HOME > 製品・事業紹介 > ポリエステル > 成形条件

製品・事業紹介

  • ナイロン樹脂
  • ポリアリレート樹脂
  • ゼコット®
  • アローベース®
  • エリーテル®
  • エマルションエリーテル
  • ユニレート®
  • テラマック®
  • ポリエステル
  • Uイミド®

ポリエステル[PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂]

成形条件
乾燥条件
  • 未乾燥のまま成形しますと加水分解により粘度低下を起こします。成形前には必ず樹脂の乾燥を行ってください。また未結晶タイプの樹脂(MA-2101M、MA-6101-3)は、予備乾燥も行ってください。
  • 乾燥機はできる限り除湿乾燥機をご使用ください。
  • 成形時も吸湿を防ぐために、ホッパードライヤー(望ましくは除湿付き)を使用することをお奨めします。
乾燥温度 乾燥時間
130℃ 8時間
140℃ 6時間

※未結晶タイプの予備乾燥条件は70℃で4時間です。

注 : 1度乾燥した後でも、15分以上空気に曝されますと、吸湿によって問題を起こすことがあります(特に梅雨の時期には注意ください)。また、結晶タイプのものは24時間以上の過乾燥も物性・色調を落とすケ-スがあります。

射出成形条件例
項目/樹脂 ホモタイプ 共重合タイプ
ノズル温度 270~290℃ 255~275℃
シリンダ前部温度 270~290℃ 260~280℃
シリンダ中部温度 270~290℃ 260~280℃
シリンダ後部温度 250~270℃ 250~270℃
射出圧 5.0MPa 5.0MPa
保圧 4.0MPa 4.0MPa
背圧 0.5MPa 0.5MPa
型締圧 15MPa 15MPa
射出時間 8sec 8sec
冷却時間 16sec 16sec
サイクル時間 27sec 27sec
金型温度(チラー使用) 15~30℃ 15~25℃
スクリュー回転数 150rpm 150rpm

(平成29年8月29日 更新)

注 :金型温度が40℃以上になりますと、成形品が固化しきれずに、スプルー切れや突出しピン跡が残る等のトラブルを起こすことがあります。
PET樹脂をピンゲート成形する場合には、充填し難くなるため、流動性を上げるためにさらにシリンダ・ノズル温度を10~20℃上げる必要があります。
ピンゲート成形の場合、ゲートが配向結晶化して固化(ゲートシール)し易くなります。一次射速は高めに設定してすみやかに充填するのが望ましいです。
多数個取りの場合、充填の同時性に留意しないと一部の製品が充填できなくなるケ-スがあります。

その他の注意事項

スプルー、ランナー等のリサイクル使用に当たっては 下記事項にご注意お願いします。

  • 放置された樹脂は吸湿していますので、再乾燥が必要です。
  • 乾燥する場合でも 成形品は非晶質になっているため70℃以上になると軟化しブロッキングを生じます。
    そのため、バージン材と混合した後、乾燥させることによりブロッキングは防げますが、混合率が20%を超えますと、お互いに融着しブロッキングの原因となります。
  • 粉砕材はできるだけ粒の大きさを揃えて、粉状のものは除くようにして下さい。気泡や未溶融物の原因になります。
  • 混入率は20%までを目安にして下さい。

ページの先頭へ