HOME > ポリ乳酸の特長 > 性能実証試験

ポリ乳酸の特長

性能実証試験

促進耐候性試験

促進耐候性試験

ポリエチレンテレフタレート繊維やPETフィルムに比べて耐候性に優れています。ですから自然環境下で使用する農業・園芸・土木/建築用 資材として最適です。

このページの先頭へ

土壌埋設試験

土壌埋設試験

繊維、フィルム、スパンボンドそれぞれの場合、一般的に土壌のような自然環境下では、温度、水分、pH、微生物の種類や数などが場所により異なるため、分解挙動は一様ではありません。 標準的な土壌中では、土壌埋設半年後頃から引張強度および破断伸度の低下が始まりますが、形態的な変化や重量減少はほとんど認められません。1年を経過すると引張強度はさらに低下し、1~2年で形態的な崩壊が始まり、次第に細片化し最終的には消滅します。

土壌埋設試験土壌埋設試験

このページの先頭へ

好気性コンポスト試験

好気性コンポスト試験

管理されたコンポスト中での好気性生分解試験(ISO/DIS 14855)は、対照物質としてのセルロースパウダーに比し初期の分解速度は遅いものの、45日後にはほぼセルロースに匹敵する80%以上の分解率を示します。コンポスト中では、発酵熱(60~80℃)とアンモニアの発生により加水分解が促進され、また豊富に存在する微生物がさらに分解を加速することが推測されます。

このページの先頭へ

嫌気性コンポスト試験

嫌気性コンポスト試験

高固型分濃度の嫌気性消化試験(ASTM D5511-94)においても、やはり対照物質としてのセルロースパウダーに比し初期の分解速度は遅いものの、45日後には90%以上のほぼセルロースに匹敵する生分解性を示します。

このページの先頭へ