HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年6月24日〜27日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年6月24日〜27日

ルアルアチャンネルのロケin島根県

サンテレビのルアルアチャンネルのロケのために、6月24日(土)から27日(火)の日程で島根県出雲市へ行って来た。

6月24日(土)の朝に出発して高速道路で出雲市へ、出雲そばを食べたかったけど出発が遅れたので途中の蒜山S.A.で遅めの昼食休憩。
蒜山モツカレーを頂きました(^_^)

エギング釣行記

昼食は蒜山モツカレー

そして出雲市へ着いたのは夕方前の早い時間で、明日にお世話になる磯辺丸の阿部船長に連絡をして合流、明日一緒に乗る小峠さんも合流して出港時間等の確認。
小峠さん達はこれからマイカ(ケンサキイカ)狙いの半夜で出船するそうであるが、私は夜釣りはしないし夜の船は船酔いしやすくNG。

と言う事で夜釣り組とは分かれてホテルへチェックイン、結局誰も遊んでくれないのでひとり居酒屋。 最初の生ビールはホテルにあったクーポン券で頂きます(^o^)
つきだしはしめ鯖。
刺身は境港産の本鮪三種盛り 大トロ、中トロ、赤身。
猛者海老の浜焼きは生の海老とコンロが出て来て、自分で焼いて、塩かレモンを絞り丸かじりで頂きます。
ビールの次は日本酒、島根の地酒の七冠馬(ななかんば)純米吟醸。
そして極厚油あげの炙り焼き、大山鶏の黒胡椒焼きには俺が食べられへん奴がおるからどけて食うわ。 次の日本酒も島根の地酒で天穏(てんおん)にごり純米。
しらすと大根の磯風味サラダハーフサイズ、ここにも俺の食べられへん奴がおるわ(-_-;)
これにて終了、ご馳走さまでした(^з^)-☆

エギング釣行記

最初の生ビールはクーポン券で頂きます

エギング釣行記

境港産の本鮪三種盛り 大トロ、中トロ、赤身

エギング釣行記

猛者海老

エギング釣行記

猛者海老は自分でコンロで焼く

エギング釣行記

焼けたら頭から丸かじり

エギング釣行記

日本酒は島根の地酒 七冠馬(ななかんば)純米吟醸

エギング釣行記

極厚油あげの炙り焼き

エギング釣行記

大山鶏の黒胡椒焼き

エギング釣行記

次の日本酒も島根の地酒 天穏(てんおん)にごり純米

エギング釣行記

しらすと大根の磯風味サラダハーフサイズ

出雲市2日目の6月25日(日) 出雲の宇龍港から磯辺丸の阿部船長にお世話になりました。
メンバーは広島の小峠さん、岡山の山田さん(大ちゃん)、大阪の私と島根の阿部船長とバラバラや(笑)

当日の天気はくもり時小雨、1日の降水量は4.0mm、日照時間0.1時間、最高気温23.6℃、最低気温18.0℃、平均風速1.5m、最大風速は東北東の風5.6m、最大瞬間風速は東北東の風8.7m。

【今回の使用タックルは3セット】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その2 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g、130g
                   フリーフリップ 100g、130g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g
              スープレックス 130g
              闘魂ジグV2 130g
      ダイワ     TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : シマノ オシアジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1・X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g、200g
                   フリーフリップ 130g、160g、200g
 ダミキジャパン スープレックス 160g、200g
              闘魂ジグV2 160g、180g
      テイルウォーク グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

最初のポイントについて手にしたロッドはスロージャーカー2オンスにコンクエスト300HGのタックルで、フリーフリップの200gをセットして投入。小峠さんはタイラバ、山田さんはジグ、船長は何を使ってたかな?

船中最初のヒットは山田さんで、フリーフリップでアマダイをヒットさせた。
小雨が降っていたしサイズもたいした事が無いので、面倒くさくて写真は撮らず(^_^;)
私はフリーフリップでボトムメインのスローな誘いにヒットしたのがレンコダイ、私は写真を撮って頂きましたが・・
続いて小峠さんはタイラバでレンコダイをヒットさせた。

エギング釣行記

フリーフリップでレンコダイ

エギング釣行記

小峠さんにもレンコダイがヒット

暫くジグを使っていたが200gのジグはしんどいのでタックルチェンジ、スパリッドマスター66Lにコンクエスト200HGに持ち替えて、タイラバの120gをボトムからクルクルクルと誘うと、ゴンッとアタッてホウボウがヒット。
続いてレンコダイもヒットした。
その後もタイラバでホウボウとレンコダイがヒットした。

エギング釣行記

タイラバでホウボウがヒット

エギング釣行記

タイラバでレンコダイ

しかしサイズは小さくパッとしないためポイントを大きく移動してアカミズ(アコウ)狙いに変更。
先ずは山田さんがアカミズをヒットさせる。
私はタイラバ用のタックルでリスキータイリスの60gをセット、ボトムからクルクルクル~ボトムまでフォール~クルクルクルと巻くとゴゴンッと強いアタリでフッキング。
ロッドが絞り込まれてグッドサイズの本命を確信する強い引きを楽しんで、取り込んだのは予想通りのアカミズでした(^_^)v
続いてリスキータイリスの80gに交換してクルクルクルと巻くと、ドンッと強いアタリでフッキング、先程のよりも強い引きでロッドが絞り込まれたが、何と痛恨のフックオフでバラシ(T_T)
その直後に小峠さんにもヒット、やはりグッドサイズのアカミズ

エギング釣行記

リスキータイリスでアカミズ(アコウ)がヒット

エギング釣行記

小峠さんにもアカミズがヒット

その後は目ぼしい釣果は無く早目に終了して帰港。 何だかんだで楽しめたプラで食材も確保出来ました。
タックルを車に積み込んで、今夜のロケスタッフとの打ち合わせの相談。
一旦別れてホテルへ戻り休憩、明日のロケで使用するタックルをセットして、今日使用したタックルのリーダーを結び直してセッティング完了。

夕食を兼ねた明日のロケの打ち合わせの店へ行くと、先に阿部船長、小峠さん、上畠さんが先に来ていて、少し遅れて後藤さん、そしてサンテレビのルアルアチャンネルのロケスタッフが集合、レポーターの河原さゆりさんもね(^_-)-☆
本日のメニューは、刺身がアカミズとレンコダイ、マイカ(ケンサキイカ)、ホウボウの煮付け、レンコダイの塩焼き、これらは本日と昨夜調達したマイカを加えたお魚料理になりました。
生ビールで乾杯、先ずは魚料理を頂いてから、玉子焼き、チャンジャ、鶏の唐揚げ、他にもいろいろあったけど控えるのを忘れた(^_^;)
明日のロケの打ち合わせで、決して飲み会ではありませんよ。

エギング釣行記

刺身はアカミズとレンコダイ、マイカ(ケンサキイカ)

エギング釣行記

ホウボウの煮付け

エギング釣行記

レンコダイの塩焼き

エギング釣行記

本日調達したお魚料理

エギング釣行記

明日のロケの打ち合わせ(飲み会ではありません)

出雲市3日目の6月26日(月)
サンテレビのルアルアチャンネルのロケの日

当日の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間7.3時間、最高気温27.6℃、最低気温17.6℃、平均風速3.3m、最大風速は東北東の風7.3m、最大瞬間風速は北東の風10.9m。

【今回の船に持ち込んだタックルは6セット】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その2 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その3 1スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g、130g
                   フリーフリップ 100g、130g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g
              スープレックス 130g
              闘魂ジグV2 130g
      ダイワ     TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その4 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : シマノ オシアジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g、200g
                   フリーフリップ 130g、160g、200g
      ダミキジャパン スープレックス 160g、200g
              闘魂ジグV2 160g、180g
      テイルウォーク グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

その5 ソルトキャスティング用
リール : ダイワ キャタリナ4000H
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1・X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド・ショックリーダー 40lb 3m
ルアー : エバーグリーン トゥルーダイバー170F
      スミス スーパーサージャー8cm、10cm
          サージャー10cm
      シマノ オシアペンシル115HS、115XS、150S、185F
          オシアペンシル別注平政145、160、190
      ダイワ ソルティガ ドラドペンシル ヒラマサチューン18F
          ソルティガ ドラドスライダー ヒラマサチューン18F


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダー 40lb

その6 ショアエギング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスラインエギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスラインエギングスーパーPEⅢWH 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 50m 1.75号

ホテルを出発して出雲市の宇龍港で今回お世話になる海人丸の安喰船長と合流。
タックルを船に積み込んでオープニングからロケ開始。
レポーターはさゆりんこと河原さゆりさん、地元の上畠さんにもお手伝いとして同船して頂いて出港。

エギング釣行記

今回お世話になった海人丸

エギング釣行記

海人丸で沖のポイントへ

エギング釣行記

主に使用した今回のタックル

最初のポイントは130mでタイラバとスロージギングで狙う。
私はスパリッドマスター66Lにコンクエスト300HGのタックルでタイラバの120g、さゆりんはスパリッドマスター68ULにタイラバの120gでスタート。
水深は130mで底取りをして船長が魚探の反応を見てタナを伝えてくれるので、指示タナまで巻き上げてはフォールを繰り返すと、最初に私にヒットしたのはウッカリカサゴ
続いてさゆりんにもヒットしたのもウッカリカサゴ
上畠さんはスロージギングで狙っていて、フリーフリップでヒットさせたのもウッカリカサゴ

少しポイントを移動してタイラバの120gを投入、私の狙いはマダイの大物なのでタナは少し上のレンジまで探るが、本命のアタリが出ない。
ここでは最初にさゆりんのタイラバにヒット、続いて私にもアタリがあり、上畠さんのフリーフリップにもアタリがありトリプルヒットとなり、ウッカリカサゴが3連発で上がって来た。
次のヒットも私のタイラバで今までとは重量感が違うのでデカウッカリかな?と思いながら巻き上げると何とヒラメの55cm、2.2kgだった。
続いてさゆりんにウッカリカサゴ、私にはアヤメカサゴがヒットした。

エギング釣行記

ウッカリカサゴがトリプルヒット

エギング釣行記

ヒラメの55cm、2.2kgがヒット

次のポイントは90m程と少し浅くなったので、私はタックルをスロージャーカー2オンスとコンクエスト300HGに持ち替えて、フリーフリップの160gを投入。
タイラバからスロージギングに変更すると、ボトムからのスローピッチ&フォールでウッカリカサゴがヒット。
さゆりんのタイラバにもウッカリカサゴがヒットした。
そして次はさゆりんに3連発でヒット
タイラバで最初はマハタ、次はアマダイ、そしてホウボウがヒットした。

エギング釣行記

さゆりんにアマダイがヒット

エギング釣行記

さゆりんにマハタがヒット

正午頃となり波と風が強くなって来たので、一旦帰港して昼食休憩にする。
この時点でウッカリカサゴ、ヒラメ、アヤメカサゴ、マハタ、アマダイ、ホウボウと6種目の魚が釣れている。

目標の5種目をオーバーしたので10種目に変更して、午後の部がスタート。
少しでも波と風が避けられるポイントを選んで入ってもらう。
水深は15m~25mの浅場で狙いはアカミズ(アコウ)、タックルはタイラバ用でリスキータイリスの60gをセットした。

先ずは私に磯ベラがヒット。
次にヒットさせたのは上畠さんで本命のアカミズ。 そしてさゆりんにも何度かアタリが出るが乗らずに空振りが続く、そしてヒットに持ち込んだのは本命のアカミズ
私にもアカミズがヒット。
更に伊達にガシ河原と呼ばれていないだけあり、さゆりんがガシラをヒットさせる。
続いてさゆりんにもアカミズがヒット。
そろそろデッカイのが出ても良い頃と思っていると、上畠さんにアカミズのグッドサイズがヒット。

エギング釣行記

さゆりんにアカミズがヒット

エギング釣行記

上畠さんにグッドサイズのアカミズがヒット

さゆりんにアタリが出て空振り、次のアタリも空振り、その次のアタリでヒット、3度目の正直でロッドが大きく絞り込むパワーは本命に間違いない。
取り込んだのはグッドサイズのアカミズ。
次もさゆりんにアカミズのグッドサイズがヒット。
更に続いてさゆりんにヒット、浮いて来たのは何と高級魚のクエ、もちろんアカミズも高級魚なのだが、クエの方がランクは上よね。

エギング釣行記

カメラマンにポーズ?

エギング釣行記

さゆりんにアカミズがヒット

エギング釣行記

さゆりんにアカミズが連発

エギング釣行記

さゆりんにクエがヒット

私にはアカミズのサイズが出ないと思っていると、上畠さんのインチクにアカミズのグッドサイズがヒット。
そして私にもやっと来ましたよ。
ボトムからクルクルクルでドンッとアタリが出てフッキング、ロッドを絞り込んで引きを楽しんで浮かせたのはグッドサイズのアカミズ

エギング釣行記

アカミズのグッドサイズがヒット

午後から荒れる天気予報であったが、朝からそこそこののた(うねり)があり、昼前から波と風が出て、午後からは予報通りの強い風と波も高くなり、放送では「大荒れになる前に帰りました」と、なっていたが、実際の帰港時は既に大荒れではと思ったよ(T_T)

帰港してエンディングの撮影も終わり、タックルを車に積んで現地で解散。
ホテルに戻ってタックルを水洗いして片付けて、汗を流して打ち上げの店へ。
ロケでお世話になった安喰船長と上畠さん、昨日にお世話になった阿部船長と私の4人で串カツ屋へ行き、先ずは生ビールでお疲れ様の乾杯。
飲み放題にして生ビールをおかわり、おかわり、・・・
ポテトフライ、ゴーヤチャンプルー、せせりポン酢、ソーセージ盛り合わせ、鶏の唐揚げ、鶏皮のスタミナガーリック焼き、もちろん串カツもいろいろとオーダー、トンペイ焼き。
ソースの二度漬けは禁止🈲やわ(^o^)
ずっと生ビールの人、麦焼酎の水割りの人、カルーアミルク、マンゴヤンミルク、ヨギミルクとかミルク系のカクテルを飲みまくってた人、楽しい美味しい打ち上げ♪
ちょっと反省するとこあったけど、まあ反省会にならんで良かった(^-^)v

エギング釣行記

ポテトフライ

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

せせりポン酢

エギング釣行記

ソーセージ盛り合わせ

エギング釣行記

鶏の唐揚げ

エギング釣行記

鶏皮のスタミナガーリック焼き

エギング釣行記

串カツいろいろ

エギング釣行記

トンペイ焼き

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

麦焼酎の水割り

エギング釣行記

阿部船長と上畠さん

エギング釣行記

阿部船長、上畠さん、私、安喰船長

2017年7月12日放送 第145回「杉原さんと出雲のタイラバ五目・前篇」
2017年8月9日放送 第149回「杉原さんと出雲のタイラバ五目・後篇」
ルアルアチャンネルの再放送はユニチカフィッシングランドから、又は番組のサイトからご覧頂けます。


出雲市4日目の6月27日(火)
本日は朝からホテルを出発して帰阪しました。


おまけ
ロケ当日に釣った魚は後日美味しく頂きました。
6月30日(金)はヒラメの昆布締め、ウッカリカサゴの刺身をわさび醤油とポン酢醤油で頂きました(^o^)
7月1日(土)はアカミズ(アコウ)の刺身と昆布締めをわさび醤油とポン酢醤油で頂きました。翌日から出掛けて食べれないので、少し寝かせる期間が短いと思いつつ・・・、やっぱり刺身は後1~2日寝かせると、もっと美味しくなったと思ったわ。 でも2日共美味しく頂きました(^з^)-☆

エギング釣行記

ヒラメの昆布締め、ウッカリカサゴの刺身

エギング釣行記

アカミズ(アコウ)の刺身と昆布締め

【今回の使用タックル】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g、130g
                   フリーフリップ 100g、130g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g
              スープレックス 130g
              闘魂ジグV2 130g
      ダイワ     TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

その4 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : シマノ オシアジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g、200g
                   フリーフリップ 130g、160g、200g
      ダミキジャパン スープレックス 160g、200g
              闘魂ジグV2 160g、180g
      テイルウォーク グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

その5 ソルトキャスティング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・オーシャンハンター77
リール : ダイワ キャタリナ4000H
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダー 40lb 3m
ルアー : エバーグリーン トゥルーダイバー170F
      スミス スーパーサージャー8cm、10cm
          サージャー10cm
      シマノ オシアペンシル115HS、115XS、150S、185F
          オシアペンシル別注平政145、160、190
      ダイワ ソルティガ ドラドペンシル ヒラマサチューン18F
          ソルティガ ドラドスライダー ヒラマサチューン18F

その6 ショアエギング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ