HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年9月21日〜9月24日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年9月21日〜9月24日

ルアルアチャンネルのロケin島根県Vol.2(1)

サンテレビのルアルアチャンネルのロケのために、9月21日(木)から24日(日)の日程で島根県出雲市へ行って来た。

9月21日(木)の朝に出発して高速道路で出雲市へ向かう。
途中の蒜山S.A.で休憩、昼食はデミから定食(デミカツと唐揚げのセット)を頂きました(^_^)
そしてユニチカマスコットガールの松田莉奈とマネージャーを迎えに出雲空港へ行き、予定通り合流してホテルへ。

エギング釣行記

昼食はデミから定食(デミカツと唐揚げのセット)

エギング釣行記

出雲縁結び空港

ホテルの部屋にはタックルを持ち込んでセッティング。
自分用はタイラバとスロージギング、ライトジギングで5セット、莉奈ちゃん用はタイラバタックルを1セットで、ロッドにリールをセットしてラインを通してリーダーにリングかスナップを結んで、全てのセッティングが完了。

ロケのスタッフが到着して明日の打ち合わせを兼ねて夕食は海鮮居酒屋へ。
先ずは生ビールとソフトドリンクで乾杯。
料理はオーダーして出来た順に出て来たが、最初に松江おでん盛り合わせ、次は猛者海老で運ばれて来たコンロに乗せて自分で焼く。
刺身は山陰三昧盛り のどぐろ、白いか、生さばとよこわ、磯のり入り出汁巻き玉子、青さのりのサラダ、極厚油あげの炙り焼き、奥出雲ポーク炙りねぎポン酢、大山鶏の黒胡椒焼き、カニ入り出汁巻き玉子を頂いて、日本酒は島根の地酒の七冠馬(ななかんば)純米吟醸を頂きました。
莉奈ちゃんとちゃこちゃんはご機嫌にポーズを取ってくれました(^O^)
これにて終了、ご馳走さまでした(^з^)-☆

エギング釣行記

松江おでん盛り合わせ

エギング釣行記

猛者海老が来ました

エギング釣行記

猛者海老は自分でコンロに乗せて焼く

エギング釣行記

刺身は山陰三昧盛り のどぐろ、白いか、生さば

エギング釣行記

よこわの刺身

エギング釣行記

磯のり入り出汁巻き玉子

エギング釣行記

青さのりのサラダ

エギング釣行記

極厚油あげの炙り焼き港

エギング釣行記

奥出雲ポーク炙りねぎポン酢

エギング釣行記

大山鶏の黒胡椒焼き

エギング釣行記

日本酒は島根の地酒 七冠馬(ななかんば)純米吟醸

エギング釣行記

カニ入り出汁巻き玉子

エギング釣行記

第18代ユニチカ・マスコットガールの松田莉奈ちゃん

エギング釣行記

莉奈ちゃんとちゃこちゃん

エギング釣行記

明日のロケ前の莉奈ちぉん その1

エギング釣行記

明日のロケ前の莉奈ちぉん その2

エギング釣行記

莉奈ちゃんとちゃこちゃんはノリノリ

と、終了した筈ですが、
某レポーターさんが・・・
某ディレクターさんが・・・
飲み足りないとかなんとか・・・
で、二次会も居酒屋へ
出雲地方の地酒を頂きます。
月山 純米吟醸、出雲富士 特別純米、天穩 純米吟醸、旭日 純米吟醸、ヤマサン正宗 純米吟醸 五百万石、これだけは少しずつ全員で頂きました。
食べたのは、イカの塩辛、宍道湖産しじみの酒蒸し、うなぎの白焼き、青のり?、〆に出雲そばでした。
これで本当に終了してホテルへ引き上げました。

エギング釣行記

出雲地方の地酒をいろいろと頂きました

エギング釣行記

宍道湖産しじみの酒蒸し

エギング釣行記

うなぎの白焼き

エギング釣行記

青のり?

エギング釣行記

〆に出雲そば

出雲市2日目の9月22日(金)
サンテレビのルアルアチャンネルのロケの日
ホテルを出発して出雲市の宇龍港で今回お世話になる海人丸の安喰船長と合流。
タックルを船に積み込んでオープニングのロケから開始。
第18代ユニチカ・マスコットガールの松田莉奈、番組レポーターは釣女ちゃこ、そしてユニチカ・プロスタッフの私の3人で、タイラバとスロージギングで釣れる魚は何でも釣ろうです。

エギング釣行記

出雲市宇龍港の海人丸

エギング釣行記

出雲市宇龍港の海人丸

当日の天気はくもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間りるの時間、最高気温26.2℃、最低気温16.1℃、平均風速1.7m、最大風速は北東の風3.6m、最大瞬間風速は東北東の風4.9m。

【今回のロケで自分用に用意したタックルは5セット。】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 60g、80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その2 ライトジギング用
ロッド : バーグリーン スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g
                   フリーフリップ 100g
      ダイワ TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-1.5
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g、130g
                   フリーフリップ 100g、130g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その4 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g
                   フリーフリップ 130g、160g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g、160g
              スープレックス 130g、160g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その5 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : シマノ オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 3号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 160g、200g
                   フリーフリップ 160g、200g
      ダミキジャパン スープレックス 160g、200g
              闘魂ジグV2 150g、180g
      テイルウォーク グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 3号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

【松田莉奈のタックル】

タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : テイルウォーク エラン・VTN 81R
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス 80g、100g
              遊動式ビッグマウス 80g、100g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

【釣女ちゃこのタックル】

タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-68UL/MLST
リール : ベイトリール
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : タイラバ 75g、90g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

タックルを船に積み込んでオープニングの撮影、そして出港して最初のポイントへ。 水深は100m以上で深いポイントで、タイラバ用のスパリッドマスター66Lにタイラバは120gをセットして投入。
解説しながらボトムまで落とし込んでクルクルクルと巻き上げて、アタリが無ければボトムまで落とし込んでクルクルクルを繰り返す。
ボトムから巻き始めてすぐにゴンッとアタリが出てウッカリカサゴがヒット。
続いてのヒットもボトムからクルクルクルでゴンッと強いアタリでフッキング。
ロッドが絞り込まれて少しドラグが鳴ってラインが引き出される。
ロッドに伝わるのはゴンゴンゴンと首を振って下へ走る引きで、本命のマダイに間違いない(^O^)
行き成りのクライマックスとなるのか・・・
浮いて来たのは予想通りのマダイで65cmとまずまずのサイズ(^_^)v
続いてちゃこのタイラバにもヒット、こちらも本命のアカミズ(アコウ)
そして莉奈ちゃんのタイラバにもヒット、浮いて来たのはウッカリカサゴ
更に続いてアカミズもヒット。
私はタックルをライトジギング用に用意したスパリッドマスター70に100gのジグをセットして、ボトムからクルクルクルとタイラバの様に巻き上げメインのアクションで狙うと、これが正解でマハタがヒット、更にマハタを追加、そしてタイラバでもアカミズをヒットさせて、一旦港へ戻って昼食休憩。

エギング釣行記

私にマダイの65cmがヒット

エギング釣行記

ちゃこにアカミズがヒット

エギング釣行記

莉奈ちゃんにはウッカリカサゴ

エギング釣行記

莉奈ちゃんはアカミズもヒットさせた

エギング釣行記

私にマハタがヒット

昼食を済ませて午後の部は沖では無く、磯に近い浅場でタイラバでのアカミズ狙い。
最初のヒットはちゃこでタイラバでヒットさせたが、ロッドが大きく弧を描いてティップが水中に引き込まれる強い引き!
本命のアカミズに間違いない。
無事に取り込んだのはグッドサイズのアカミズ
このヒットで盛り上がり、テンションもアゲアゲでタイラバを投入してクルクルクルと巻くが、何故だか反応が無い(^_^;)
もしかしたらタイラバよりジグの方に反応するのではと思って、スロージャーカー1.5オンスにフリースローの100gをセットして投入。
ボトムからのアクションはハンドルを1/4~1/2回転巻いて、軽くティップを曲げる程度の小さなピッチでのアクションで、巻きからの僅かなフォールでのアタリが出てヒット(^_^)v
これがヒットパターンかと思って繰り返すと、連続でアカミズがヒットした。
僅かなアタリが出てもフッキングしない事もあったが、何度か同じアクションで狙うと何度目かにヒットする事も有り、追い掛けて来ているのかタイラバに対する反応よりも明らかに反応が良い感じがした。

エギング釣行記

ちゃこにアカミズ(アコウ)がヒット

エギング釣行記

グッドサイズのアカミズ(アコウ)で盛り上がる

エギング釣行記

ジグでアカミズ(アコウ)がヒット

エギング釣行記

今回のタックル

実釣ロケを終了して帰港、エンディングも撮り終えてロケは無事に終了。
タックルを片付けて現地にて解散。
莉奈ちゃんとマネージャーさんを出雲空港へ送り届けて全て終了しました。

今回のロケは2017年12月13日に放送されました。
第167回「杉原さん&松田莉奈ちゃんと出雲の根魚五目」
ルアルアチャンネルの再放送はユニチカフィッシングランドから、又は番組のサイトからご覧頂けます。

出雲空港からホテルへ戻って汗を流して夕食に集合場所の居酒屋へ。
無事にロケが終了してお世話になった船長やいつものメンバーと打ち上げ兼ミーティング(笑)
メンバーは安喰船長、阿部船長、森山船長、上畠さん、兵庫さん、伊藤さん、後藤さんと私で、先ずは生ビールで乾杯。
マダイの刺身、あわびの塩辛、アカミズの煮付け、アカミズの酒蒸し、鶏の唐揚げ、ホルモンのピリ辛炒め、ポテトフライ、麦焼酎の千亀女は水割りで、島根ワインの葡萄神話は島根県産葡萄100%用で美味しく頂きました。
マダイは予想に反して脂が乗って全員が美味しいと言って完食でした。
ロケ中に釣った65cmのマダイの刺身ですが、実はロケを終了して港へ戻った時に上畠さんが来ていて、今夜のミーティングの食材を引取って行ったのだ。私が釣ったマダイとアカミズを何匹か居酒屋へ前以って持ち込んで料理して頂いたのだが、お土産の魚を全部持って行かれたので、みんなで食べて美味しいのだが、明日にお土産が獲れないと・・・(^_^;)

エギング釣行記

ロケ中に釣った65cmのマダイの刺身

エギング釣行記

あわびの塩辛

エギング釣行記

アカミズの煮付け

エギング釣行記

マダイの刺身とアカミズの煮付け、あわびの塩辛

エギング釣行記

鶏の唐揚げ

エギング釣行記

ホルモンのピリ辛炒め

エギング釣行記

ポテトフライ

エギング釣行記

麦焼酎の千亀女

エギング釣行記

アカミズの酒蒸し

エギング釣行記

島根ワインの葡萄神話

エギング釣行記

島根県産葡萄100%使用の出雲ワイン

これにて一次会が終了ですが、このメンバーだと二次会に流れるのがいつものパターンで、安喰船長、阿部船長、森山船長、伊藤さん、後藤さんと私の6人で餃子屋へ行きました。
餃子と焼飯、ビールを飲んでやっと解散となりました(T_T)/~~~

エギング釣行記

二次会は6人で餃子屋へ

エギング釣行記

取り敢えずビール

エギング釣行記

取り敢えず餃子

エギング釣行記

それと炒飯

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ