HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年8月29日〜9月3日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年8月29日〜9月3日

沖縄県での出張&取材(1)

沖縄県の沖縄本島へ出張と取材のスケジュールで、8月29日(火)から9月3日(日)の日程で行って来た。

8月29日(火)沖縄出張初日
那覇空港へ着いてレンタカーでお仕事開始。
昼食は食堂でなんこつソーキそばの大、久し振りのソーキそばは美味しいね(^_-)-☆

エギング釣行記

なんこつソーキそば大

そして夜はミーティングや
別の言い方やと飲み会とも言うらしい(-_-)
集合した店は初めての居酒屋で、メンバーは屋比久さん、亀谷夫妻、運天さん、仲本さん、私で、先ずは生ビールで乾杯。
ビールの次は泡盛となる流れだが、初めて見たまさひろラウンジ(まさひろ酒造)
これはでーじ美味しいさぁ~(^O^)/
この日の料理は、刺身はタマン、マグロ、サワラ、手作り水餃子、辛いウインナー串、厚切りベーコン串、ソーメンチャンプルー、ゴーヤチャンプルー
〆は予約してくれた常連のおすすめの麻婆豆腐まぜそば(ジャージャー麺)
以上、美味しく頂きました。

エギング釣行記

生ビールとつきだし

エギング釣行記

刺身はタマン、マグロ、サワラ

エギング釣行記

手作り水餃子

エギング釣行記

辛いウインナー串

エギング釣行記

まさひろ酒造と言えばこの人

エギング釣行記

泡盛は初めて見た、まさひろラウンジ(まさひろ酒造)

エギング釣行記

厚切りベーコン串

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

麻婆豆腐まぜそば(ジャージャー麺)

この時点でてっぺん(゜o゜)
2人が帰って残りの4人で次の店へ
憩いや46(いこいや しろ)で城間さん(釣女会)の店へ初めて行ったね。
泡盛は、海人(まさひろ酒造)を水割りで、そしてソーメンチャンプルーも頂きました。
ホテルへ戻りベッドに入ったのが4時、今朝は5時起きやから都合23時間起きてるさぁ~(T_T)/~~~

エギング釣行記

泡盛は海人(まさひろ酒造)の水割り

エギング釣行記

水割りは琉球グラスで

エギング釣行記

ソーメンチャンプルーも頂いた

エギング釣行記

私が帰るまで居たメンバー

8月30日(水)沖縄出張2日目もお仕事の日
朝からレンタカーで走り回ってお仕事。
昼食は軟骨ソーキそばセット、
内容はと言えば、軟骨ソーキそば、とんかつ、ごはんでこのセットを食べました。

エギング釣行記

軟骨ソーキそば、とんかつ、ごはんのセット

ここで沖縄あるある!
ネタや無いで、ホンマの話(^o^)
この日の昼食に入った店での事
50代位の夫婦(と思う)の観光客っぽい方の注文
①ソーキそばセット
②トーフチャンプルー
③骨汁
以上の3点、分かりますね(゜o゜)
店員さんから大丈夫かと聞かれていたのに、意味を理解していなかったんだと思うけど、そのままGO
テーブルに並んだのは、
ソーキそば、とんかつ、トーフチャンプルー、骨汁、ごはん、ごはん、ごはん
先に店を出たから結果は見ていないけど、まさかの完食やったりして(-_-)

午後からのお仕事を片付けてホテルへ行き、夕食はひとりでいつもの居酒屋へ。
先ずは生オリオンビール
食べたのは、島らっきょうの天ぷら、名護産羽地鶏(さくら)のにんにく焼(ハイケイ)、豚しゃぶサラダ、もずくのヒラヤーチー、泡盛はキープしているくらブラックを水割りにして頂きました。

エギング釣行記

オリオンの生ビールからやね

エギング釣行記

島らっきょうの天ぷら

エギング釣行記

名護産羽地鶏(さくら)のにんにく焼(ハイケイ)

エギング釣行記

くらブラック(泡盛)のボトルで水割り

エギング釣行記

豚しゃぶサラダ

エギング釣行記

もずくのヒラヤーチー

8月31日(木)沖縄出張3日目もお仕事の日
この日の昼食はきっちり煮込んだソーキが乗った、ソーキそばの大を食べました。

エギング釣行記

ソーキそば大

エギング釣行記

ソーキはきっちり煮込んでたね

今夜の夕食もひとり居酒屋の沖縄ナイト
先ずは生オリオンビール、刺盛の小潮はマグロ、イカ、タコ、島とうふサラダの小、ゴーヤチャンプルー、生オリオンビールおかわり、ヒラヤーチーを頂きました。

エギング釣行記

生オリオンビール

エギング釣行記

刺盛の小潮はマグロ、イカ、タコ

エギング釣行記

島とうふサラダの小

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

生オリオンビールおかわり

エギング釣行記

ヒラヤーチー

9月1日(金)沖縄出張4日目は、おきなわ釣王国の取材釣行の日
早朝にホテルを出発して集合場所のうるま市の南原漁港へ。
メンバーは宮城さん、小形さん、嘉数さん、高瀬さん(午前中のみ)、私とおきなわ釣王国のスタッフで、タックルをセットして上原船長のボートフィッシング海屋で出港。

当日の天気は晴時々くもり、1日の降水量は1.0mm、日照時間は8.4時間、最高気温33.6℃、最低気温26.4℃、平均風速3.4m、最大風速は北北東の風6.4m、最大瞬間風速は北の風8.7m。

【ボートに持ち込んだタックルは4セット】

ルアーのライトキャスティング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・ラッシュジャーク75
リール : シマノ ヴァンキッシュ4000HG
ライン : ユニチカ ショアゲームPE X8 1号 200m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 25lb 2m
ルアー : スミス ベイブル70S、90S、90HS
          チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
          メタルフォーカス18g、28g
      エバーグリーン マービー70、90
      ダミキジャパン 闘魂ジグ20g
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ショアゲームPEX8の1号

エギング釣行記

ラインカラーはスーパーホワイトで25m毎のマーク付

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFCの25lb

ルアーのライトキャスティング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・レーザーキング86
リール : ダイワ シマノ ステラ3000HGM
ライン : ユニチカ ショアゲームPE X8 0.8号 200m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 2m
ルアー : スミス ベイブル70S、90S
チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
メタルフォーカス18g、28g
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ショアゲームPEX8の0.8号

エギング釣行記

ラインカラーはスーパーホワイトで25m毎のマーク付

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lb

エギングのキャスティング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.5号 210m
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスラインエギングスーパーPEⅢWH 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 50m 1.75号

エギングのディープ用
ロッド : スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ   エギエスツーβ 3.5N
シンカー 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1 X8の0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lb

エギング釣行記

キャスラインエギングリーダーⅡ 3号

港を出港しての移動中、ホワイトビーチ沖には軍や自衛隊の船がいっぱい見えたね。

エギング釣行記

軍や自衛隊の船①

エギング釣行記

軍や自衛隊の船②

ポイントについて本日の釣りがスタート。
最初はラッシュジャーク75にヴァンキッシュ4000HGのタックルで、お気に入りのベイブル70Sをセットしてキャスト開始。ボトムまで、又はボトム近くまでフォールさせてから、ロッド操作でリフト&フォールさせてアプローチするが、ホワイトカラーのショアゲームPEX8は見やすく、8本編みで滑りも抜群で飛距離は1号を使用していて、4本編みの0.8号を使用していた頃と余り変わらない。
最初にヒットさせたのは私、ベイブルのイワシでクチナジ
次は嘉数さんがニジハタ、そして私がベイブルのオレンジゴールドでビタロー、小形さんがスプーンでムルーをヒットさせた。
高瀬さんがスプーンでシロブチハタ、私はベイブルのオレンジゴールドでシロブチハタ、更に高瀬さんがシロブチハタをヒットさせた。

エギング釣行記

ベイブルにクチナジがヒット

エギング釣行記

ベイブルでビタローがヒット

エギング釣行記

小形さんがスプーンでムルー

エギング釣行記

高瀬さんがシロブチハタをヒットさせた

エギング釣行記

ベイブルでシロブチハタ

そして本命であるタマンを小形さんがシンキングペンシルでヒットさせた。
続いて嘉数さんにヒット、小形さんにもヒットしてダブルヒット、嘉数さんにはタマン、小形さんにヒットした奴はドラグを鳴らして走り回り、取り込みに時間を要したが上手くあしらって取り込んだのはジキランカーハジャー(ゴマモンガラ)
更に小形さんはヤマトビーをヒットさせる。

エギング釣行記

小形さんがタマンをヒットさせた

エギング釣行記

嘉数さんもタマンをヒットさせる

エギング釣行記

小形さんにジキランカーハジャー(ゴマモンガラ)

そして次の本命魚のアカジンをヒットさせたのはワタシ。
ベイブルのカタクチにヒットして来た。
直後に嘉数さんにもバイブレーションでアカジンがヒット。
ベイブルのカラーをオレンジゴールドに交換してヒットさせたのは、待望のタマンの55cmで久し振りの強いファイトが楽しめた。
早目に港へ戻り昼食休憩、ここで高瀬さんが残念ながらの早上がりとなった

エギング釣行記

ベイブルでアカジンがヒットした

エギング釣行記

嘉数さんもバイブレーションでアカジン

エギング釣行記

次はタマンがベイブルにヒット

エギング釣行記

55cmのタマン

午後の部は小形さんと嘉数さん、私の3人でスタート。
最初は嘉数さんにエソがヒット。
そして小形さんに大物がヒットした。
強いファイトでロッドを絞り込んだのは、タカバーミーバイ(ツチホゼリ)。
更に次の大物がロッドを絞り込んだ。
取り込んだのはタマンの60cmである。
宮城さんにも何やらヒットしたが、ネットに入ったのはコバンザメ

エギング釣行記

小形さんにタカバーミーバイがヒット

エギング釣行記

小形さんに次の大物がヒット

エギング釣行記

タマンの60cmが小形さんにヒットした

エギング釣行記

宮城さんにコバンザメがヒット

リーフエッジでは大きなうねりがあり、ポイントが限定され私には大物のヒットが無かったが、全体ではまずまずのヒットがあり楽しんで帰港。
タックルを片付けて現地で解散してホテルへ戻ります。

ホテルで汗を流して夕食は居酒屋へ
先ずは釣りの後であり、風呂上りでもあるので生オリオンビールをプハァ~(^O^)/
ソーメンチャンプルー、もずくの天ぷら、中味にんにく炒めを頂きました。
ビールの次は泡盛の水割りですが、キープしてたボトルを飲み干したから、新たにくらブラック古酒を1本入れときました。
明日も取材釣行やから、このへんでおひらきにしました。

エギング釣行記

先ずは生オリオンビール

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

もずくの天ぷら

エギング釣行記

中味にんにく炒め

エギング釣行記

くらブラック古酒を水割りでね

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ