法
 水平盤にテストピースを静置させ以下の4点を測定
   基準点a,b:水平盤に接地している2点
   反り点c,d:反りが大きい2点
 反り量計算式  反り量(mm)=(c+d)/2-(a+b)/2

テストピース:1.6mm厚、100Φ円板
測定機:(株)三豊製作所製・AE100・三次元測定機

耐候性 

RUNシリーズに最適な耐候剤を選択することで、長時間の屋外暴露においても、外観、物性を維持できます。そのため、塗装レス化が可能となり、トータルコストダウンが図れ、環境への負荷も削減できます。

RUN35-C25の促進耐候性評価

  引張強度(MPa) 変色レベル(δE)
ブランク 171 0
500h 164 1.7
1000h 161 3.3
2000h 156 4.1

試験機器:サンシャインウエザーメーター
 スガ試験機器(株)製 WEL-SUN-HC
ブラックパネル温度:63℃
降雨サイクル:18分/120分照射中

変色レベル評価方法
 評価機器:日本電色工業(株)製 SZ-Σ90
 評価条件:C光源の反射光による
 テストピース:125×125×2.5mm (シボTH-113)

ページの先頭へ