HOME > 研究・技術開発

研究・技術開発

「繊維メーカー」から「機能資材メーカー」へ 進化を続けるユニチカ

ユニチカは、1889年に繊維メーカーとして創業し、前身である「大日本紡績」は日本三大紡績のひとつとうたわれ、日本の繊維産業の発展を長年支えてきました。「大日本紡績」と、もう一つの当社の前身である「日本レイヨン」とを端緒とし、長年培った高分子技術・繊維技術が現在のユニチカのベースになっています。高機能、高付加価値にこだわった「機能資材」は、衣料用・産業用繊維分野をはじめ、フィルム、樹脂、不織布などの高分子分野、ガラス繊維、活性炭繊維などの機能材分野など多岐にわたります。時代の流れに呼応した新たな技術開発とともに事業領域の拡大を推し進めた結果、数々の世界初の技術、グローバルトップシェアの製品を生み出してきました。今後とも成長分野である高分子・機能材分野を中心に事業力を強化することで、「機能資材メーカー」として将来にわたり持続可能な企業体の構築を目指します。

技術開発本部長 北野 正和

ごあいさつ

ユニチカグループは、人々の暮らしに役立つ新技術・新製品の開発を通して社会に貢献することを基本方針に、お客様と共に成長し、夢をかなえてゆく企業を目指しています。そのため、お客様のニーズに合った、あるいは課題・問題解決に役立つ技術や製品をご提案してまいります。
研究開発部門におきましては、当社のコア技術である繊維・高分子・無機材料技術を核として、有望な新技術、周辺技術を融合することで「高分子」「機能材」「繊維」などの事業分野を深化させるとともに、グループ力を結集して、市場での優位性を持つ機能資材の開発をより早く実現させます。

技術開発本部長 北野 正和

新着情報

一覧へ

[2017年2月20日]
イチオシ技術に「セルロースナノファイバー配合ポリアミド6樹脂」を追加しました。
本開発品は2月28日に大阪産業創造館で開催される「CNF展示会」に出展します! CNF展示会の公式サイトはこちら
[2016年11月30日]
機能性コーティングフェア出展のご案内
[2016年3月1日]
イノベーションを支える素材展 in 大阪のご案内
[2014年11月20日]
機能性樹脂の新規水性分散体「アローベース Dシリーズ」の開発と今後の展開について
[2014年6月25日]
イチオシ技術を更新しました
[2014年2月3日]
研究・技術開発ページをリニューアルしました