HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年11月2日〜3日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年11月2日〜3日

和歌山県の串本でカワハギ釣りVol.1

11月2日(木)は休みを取り朝から運転免許証更新に行って、終わってからは船舶免許更新の手続きをして、高速に乗って出発。
行先は和歌山県の串本(^O^)
今回は11月2日(木)~3日(金)の日程で串本釣行です。

串本には夕方に到着、ホテルにチェックインしてのんびりとしてから、夕食は1人で串本ナイトで顔見知りのマスターの居酒屋へ。
先ずは生ビール。
刺身は盛り合わせにしてもらってメバチと炙りしめ鯖、サービスでカツオもね(^_^)
キビナゴ丸干し
日本酒は潮岬 吟醸酒 尾崎酒造 和歌山県
続いて住吉 銀 超辛口+7 山形県
豆腐とミニトマトの海藻サラダ
厚あげは揚げたてホクホク、ポン酢で頂きました
次の日本酒は太平洋 尾崎酒造 和歌山県
まぐろカツ
更に日本酒 限定 斗瓶囲い 清酒 純米酒 雫取り
調子に乗って飲み過ぎ模様、ふらりふらりとしながらホテルに引き上げましたヽ(^。^)ノ

エギング釣行記

居酒屋よしくに

エギング釣行記

先ずは生ビール

エギング釣行記

刺身はメバチ、炙りしめ鯖、サービスのカツオ

エギング釣行記

キビナゴ丸干し

エギング釣行記

日本酒は潮岬 吟醸酒 尾崎酒造 和歌山県

エギング釣行記

次の日本酒は住吉 銀 超辛口+7 山形県、マスターがチラッ

エギング釣行記

豆腐とミニトマトの海藻サラダ

エギング釣行記

厚揚げは揚げたてホクホク、ポン酢で

エギング釣行記

次の日本酒は太平洋 尾崎酒造 和歌山県

エギング釣行記

まぐろカツ

エギング釣行記

日本酒 限定 斗瓶囲い 清酒 純米酒 雫取り

11月3日(金)は、串本の河田フィッシングの第八河田丸で河田船長にお世話になりました。今シーズン最初のカワハギ釣りです(^_^)

当日の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0.5mm、日照時間7.3時間、最高気温22.8℃、最低気温14.7℃、平均風速4.1m、最大風速は西の風8.3m、最大瞬間風速は西の風11.1m。

【用意したタックルは2セット。】

カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : 自作
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

5時40分に串本港に集合、坂本さんと合流して他に2人のお客さんと出船。
船の水温計を見ると海水温は以下の通り。
串本湾内 白灯台先端 21.9℃
白灯台~串本大橋手前 21.3℃
串本大橋下 21.1℃
カワハギポイント 22.0℃

ポイントに着いてタックルはMSダンサー61にニューバルケッタ200HG、キャスライン・エギングスーパーPEⅢWHの0.8号にミニショックリーダー16lb、仕掛けはオーナーのツインカワハギのLにシンカーをセットしてエサをつけて投入、ボトムから少し切ったタナでステイ、アタリが来なければ誘いを掛けたり、仕掛けを上げたり下げたりしてアタリが来るタナを探す。
そしてボトムから少し上げたタナで最初のアタリでフッキング、良く走る魚で串本では初めてお目に掛かるナンヨウカイワリ

エギング釣行記

ナンヨウカイワリがヒット

エギング釣行記

40cmオーバーのナンヨウカイワリ

本命のアタリが少なく厳しい状況が続いて何度かポイント移動。
マグロの養殖業者さん達が作業してるので見ていると、マグロの養殖生簀を2つ繋げて(ダイバーが潜って作業)、中のマグロを移動させる作業との事。
生簀の中には約700匹のマグロが入ってるんやて(゜o゜)
マグロの群れがドドド~と移動するのは圧巻やね。⇒写真撮れなかった(T_T)

エギング釣行記

マグロの養殖生簀を2つ連結して

エギング釣行記

ダイバーが潜って連結を確認

エギング釣行記

生簀の網を持ち上げて

エギング釣行記

隣の生簀へマグロを移動させる

エギング釣行記

これだけ生簀を持ち上げるとほぼ完了

本命のカワハギは坂本さんがヒットさせるが、私にはアタリが来ても掛けられず(^_^;)
同船の2人もポロポロとヒットさせているが、本調子とは言えず厳しい状況。
やっと掛けてもテンスでリリース。
何とか掛けたのはなかなかの引きで慎重に浮かせて取り込んだのは、本命のカワハギサイズは34cmと自己記録更新サイズ(^O^)/
その後もポロポロと坂本さん達は掛けるが、私はボロボロでした(T_T)
釣りを終えて帰港してタックルを片付けて、そのまま帰路に着きました。

エギング釣行記

坂本さんに本命のカワハギ

エギング釣行記

テンスが釣れたけどリリース

エギング釣行記

釣れたカワハギは34cmで記録更新(^_-)-☆

エギング釣行記

坂本さんにグッドサイズのカワハギ

エギング釣行記

同船した方々との釣果

エギング釣行記

仕掛けはオーナーのツインカワハギL

エギング釣行記

河田フィッシングさんにお世話になりました

おまけ
渋滞に巻き込まれる事も無く自宅に帰り着いて、釣れたナンヨウカイワリとカワハギを捌いて刺身にして、カワハギは昆布締めにもして保存 ⇒ 明日のお楽しみ(^O^)
そして夕食でナンヨウカイワリの刺身はわさび醤油で食べると、シマアジっぽい美味さでビックリやわ(^O^)/
姿が似てるから味も似てるのかな。
カワハギの刺身はいつも通りに肝青じそドレッシングとポン酢醤油、肝醤油の3種類で食べたけど、安定の美味さやね。
翌日は1日寝かせたナンヨウカイワリの刺身と昨日に仕込んだカワハギの昆布締め、今日の方がナンヨウカイワリの刺身は旨味が出て、もっと美味しくなってる(^o^)
カワハギの昆布締めもウマウマやね。

エギング釣行記

ナンヨウカイワリとカワハギの刺身

エギング釣行記

肝青じそドレッシングと肝醤油用の肝

エギング釣行記

カワハギは肝青じそドレッシングとポン酢醤油、肝醤油の3種類で食べる

エギング釣行記

ちょっと贅沢なビールもね

エギング釣行記

1日寝かせたナンヨウカイワリの刺身とカワハギの昆布締め

【今回の使用タックル】

その1 カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号

その2 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : 自作
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ