HOME > 事業・製品紹介 > 高分子事業 > バイオマスプラスチック(テラマック)

多岐にわたるユニチカの事業の核であり、原点ともいえる高分子事業。

バイオマスプラスチック

植物由来のポリ乳酸をベースにしたバイオマスプラスチック「テラマック」。樹脂事業では、耐久性、難燃性の改良などにより改質樹脂の拡販を図り、不織布事業では土木・衛材用途向けの展開を強化しています。(とうもろこしなど植物由来原料から採取した糖を発酵することで出来る乳酸を高分子化したプラスチックです)

関連サイト

ユニチカテラマック樹脂(耐熱・耐久グレード)

携帯電話のボディにも採用された「テラマック」。バイオマス素材が本格的に生活シーンへ進出したことを示した。

ユニチカテラマック 不織布

通気性、透水性に優れた不織布としても活躍するバイオマス素材。生分解性なので、土中に埋没後、数年で水と二酸化炭素に分解される。