HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年4月19日〜23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年4月19日〜23日

沖縄エギングツアー!(2)

4月21日(土)沖縄3日目
昨日同様にホテルで朝食を食べて出発だが、弓削さんと小早川さんが先に出発、残りのメンバーで出発しようとしたら何とレンタカーがパンクをしている(T_T)
しかし車の扱いには慣れた者ばかりなので、素早くスペアタイヤと交換して出発、昼食の弁当を買って港へは少し遅れて到着。
早々にタックルを積み込んで出港、今日もキャプテンズオキナワの新崎船長の善栄丸でディープエギングに沖へ出る。

エギング釣行記

今日もキャプテンズオキナワの善栄丸

エギング釣行記

これは誰?

エギング釣行記

キャプテンズオキナワの新崎船長

当日の名護の天気はくもり、1日の降水量は0mm、日照時間0.2時間、最高気温25.5℃、最低気温20.4℃、平均風速3.4m、最大風速は東南東の風6.3m、最大瞬間風速は南東の風10.3m。

本日の席順は昨日の釣果の悪い者から選んで決めたが、ミヨシから浅井さん、弓削さん、小早川さん、杉原、伊藤さん、大塚さん、高橋さんと並んだ。

出港して暫く走ってポイントに到着、昨日とは全く違うエリアからスタート。
タックルは昨日と同じで、今日は上にエギエスツーβ3.5NパープルスギクリアーP(4935N)、下にはピンクスギレッド(2035N)、シンカーは30号をセットした。

水深は70m前後でボトムから昨日のヒットパターンとなったスローのワンピッチを3回からロングステイで狙うが反応が無い。
暫く流して少しポイントを移動して投入、すると今日もファーストヒットは大塚さんでバラす事無く800gのアオリイカ
トモの高橋さんもエギエスツーβ3.5Nオレンジスギゴールド(1135N)700gのアオリイカをヒットさせた。
更に続いて浅井さんにもヒット、これも700gのアオリイカエギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレッド(3335N)に乗った。
私にも待望のアタリが来た。
ボトムから3回上げてステイさせているとティップがスゥーと引き込まれるアタリでフッキング。ロッドが絞り込まれて少しドラグが鳴ってまずまずのサイズを確信して巻き上げていると、何と痛恨のバラシ、身切れしたようだった(T_T)

エギング釣行記

大塚さんに800gのアオリイカ

エギング釣行記

高橋さんに700gのアオリイカ

エギング釣行記

浅井さんに700gのアオリイカ

次は大塚さんにヒット、続いて伊藤さんにもヒットしてダブルヒット
更に浅井さんにもヒットしてトリプルヒット
大塚さんと伊藤さんにヒットしているのはグッドサイズと思われ、ドラグを滑らせてラインを引き出すパワーがある。
しかし伊藤さんはバラシ。
バラシてしまってガッカリしているのは分かるが手が止まっているため、クラッチを切ってエギをボトムまで落とす様に指示をして、ボトムからリスタートすると即次のヒット。
取り込んだのは大塚さんが2.0kg、伊藤さんは小さくなって1.5kg、浅井さんは1.3kgのアオリイカトリプルヒットとなりました。
因みにヒットエギは、伊藤さんがエギエスツーβ3.5Nピンクホロマーブル(2235N)、浅井さんはエギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレッド(3335N)だった。
3連発から少し遅れて高橋さんにもヒット、お気に入りのエギエスツーβ3.5Nオレンジスギゴールド(1135N)1.0kgのアオリイカをヒットさせた。
更に大塚さんが500g程のアオリイカをヒット。

エギング釣行記

手前が伊藤さん、隣に大塚さんでダブルヒット中

エギング釣行記

伊藤さん、隣に大塚さんでダブルヒット中

エギング釣行記

そろそろ浮いて来そう

エギング釣行記

左から浅井さん1.3kg、伊藤さん1.5kg、大塚さん2.0kg

エギング釣行記

大塚さんの堂々とした2.0kgのアオリイカ

エギング釣行記

伊藤さんの1.5kgのアオリイカ

エギング釣行記

浅井さんの1.3kgのアオリイカ

エギング釣行記

高橋さんに1.0kgのアオリイカがヒット

大塚さんのヒットから暫く沈黙の時間となったが、意地でも最初にセットしたエギエスツーβ3.5NパープルスギクリアーP(4935N)でヒットさせようと粘って、やっと次のアタリが出てフッキングも決まり、まずまずの引きを味わいながら浮かせたのは、1.9kgのアオリイカ
これで少し納得したので1本飲んでもエエよね(^o^)
昼前なので昼食の弁当も食べる事にして休憩。

エギング釣行記

1.9kgのアオリイカをヒットさせた

エギング釣行記

パープルスギクリアーP(4935N)に乗った

エギング釣行記

まずまずのサイズ

エギング釣行記

掛かり所も言う事無し

エギング釣行記

やっと飲めるよ(^o^)

エギング釣行記

昼食の弁当も食べよう

午後の部のスタートは浅井さんで、こちらもお気に入りのエギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレッド(3335N)500g、続いて小早川さんにもヒットしたのも同じサイズの500gのアオリイカ

エギング釣行記

浅井さんに500gのアオリイカ

エギング釣行記

小早川さんヒット

エギング釣行記

小早川さんに500gのアオリイカ

そして風向きと潮のタイミングを見計らっていたモリオ船長が決断して、水深100mのポイントへ入る事にした。
水深が深いので落とし込むタイミングがズレるとおまつりするため、配慮が必要となるが最初にヒットさせたのは小早川さん、続いて弓削さんにもヒット。
しかし強い引きを期待しているものの期待に反した引きの為、おまつりと間違えたが小早川さんは800g、弓削さんは700gのアオリイカをゲット

エギング釣行記

小早川さんと弓削さんでダブルヒット

少し遅れたタイミングで浅井さんにヒット。
ロッドは締め込まれてバットから曲がり、ドラグを滑らせて走るパワーは大物に間違い無い。
しかし何を思ったのかリールを巻く手を止めてしまった。
そして次の瞬間ロッドティップが跳ね上がり痛恨のバラシ(T_T)/~~~
おそらく今回のツアー最大のサイズだっただろう、残念である。
後で本人に確認すると、走りが止まり動かなくなったのでハンドルを巻く手も止まってしまったと悔やんでいたが後の祭りである。
バラシの原因となるのはポンピング、ロッドの立て過ぎ、リールのハンドルを巻く手を止める、この3点に注意すれば身切れでのバラシは仕方無いとすれば、ほぼバラシは防げるため、メンバーには何度も言っていたのだがやらかしてしまった。

気を取り直して、エギエスツーβ3.5Nピンクイエロークリアー(5035N)をセットして投入、ボトムからのスローなワンピッチ3回からのステイでコツンと小さなアタリを感じて、手首を緩くして引きに合わせてティップを送り込んでからフッキング。
取り込んだのは1.7kgのアオリイカ

エギング釣行記

1.7kgのアオリイカがヒット

エギング釣行記

ガッチリとフッキングしている

エギング釣行記

ピンクイエロークリアー(5035N)に乗った

そして弓削さんに待望のヒット!
ロッドが絞り込まれてラインを出されているが、そのままリールのハンドルは巻き続けて無事にネットに収まったのは、今回のツアー最大となった2.7kgのアオリイカだった。

エギング釣行記

弓削さんにヒット!

エギング釣行記

弓削さんに納得の2.7kgのアオリイカ

船の流れ方が変わってしまったので深場を諦めて50mのポイントへ移動。
ここでは私がエギエスツーβ3.5Nパープルスギクリアー1.0kgをヒットさせた。
それから暫くして浅井さんにコブシメがヒット。
そして私がカメラで景色を撮影するためにロッドを置いていると、視界の端っこでロッドが動くのが見えたので慌てて海に持って行かれる寸前にキャッチしてファイト開始。
取り込んだのは1.7kgで、エギエスツーβ3.5Nオリーブスギクリアーに乗って来た。
更に浅井さんが300gのアオリイカをヒットさせて本日の釣りを終了して帰港。

エギング釣行記

私に1.0kgがヒット

エギング釣行記

私に1.7kgが釣れた

エギング釣行記

危うくこのタックルが海へ・・・

エギング釣行記

オリーブスギクリアーに乗った

エギング釣行記

今回の使用タックルとエギエスツーβ

帰港してタックルを片付けて車に積み込んで、船長と明日の打ち合わせをするが天気が微妙で後程判断を下して連絡するとの事。どうも風向きと強さが気になり出船が危うい感じであるが、船長の判断に任せるしかない。

ホテルに戻って、汗を流してロビーに集合。
今夜の夕食は居酒屋で沖縄の釣友達との懇親会(飲み会とも言う)。
我々7人と宮城さん、桜川さん、紅一点玉山さん、高木さん、友利さん、野口さん、徳村さん、呉屋さんの計15人。
生オリオンビール、オリオンクリアフリー(ノンアル)、ウーロン茶で乾杯。
頂いた料理は、ポテト、枝豆焼き、スパゲティーサラダ、島らっきょうの天ぷら、鶏の唐揚げ、高菜チャーハン、青菜炒め、鶏と大根の煮物、サラダ。

確かこの頃だったと思うけど、モリオ船長から連絡があり、残念ながら明日は出船中止との事。これで明日の為に飲むのを控える必要が無くなったと思った人が居るのでは・・・
そしていつもお世話になっています。徳村さんの差し入れのヒージャーは生姜醤油とタレ漬けで頂きました(^o^)丿
島らっきょうの塩漬け、幻の味ブルース(ってよく知らない(-_-))
他にもっと料理がするあった気がするけど・・(^_^;)
楽しい時間でアッという間に時間が過ぎて解散となりました。

エギング釣行記

生オリオンビール等で乾杯

エギング釣行記

ポテト、枝豆焼き、スパゲティーサラダ

エギング釣行記

島らっきょうの天ぷら

エギング釣行記

鶏の唐揚げ

エギング釣行記

高菜チャーハン

エギング釣行記

青菜炒め

エギング釣行記

鶏と大根の煮物

エギング釣行記

サラダ

エギング釣行記

徳村さんの差し入れのヒージャーは生姜醤油とタレ漬けで

エギング釣行記

島らっきょうの塩漬け

エギング釣行記

幻の味ブルース

4月22日(日)沖縄4日目
ボートからのディープエギング最終日の筈が中止となり、ゆっくりと朝食を済ませてタックルを片付けて、ロビーに集合するが雨と風が吹いてショアゲームも全員気乗りがしていない様子なので、ホテルをチェックアウトしてお土産兼自宅での夕食のアグー豚を購入。

当日の名護の天気はくもり時々雨、1日の降水量は5.5mm、日照時間0時間、最高気温23.1℃、最低気温20.9℃、平均風速3.0m、最大風速は南東の風6.9m、最大瞬間風速は東南東の風11.3m。

名護漁港へ行って天ぷらを買ってオリオンビールをプシュ(^o^)丿
少し早目の昼食は名護市で最近人気が高いそば屋へ。
私はソーキそばの普通麺、お勧めはソーキそばのもずく麺、幸ちゃんそば

エギング釣行記

天ぷらを買ってオリオンビール

エギング釣行記

ソーキそばの普通麺

エギング釣行記

ソーキそばのもずく麺?

昼食後は急がないので国道をのんびり南下、コンビニでシークヮーサーアイスを買ってパクリ(^o^)
糸満市の道の駅へ行き、オリオン缶ビール、作りたてのサーターアンダギー、ウナギ串焼きとエビの串焼きが美味しそうだったので買った人がいましたが、味はどっちも・・・だって(-_-)
作りたてのサーターアンダギーは美味しかったけどデカイよね。

エギング釣行記

シークヮーサーアイス

エギング釣行記

オリオン缶ビール

エギング釣行記

ウナギ串焼きとエビの串焼き味はどっちも・・

エギング釣行記

サーターアンダギーはデカイよ

そして今日帰る関東組の3人を那覇空港まで送ってお別れして、我々関西組は那覇市内のホテルにチェックイン。
暫くのんびりとしてロビーに集合、待ち合わせの店までトボトボと歩く。
今夜は南部の釣友達との懇親会(飲み会とも言う)。
アレ、昨日も懇親会だったよね(^_^;)
今日のメンバーは関西組の我々3人と溝越さん、亀谷さん、沖縄釣女会会長の横目さん、増谷さんの7人。

先ずは生オリオンビール、オリオンクリアフリー(ノンアル)、ウーロン茶で乾杯。
料理は、本日の刺身5点盛りがカジキ、セーイカ(ソデイカ)、生マグロ、シマダコ、シチューマチ(アオダイ)。
生オリオンビールおかわりからの、島らっきょうの塩漬け、ミミガー、ゴーヤチャンプルー、海ブドウ、ナーベラーンブシー、フーチャンプルー、グルクンの唐揚げ。
泡盛は北谷長老 古酒25度 写真を撮ったら何と泡盛の後も長老(笑)
他にも料理は、ポーク玉子、どぅる天、ヒラヤーチー、アグーウインナー。
そして分からなかった料理がミヌダル、これは調べると豚肉の黒ごまダル蒸しで宮廷料理だったそうだ。 写真

エギング釣行記

左から溝越、杉原、横目、増谷、亀谷、伊藤、弓削さん

エギング釣行記

本日のおすすめの魚

エギング釣行記

本日の刺身5点盛りはカジキ、セーイカ(ソデイカ)、生マグロ、シマダコ、シチューマチ(アオダイ)

エギング釣行記

生オリオンビールおかわり

エギング釣行記

島らっきょうの塩漬けとミミガー

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

海ブドウ

エギング釣行記

ナーベラーンブシー

エギング釣行記

フーチャンプルー

エギング釣行記

おすすめのグルクンの唐揚げ

エギング釣行記

北谷長老 古酒25度 泡盛も後も長老(笑)

エギング釣行記

ポーク玉子

エギング釣行記

どぅる天

エギング釣行記

ヒラヤーチー

エギング釣行記

アグーウインナー

エギング釣行記

ミヌダル(豚肉の黒ごまダル蒸し、宮廷料理)

これで終わりではありません。
沖縄の正しい飲み会(アレッ懇親会だったような・・・)の〆はステーキと決まってる。
と言う事で〆には我々3人と横目さん、増谷さんの5人でステーキハウスへ。
ステーキ200gが安くて美味い、そしてサラダ、スープ、ライスはおまけでフリー。
全員ステーキ200gをオーダー、そしてサラダとスープ、ライスも食べてる人がいたよ。
私は生オリオンビール、サラダとスープでしたが、弓削さんだけステーキは300gを召し上がってました。

エギング釣行記

〆のメンバー

エギング釣行記

生オリオンビール、サラダ、スープ

エギング釣行記

200gのステーキ

エギング釣行記

300gのステーキ、スープ、サラダ、ライス

4月23日(月)沖縄5日目
部屋で朝食を済ませてレンタカーを返却して那覇空港から神戸空港へは定刻通りのフライトで帰阪しました。
那覇空港にはヤマトジェットがいたよ。

エギング釣行記

那覇空港にヤマトジェット

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用(エギ2個使用時)
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70 (NIMC-70MST)
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用、タイラバ用(同じタックルを2セット用意)
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70 (NIMC-70MST)
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス100g、120g
            遊動式ビッグマウス100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

【伊藤さんの沖縄ツアー使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢWH 210m 0.6号
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ50 2号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用、タイラバ用
ロッド : テイルウォーク ソルティーシェイプ・ライトジギングC63/80
リール : テイルウォーク エラン・VTN 81L
ライン : ユニチカ ユニベンチャー X8 0.8号 300m
リーダー①:ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 16lb 3m
リーダー②:ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ30m 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20号~40号
ルアー : ダミキジャパン ビッグマウス100g、120g
            遊動式ビッグマウス100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 エギング ディープ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : テイルウォーク エラン・VTN 81R
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 16lb 3m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

この釣行記の一部は、(株)コスミック出版 アングリングソルト 2018年9月号通巻63号に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ