HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2017年11月18日〜19日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2017年11月18日〜19日

和歌山県の串本でカワハギ釣りVol.2

11月18日(土)~19日(日)に和歌山県の串本へカワハギを釣りに江口さんと弓削さんと一緒に行って来た。
串本港で安井さん夫妻と合流、金澤さんを含めて6人で河田フィッシングで河田船長の第八河田丸に乗りカワハギ釣りである。

当日の天気は雨時々くもり、1日の降水量は47.5mm、日照時間0.1時間、最高気温13.9℃、最低気温11.0℃、平均風速4.3m、最大風速は北北西の風7.1m、最大瞬間風速は北北西の風12.0m。

6時30分に出港、朝から雨が降り途中で大雨の時間もあるような天気予報にテンションが下がるが、タックルを用意しながらポイント到着。
用意したタックルは2セット。

カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

ポイントに着いてタックルはMSダンサー61にニューバルケッタ200HG、キャスライン・エギングスーパーPEⅢWHの0.8号にミニショックリーダー16lb、今日の仕掛けは自作で針をセットしてエサをつけて投入、ボトムから少し切ったタナでステイ。 アタリが来なければ誘いを掛けたり、仕掛けを上げたり下げたりしてアタリが来るタナを探すのは何時ものパターンだが重要。

ST‐メタルB‐510に炎月CT 101PG、ラインとリーダーのセッティングはおなじで、仕掛けはオーナーのツインカワハギのLのタックルと使い分けをしながらカワハギを狙ったが、強く降る雨に戦意喪失にもなりつつ何とか5匹のカワハギをヒットさせて、最大は29.5cmだった。
最大は金澤さんが釣った30.5cm、釣りをしている時間帯は雨が強く降ったりしたので、今回は写真を撮る事が出来なかった(T_T)
全員で本命のカワハギ、ウマヅラハギ、アイゴ、オオモンハタ、チャリコ、ハリセンボン、ロクセンフエダイ(沖縄ではビタロー)、キタマクラが釣れて、帰港する頃になって雨が止みました。

エギング釣行記

串本 本日の釣果

エギング釣行記

オーナーのツインカワハギ

エギング釣行記

河田フィッシングの川田船長にお世話になりました

港に戻ってタックルを一旦片付けて、昼食を食べに行きます。
しかし何を食べたのか控えていないので忘れてしもた(^_^;)

のんびりとして夕食は坂本さん、江口さん、弓削さんと一緒に居酒屋へ。
生ビールはエビスで乾杯からの麦焼酎の水割りです。
つきだしはサザエ煮、お造りの盛り合わせはカンパチ、カジキマグロ、サワラ、ヨロリ、マグロ、イカ、ヒラメ、サザエの豪華版、豆腐サラダ、鶏の唐揚げ、だし巻き玉子、牛スジ煮込み、さつま赤鶏タタキ、なす田楽、ヘレカツを頂きました。

エギング釣行記

エビス生ビールとサザエ煮

エギング釣行記

お造りの盛り合わせ

エギング釣行記

豆腐サラダ

エギング釣行記

鶏の唐揚げ

エギング釣行記

だし巻き玉子

エギング釣行記

牛スジ煮込み

エギング釣行記

さつま赤鶏タタキ

エギング釣行記

なす田楽

エギング釣行記

ヘレカツ

11月19日(日)も串本の河田フィッシングの河田船長の第八河田丸でカワハギ釣り。
メンバーは江口さん、弓削さん、安井さん夫妻と私で、この日は雨の心配が無いものの、朝の冷え込みが厳しく風も強くなる予報が出ている。

当日の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間9.3時間、最高気温12.3℃、最低気温7.5℃、平均風速5.0m、最大風速は西北西の風11.5m、最大瞬間風速は西北西の風18.9m。

タックルは昨日と同じ2セット、ポイントに着いて最初はMSダンサー61にニューバルケッタ200HG、キャスライン・エギングスーパーPEⅢWHの0.8号ミニショックリーダー16lb、仕掛けは自作で針をセットしてエサをつけて投入。

もう1セットのST‐メタルB‐510に炎月CT 101PG、ラインとリーダーのセッティングはおなじで、仕掛けはオーナーのツインカワハギのLと昨日と全く同じセッティング。

昨日に47.5mmの纏まった雨が降り、朝の冷え込みは厳しく風も冷たくて強い条件の為か、アタリが無くエサも取られないポイントでは、すぐに移動のランガンスタイル。
しかし寒いしアタリは無いしで心が折れそうになりながら、何とか3匹のカワハギをヒットさせて何とトップ(^_^;)
帰港してタックルを片付けて昼食を食べに行き、豚骨ラーメンと炒飯セットを頂きました。 昼食後にお土産のひもの屋へ寄ってから帰阪しました。

エギング釣行記

安井さんの奥さんにカワハギ

エギング釣行記

ロクセンフエダイ(沖縄ではビタロー)

エギング釣行記

弓削さんがカワハギをヒットさせた

エギング釣行記

私も何とかカワハギをヒットさせた

エギング釣行記

本日のメンバー(アレッ1人足りない)

エギング釣行記

昼食は豚骨ラーメンと炒飯セット

おまけ
自宅に帰り着いて釣ったカワハギを捌いて刺身にして、昆布締めにもして保存 ⇒ やっぱり明日のお楽しみ(^O^)
夕食でカワハギの刺身は我が家では定番の、肝青じそドレッシングとポン酢醤油、肝醤油の3種類で食べたけど、安定の美味さやね。
翌日は昨日に仕込んだカワハギの昆布締めを黒はんぺん焼きと一緒に頂きました。

エギング釣行記

カワハギの刺身

エギング釣行記

肝青じそドレッシングとポン酢醤油、肝醤油の3種類が定番

エギング釣行記

カワハギに肝醤油をたっぷりとつけて

エギング釣行記

カワハギに肝青じそドレッシングをたっぷりと

エギング釣行記

1日寝かせたカワハギの昆布締め

エギング釣行記

昆布が効き過ぎやけど美味い

エギング釣行記

カワハギの昆布締めと黒はんぺん焼き

【今回の使用タックル】

その1 カワハギ用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・MSダンサー61
リール : シマノ  ニューバルケッタ200HG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号

その2 カワハギ用
ロッド : カンジインターナショナル ST‐メタル B‐510
リール : シマノ 炎月CT 101PG
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 0.8号 210m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 50cm
仕掛け : オーナー ツインカワハギL
      自作
シンカー: 8号~10号
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ