HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年4月19日〜23日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年4月19日〜23日

沖縄エギングツアー!(1)

今年も沖縄エギングツアーに各地からのメンバーと共に4月19日(木)から23日(月)5日間(4日間組もあり)のスケジュールで行って来た。
メンバーは去年と同じで、関東組の高橋さん、浅井さん、大塚さんが羽田空港から、広島組の小早川さんは岩国空港から、関西組の弓削さんと私、そして初めて参加の伊藤さんが神戸空港から那覇空港で合流。小早川さんの便は時間帯が少し違うので後から合流、これが助かりました(^O^)/

4月19日(木)沖縄初日
那覇空港で関東組の3人と関西組の3人が合流して、レンタカーにタックル等の荷物を積み込んで北上。
先ずは参加メンバーに移動の車中で幹事の私から注意事項の説明。
①初日の昼食はリクエストがあったため2軒行くので、その心算でオーダーする事
②初日の夕食は居酒屋
③2日目、3日目、4日目の船は、いつものキャプテンズの新崎船長で善栄丸
④2日目の船の席順は初日の釣果の悪い者から選択権を与える
⑤但し④の場合、初日の釣果が全く無い場合は前年の実績の悪い者から選択権を与える
⑥3日以降の船の席順は前日の釣果の悪い者から選択権を与える
⑦2日目の夕食はアグー豚のしゃぶしゃぶと焼肉
⑧3日目の夕食は地元の釣友達との懇親会(飲み会とも言う)
⑨4日目の船は帰る者が居るため14時30分帰港
⑩2日目以降の昼食はいつもの弁当屋で調達
⑪出船出来ない日はショアゲーム又は当日に相談の上で決める
⑫その他何かあれば適当に決める

何て事を話しながら最初の目的地に到着。
弓削さんからリクエストされたタコライス発祥の店と言われている店へ。
それぞれが適当にオーダーしたのだが、この時点でやらかした御仁が・・・(-_-)

下記は御仁と店員さんとの会話
御仁「私が注文したこれらは食べれ(食べ切れ)ますか?」
店員「無理です!」と即答されたって(笑)

それぞれの注文は、御仁がジャンボバーガーとタコライス。
私達はジャンボチーズバーガー、私は自販機でオレンジジュースを買ったけど、350ccのペットボトルと比較すれば大きさが分かるかな?
それが下記の写真。
他にタコスもあったね。

エギング釣行記

御仁の注文

エギング釣行記

御仁の注文のタコライス

エギング釣行記

私達の注文のジャンボチーズバーガー

エギング釣行記

私はジャンボチーズバーガーとオレンジジュース

腹ごしらえが出来たので次はエギング、と言う事で最初のポイントを目指すが濁っていて雰囲気が良く無いので、何もせずに見ただけでスルーして次を目指す。
しかし何処も条件が悪くてスルーしていると次の目的地に到着。
お気に入りのそば屋で2度目の昼食。
皆さんにはお薦めの牛肉そばを食べて頂きますが、高橋さんは何度か食べてお気に入り。
そばの上にはテンコ盛りのもやしと肉があり、私は小鉢にそれらを取り分けて食べやすくして、カサが減ったら取り分けた具材を器に戻して食べ続けます。
流石の弓削さんも取り分けた具材を高橋さんにプレゼントしてましたね(^o^)
他のメンバーは何と完食してました(゜o゜)
しかし私だけはソーキそばを頂きました(^_^;)

エギング釣行記

浅井さんはお薦めの牛肉そば

エギング釣行記

私はソーキそば

満腹を通り越して少し苦しい状態になって、いよいよショアエギングです。
ここで問題が発生!
何と大塚さんのスーツケースが車に乗っていない(゜o゜)
レンタカーに荷物を積み込む時に積み忘れたとしか考えられず、レンタカー会社へ電話してみるとあるとの事で引取りに行く事を伝えた。
しかし後発で合流予定の小早川さんが那覇に居る時間かも知れず、連絡を入れると別の会社ではあるがレンタカーで出発するとの事で荷物の引取りをお願いして、我々のレンタカー屋にも連絡して一件落着。

何とか水質の良いポイントでタックルをセット。
今回のタックルは、いつものセットにラインはプロトの8本編みのエギングラインである、キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の0.5号

ショアエギング用
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : イグジスト2510PEH
ライン : キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の色目

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 1.75号

当日の名護の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間10.9時間、最高気温24.8℃、最低気温16.6℃、平均風速3.3m、最大風速は北の風7.0m、最大瞬間風速は北の風10.9m。

取り敢えずエギエスツーβの3.5Nの今年の新色のピンクスギゴールドT2(4635N)をセットして軽くキャスト、近くから距離を伸ばして広範囲をチェックするが、ベイトが見えず潮も動かずで反応無し。
そして小早川さんが合流、大塚さんのスーツケースも無事に持ち主の手に戻った。
明日の出船確認をキャプテンズの仲村船長にすると、問題無く定時に出港との事で一安心である。
結局誰にもヒットが無く初日のショアエギングは終了。

ホテルにチェクインして明日からのボート用タックルをセッティングするために部屋に持ち込んだ。伊藤さんは初参加で適したタックルが手持ちでは無いため、私の予備タックルを使う事にしている。

【今回メインで使用】

その1 エギング ディープ用 
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ディープ用、タイラバ用(同じタックルを2セット用意)
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・ディープエモーション70
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
      キャスライン エギングリーダーⅡ 3号 1m
エギ : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その3 伊藤さんの使用タックル
エギング ディープ用、タイラバ用
ロッド : ソルティーシェイプ・ライトジギングC63/80
リール : エラン・VTN 81L
ライン : ユニベンチャー X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 16lb 3m
      キャスライン エギングリーダーⅡ30m 3号 1m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20号~40号
ルアー : ビッグマウス100g、120g
    遊動式ビッグマウス100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その4 伊藤さんの使用タックル
エギング ディープ用
ロッド : スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : エラン・VTN 81R
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 16lb 3m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N
シンカー: 20~40号を水深と状況によって使い分け
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 3号

エギング釣行記

エギエスツーβ 3.5N 2018年の新色

19時前にロビーに集合して2台のタクシーに分乗、いつもの居酒屋へ。
先ずは生オリオンビール、オリオンクリアフリー(ノンアル)、ウーロン茶で乾杯。
すぐに生オリオンビールおかわり。
料理は、それぞれ2~3皿ずつのオーダーで、島らっきょうの天ぷら、魚の味噌和え、ゴーヤチャンプルー、フーチャンプルー、アーサの天ぷら。
全員が酔っぱらう前に明日の席順決め、初日は全員○ボのため昨年のデータから選択権を与えて決定しました。
島酒(泡盛)は、くらブラックの水割りを頂きました。
更にパスタみたいなそば?、名護産羽地鶏のにんにく焼き、中味にんにく炒め、もずくの天ぷらを頂きました。

エギング釣行記

先ずは生オリオンビール、オリオンクリアフリーで乾杯

エギング釣行記

島らっきょうの天ぷら

エギング釣行記

生オリオンビールおかわり、ヤバそうな方が居ます(-_-)

エギング釣行記

魚の味噌和え

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

フーチャンプルー

エギング釣行記

アーサの天ぷら

エギング釣行記

島酒(泡盛)は、くらブラックの水割り

エギング釣行記

パスタみたいなそば?

エギング釣行記

名護産羽地鶏のにんにく焼き

エギング釣行記

中味にんにく炒め

エギング釣行記

もずくの天ぷら

4月20日(金)沖縄2日目
今日から3日間は、キャプテンズオキナワのモリオこと新崎船長の善栄丸でディープエギングである。
ホテルで朝食を急いで食べて出発、途中の弁当屋で昼食の弁当を買って本部の浜崎漁港へ。

当日の名護の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間10.3時間、最高気温25.7℃、最低気温18.4℃、平均風速3.3m、最大風速は北東の風6.2m、最大瞬間風速は北東の風10.2m。

昨日にセッティングした4セットのタックルを船に積み込んで準備完了。
船の席順は、ミヨシから弓削さん、小早川さん、浅井さん、杉原、伊藤さん、大塚さん、高橋さんがトモに並んだ。
定時から少し遅れて8時過ぎに出港、最初のポイントを目指します。

エギング釣行記

キャプテンズの善栄丸

エギング釣行記

最初のポイントへ

タックル(2セットだが同じ)を手にして上にエギエスツーβ3.5NのピンクスギゴールドT2(4635N)、下にピンクスギレッド(2035N)、シンカーは30号をセット。
ディープエギングで使用しているメインラインはユニベンチャー1(ワン)X8の0.8号、このラインは10m毎に5色分けで、5mと1mマーク付きで底取りの目安として見やすく使いやすい。8本編みで表面はツルツルしていて滑りが良く、ガイドを通過する抵抗も少ないため落ちも良く、強度も高いためタイラバでも同じ0.8号で使用している。
リーダーはシルバースレッド・ミニショックリーダーFCの16lbを3m、ノーネームノットで直結してスイベルをブリンソンノットで結び、更にキャスライン・エギングリーダーⅡの3号を1m結んでスイベルを結び、上のスイベルにメインのエギ、下のスイベルにはティーザー的なエギとシンカーをセットすれば出来上がり。

全員がエギ2個付けのリグで期待を込めて投入、水深は60m程で着底させてからスローのワンピッチで3回上げてステイ、アタリが無ければボトムまでフォールで1セット。これを基本パターンとして2セット、3セット連続して上げたり、3回上げるのを2~8回と回数を変えたり、スローからハイピッチにしたり、大きくシャクリを入れたりと様々なパターンでアプローチをするが、底潮が動いていないためか誰にも反応が無い。

ポイントを何ヶ所もランガンしても微かに触る感触はあるもののヒットにはならず、時間だけが過ぎて11時過ぎ。
ここで大塚さんに船中最初のヒット!
しかしバラシ(T_T)/~~~

エギング釣行記

大塚さんにヒット~のバラシ

ここからノー感じな時間が過ぎて、昼を回ったので昼食の弁当を食べる。
燃料も補給して午後に備えないと・・・
弁当を食べ終えるとミヨシには弓削さんに代わって浅井さん、そして小早川さんも頑張ってシャクリ、伊藤さんは休憩中、弓削さんの姿が見えない。
そして次はアレッ? モリオ船長が俺のタックルを使って釣りをしている(-_-)
余りにも釣れないから自分で状況確認をしている様だが、結局何も釣れず操舵室へ帰りました。

エギング釣行記

昼食の弁当とさんぴん茶と燃料(笑)

エギング釣行記

モリオ船長が俺のタックルで・・

エギング釣行記

居ました、こんな所に

そして15時過ぎから状況が変わった。
先ずは浅井さんにアタリが出たが乗らず。
大塚さんがヒットさせたものの、又もバラシ。
遂に浅井さんがヒットさせて、船中最初のアオリイカをゲット!
サイズは400gエギエスツーβ3.5Nオレンジゴールドレッド(3335N)で乗せた。
続いて伊藤さんにディープエギングでの初ヒット、サイズは同じ400gエギエスツーβ3.5Nピンクホロマーブル(2235N)で乗せた。
続いて大塚さんが三度目の正直でヒット、直後に私のエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)にも乗ってダブルヒット。
大塚さんが500g、私は400gのアオリイカだった。

エギング釣行記

浅井さんが船中初ヒットのアオリイカ

エギング釣行記

伊藤さんもはディープエギング初ヒット

エギング釣行記

大塚さんは三度目の正直で獲った

エギング釣行記

私にも乗った

余りにも釣れないので船長が少し時間を延長してくれたおかげで、16時を過ぎて小早川さんにも本日初ヒットの500gのアオリイカ
次は弓削さんにも600gのアオリイカ
直後に私のエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)にも700gが乗ってダブルヒット。

エギング釣行記

小早川さんに本日初ヒットのアオリイカ

エギング釣行記

弓削さんにもヒット

エギング釣行記

弓削さんと私でダブルヒット

更に泣きの一流しで私のエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)800gがヒット。
最後に弓削さんが本日最大(と言う程のサイズでは無いが)の1.0kgのアオリイカをヒットさせて、本日の釣りを終了して帰港しました。

エギング釣行記

私に800gのアオリイカ

エギング釣行記

ピンクスギゴールドT2(4635N)に乗った

エギング釣行記

弓削さんに本日最大の1.0kg

タックルを片付けてホテルに戻りシャワーを浴びて、ロビーに集合して夕食の店へ。
今夜の夕食はあぐー豚のしゃぶしゃぶと焼肉のダブル肉です(^o^)丿
予約していたのですぐに席に通されて、先ずは生オリオンビール、オリオンクリアフリー(ノンアル)、ウーロン茶で乾杯。
最初は豚しゃぶからで、のやんばる島豚あぐーしゃぶしゃぶを2セット分オーダー。
ロース×2、バラ×2、セットの野菜を食べましたが、何度食べても豚のしゃぶしゃぶはアグー最高(^o^)丿

エギング釣行記

しゃぶしゃぶセットのやんばる島豚あぐーロース×2

エギング釣行記

同じくバラ×2

エギング釣行記

同じくセットの野菜

エギング釣行記

豚のしゃぶしゃぶはアグー最高(^o^)丿

〆は普通うどんですが、我々は〆では無く次は焼肉です。
追加オーダーは、生オリオンビール、キムチ盛り合わせ、セットで料理長盛り(和牛上ロース、和牛上カルビ、和牛ホルモン2種、あぐー豚2種、あぐーソーセージ、焼き野菜)、更に上塩タンは厚切りでウマウマ♪、上ミノ、中落ち1本カルビ、〆にスジ煮込みちらし寿司(写真無し)を食べてる人がいたね。
これでヒットポイントを回復して明日は爆釣間違い無し・・多分・・なって欲しいなぁ

エギング釣行記

生オリオンビールを追加、キムチ盛り合わせ

エギング釣行記

料理長盛り(和牛上ロース、和牛上カルビ、和牛ホルモン2種、あぐー豚2種、あぐーソーセージ、焼き野菜)

エギング釣行記

上塩タン 厚切りでウマウマ🎵

エギング釣行記

上ミノ

エギング釣行記

中落ち1本カルビ

エギング釣行記

焼肉も美味いねェ(^o^)丿

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ