HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年4月28日〜5月4日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年4月28日〜5月4日

恒例!GWの対馬遠征

毎年恒例にしているGWの対馬釣行に今年は伊藤さんと2人で、4月28日(土)から5月4日(金)のスケジュールで行って来た。

4月28日(土)
夜に伊藤さんと合流して深夜の高速道路を走って福岡へ向かう。


4月29日(日)
朝に博多に到着、給油をしてファミレスで朝食と休憩。
フェリーの出航時間まで余裕があるので、のんびりとしてから昼食を買ってフェリー乗り場へ行き、満船となったフェリーで対馬へ出航。
フェリーで寝て行こうと思っていたが満員の乗客のためスペースが確保出来ず、更に何でか分からないが盛り上がって声がデカイグループの為眠れず、昼食を食べて時間を潰して壱岐で大部分の乗客が降りてからやっと少しだけ仮眠。

エギング釣行記

ファミレスで朝食

エギング釣行記

フェリーで対馬へ

そして定刻に対馬の厳原港に着岸。
最初のポイントでタックルをセット。
今回のタックルは、いつものセットにラインはプロトの8本編みのエギングライン。

ショアエギング用
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : イグジスト2510PEH
ライン : キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8 210m 0.5号

エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEⅢX8の色目

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 1.75号

エギング釣行記

エギエスツーβ3.5Nの2018年新色

【伊藤さんの使用タックル】

ショアエギング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEJr 0.6号 150m
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 2号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEJr 150m 0.6号

エギング釣行記

キャスライン・エギングスーパーPEJrの色目

エギング釣行記

キャスライン・エギングリーダーⅡ 50m 2号

当日の厳原の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間9.2時間、最高気温23.4℃、最低気温16.2℃、平均風速3.5m、最大風速は南の風8.5m、最大瞬間風速は南の風12.9m。

最初はエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)をセットして、2人で並んでキャスト開始。先ずは軽くキャストして足元周辺から徐々に広範囲をチェックするが、潮が動かずベイトも見えない為、早々に見切りをつけて移動。

次のポイントは地磯で、伊藤さんに立ち位置とキャスト方向等を指示、横で見ていると狙い通りにヒット!
先ずは対馬での初アオリイカは300gで、エギエスツーβ3.5Nオレンジスギマーブル(2735N)だった。
次は私でピンクスギゴールドT2(4635N)500gのアオリイカ、更に300gと連発させた。
伊藤さんもピンクスギマーブル(2635N)に交換して500gをヒットさせて初日の釣りを終了した。

エギング釣行記

伊藤さんに対馬発アオリイカがヒット

エギング釣行記

ピンクスギゴールドT2(4635N)で500g

エギング釣行記

続いて300gと連発でヒット

エギング釣行記

伊藤さんが500gを乗せた

釣りを終えてタックルを車に積んで宿へ行き、汗を流してお楽しみの夕食。
先ずは生ビール、刺身はカンパチ、サザエ、アオリイカ、そしてとんちゃん焼き、炊き合わせ、わらびのドレッシング和え、きゅうりの酢の物、クロ(グレ)の煮付け、アジフライ、〆に冷麺を頂きました。

エギング釣行記

生ビール、刺身、とんちゃん焼き、炊き合わせ、わらびのドレッシング和え、きゅうりの酢の物

エギング釣行記

クロ(グレ)の煮付け

エギング釣行記

アジフライ、冷麺

4月30日(月)
今日から本格的にショアエギングでランガン。
朝は5時に宿を出発して最初のポイントへ。

当日の厳原の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間6.8時間、最高気温25.1℃、最低気温15.9℃、平均風速3.4m、最大風速は南の風8.0m、最大瞬間風速は南の風11.6m。

最初のポイントは地磯を選択、タックルは2人共昨日と同じ。
オレンジスギゴールドT2(4735N)をセットしてキャスト開始、足元から沖までチェックするが、潮が動かずベイトも見えない為早々に見切りをつけて移動。

次も地磯に入るが若干潮の動きがあったがすぐに止まって反応も無く移動。
その次は防波堤でブレイクを狙ってエギエスツーβ3.5Nピンクイエロークリアー(5035N)をキャスト、着水して僅かにフォールさせて左右のダートを3回入れてドリフトさせると、ロッドティップをグ~と引っ張るアタリでフッキング。
少しドラグが鳴ってキロアップを確信、しかしそれ以上のパワーが無いが引きからすると後ろに居そうな感じ。
水面まで浮くと後ろに予想通り2kgクラスのアオリイカが追い掛けて来ていたので、伊藤さんを呼んで狙う様に指示するが別のエギには反応せず。
ならばとダブルを狙うがこれも失敗して離れて消えてしまった。
取り込んだのは1.2kgのアオリイカだった。

エギング釣行記

私に1.2kgのアオリイカがヒット

エギング釣行記

ピンクイエロークリアー(5035N)にヒット

そして次は期待を込めて実績の高い漁港へ行くがノーヒット(T_T)
次も漁港で伊藤さんにポイントを説明して横で見ていると、狙い通りに300gのアオリイカピンクイエローレッド(1235N)にヒットした。
次のポイントでは私がオレンジスギゴールドT2(4735N)300gを乗せた。

エギング釣行記

伊藤さんのピンクイエローレッド(1235N)にヒット

エギング釣行記

私もオレンジスギゴールドT2(4735N)でヒット

先ずは各エリアの状況確認も兼ねて広範囲をランガン、昼食はカツカレーで体力回復させて午後の部に気合を入れ直す。
情報として聞いていた地磯は予想通りの空振り、更に次のポイント、その次とことごとく空振り。
更に漁港内で1kgクラスのアオリイカが浮いていたので、サイトで狙うが全く反応せずスルーされてしまった。
そのまま宿までの帰り道でポイントをチェックするがヒットさせられずに終了となった。

エギング釣行記

昼食はカツカレー

エギング釣行記

対馬のヒトツバタゴ

この日は宿の都合で外食しなければならず、直接うどん屋へ行く。
伊藤さんは体質的に一滴も飲めないので帰りの運転を任せて、私は生ビールをグイッと飲んで、親子丼とうどんのセットを頂きました。

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

親子丼とうどんのセット

宿に戻ってタックルを部屋に持って入り、リーダーを結び直してテレビを見て就寝。

5月1日(火)
今朝も5時に宿を出発してランガン。
昨日釣れたエリアからスタート、タックルは2人共昨日と同じ。

当日の厳原の天気はくもり一時雨、1日の降水量は13.5mm、日照時間3.1時間、最高気温23.5℃、最低気温14.7℃、平均風速1.4m、最大風速は南東の風3.1m、最大瞬間風速は南東の風4.9m。

最初はエギエスツーβ3.5Nピンクイエロークリアー(5035N)をセットしてキャスト、しかし潮が動かずベイトも見えず全く反応が無く移動。
次も空振り。
その次も空振り。
その次で川崎さんと合流するも空振り、その次も空振り。
しかしエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)アラ(クエ)がヒットした

エギング釣行記

エギエスツーβにアラ(クエ)がヒット

そして次のポイントではキャストしようとした時に浮いているアオリイカを発見、ピンクスギゴールドT2(4635N)を少し沖側へキャストして表層でダートさせると、アオリイカエギの方へ近付いて来た。これはイタダキとサイトでサクッとヒットさせたのは600g
伊藤さんはオリーブゴールドレッド(3735N)300gを乗せて、川崎さんは400gを乗せた。

エギング釣行記

サイトで600gをヒットさせた

エギング釣行記

ピンクスギゴールドT2(4635N)に乗った

エギング釣行記

伊藤さんもアオリイカをヒットさせた

次のポイントでは空振り。
そしてスーパーで弁当を買って昼食休憩。
続いてのポイントでも空振り。
次のポイントでは伊藤さんがオレンジゴールドレッド(3335N)300gのアオリイカをヒットさせるが、後が続かず単発ヒットのみ。
その後もランガンしても反応は無く、本日の釣りは終了としました。
気分を紛らせてくれる癒し系の写真です。

エギング釣行記

久し振りに見たアオスジアゲハ

エギング釣行記

アオスジアゲハ

エギング釣行記

ヒトツバタゴ

そして刺身はヒラス、アコウ、イシダイ、イサキ、別の皿でサザエ、ウニ。
イカゲソの酢味噌和え、煮浸し、サザエかやくごはん、クロの煮付け、天ぷらを頂きました。

エギング釣行記

本日の夕食

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

刺身はヒラス、アコウ、イシダイ、イサキ、イカゲソの酢味噌和え、煮浸し

エギング釣行記

刺身のサザエ、ウニ、サザエのかやくごはん

エギング釣行記

クロの煮付け

エギング釣行記

天ぷら

5月2日(水)
この日もショアからランガンの予定だったが、天気が朝からまとまった雨の予報だったため、のんびりと宿で朝食を食べた。
朝食は、アジの干物、目玉焼き、ひじき、冷奴、焼のり、漬物、あおさのりの味噌汁、ごはん。
雨はなかなか止まず時折り強く降り風も強いため宿で待機、やっと雨が上がったので11時過ぎに出発した。

エギング釣行記

朝食はアジの干物、目玉焼き、ひじき、冷奴、焼のり、漬物、あおさのりの味噌汁、ごはん

当日の厳原の天気は雨時々くもり、1日の降水量は26.0mm、日照時間0時間、最高気温20.7℃、最低気温13.9℃、平均風速3.3m、最大風速は西北西の風9.7m、最大瞬間風速は北西の風21.2m。

最初のポイントで2人共昨日と同じタックルをセット、私はエギエスツーβの3.5Nピンクイエロークリアー(5035N)をセットしてキャスト、しかし潮が動かずベイトも見えず全く反応が無いので移動。
昼食はスーパーで弁当を買って食べて次のポイントへ。
小規模の漁港へ行くが濁りが入り潮も動かず、ベイトも見えない為粘らずに移動。
次のポイントでも反応が無いため移動。
そして選んだポイントはマンメイドストラクチャーが多く、大型は出ないがコンスタントにヒットする。
ここではエギエスツーβ3.5NピンクスギゴールドT2(4635N)をセットしてキャスト。
ボトムからショートピッチで3回ダートさせてフォール、次は水面までの連続ダートでのリアクションの誘いを入れると、狙い通りに追い掛けて来てサイトで乗せて本日の初ヒットは500gのアオリイカ。
続いて同じパターンで狙うと小型のアオリイカがヒットして2杯目。
しかしその後は反応が無く、本日の釣りは終了した。

エギング釣行記

狙い通りにヒットした

エギング釣行記

ピンクスギゴールドT2(4635N)で乗せた

本日の夕食は、生ビール、刺身はヒラマサ、アコウ、シマアジ、ポテトサラダ、酢の物、煮浸し。
メインは焼肉で骨付きカルビ、タン、とんちゃん、ソーセージ、せせり、野菜はキャベツ、玉ねぎ、なす、ピーマン。
初めて使った焼肉のタレがイケるね(^o^)
そして最後にブリのフライも出て来ました。

エギング釣行記

本日の夕食は焼肉

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

刺身、ポテトサラダ、酢の物

エギング釣行記

骨付きカルビ、タン、とんちゃん、ソーセージ

エギング釣行記

焼肉のタレとせせり

エギング釣行記

キャベツ、玉ねぎ、なす、ピーマン

エギング釣行記

肉と野菜を焼いてます

エギング釣行記

ブリのフライ

5月3日(木)
対馬最終日も朝から宿を出発してランガン。
最初のポイントで2人共昨日までと同じタックルをセットして地磯に入る。
エギエスツーβ3.5NオレンジスギゴールドT2(4735N)でキャスト開始。

当日の厳原の天気は晴時々くもり、1日の降水量は0mm、日照時間9.0時間、最高気温19.0℃、最低気温12.7℃、平均風速5.9m、最大風速は西北西の風9.4m、最大瞬間風速は南の風18.6m。

潮が僅かだが流れて雰囲気は良かったのだが、ベイトは見えず反応も無いため早々に見切りをつけて移動。
次へ行く前に宿で作って貰った朝食のデカイおにぎりを食べて気合を入れる。
次のポイントも反応無し。
その次のポイントも反応無し。
大きくエリアを変更して狙うが状況は変わらず、何処も潮が動かずベイトも見えない為、早いペースでのランガンを続けて、何とかエギエスツーβ3.5Nパープルスギクリアー(5135N)300gのアオリイカを1杯ヒットさせるのがやっとが午前中。
そして昼食は食堂へ行って特製ちゃんぽんを食べて本日の釣りを終了。

エギング釣行記

朝食のデカイおにぎり

エギング釣行記

昼食は特製ちゃんぽん

宿へ戻ってタックルを片付けて、着替えてスーパーでお土産を買って厳原港のフェリー乗り場へ。
チケットを買いに行くが、フェリーが30分遅れで到着予定って、当然ながら博多着も遅れるやん、今夜の居酒屋の予約をしてるのに(^_^;)
予定通りフェリーが遅れて入港、遅れて出港、博多港到着も30分遅れで21時前。
ホテルにはチェックインせずに近くの駐車場から居酒屋へ直行。
居酒屋では、ここで食べるためだけで来たと言っても過言では無い嫁はんと合流。

先ずは生ビール、前菜3種盛りはイカの塩辛、貝のひも、煮あさり
 極上ゴマサバ、若鶏唐揚げ(熟成塩麹仕込み)
日本酒は繁桝を頂いて
メインの宮崎地鶏の赤鶏のスープの水炊きは、鶏スープ、骨付き鶏、自家製つみれ、厳選野菜、〆は雑炊、デザートはシャーベット
2回目の〆のラーメンは行きませんでした(^o^)

エギング釣行記

生ビール

エギング釣行記

前菜3種盛りのイカの塩辛、貝のひも、煮あさり

エギング釣行記

極上ゴマサバ

エギング釣行記

若鶏唐揚げ(熟成塩麹仕込み)

エギング釣行記

日本酒は繁桝り

エギング釣行記

宮崎地鶏の赤鶏のスープの水炊き

エギング釣行記

鶏スープと骨付き鶏

エギング釣行記

自家製つみれ

エギング釣行記

厳選野菜も鍋に

エギング釣行記

〆は雑炊

エギング釣行記

デザートはシャーベット

5月4日(金)
朝から博多を出発~嫁はんも乗せて~中国道~
S.A.での昼食はカツカレー、尾道ラーメン
無事に帰阪しました。

エギング釣行記

S.A.での昼食はカツカレー

【今回の使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2510PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

その2 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ イグジスト2508PEH
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEⅢX8 0.5号 210m(プロト)
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 1.75号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※ハンドルとスプールはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続


【伊藤さんの使用タックル】

その1 エギング ショア用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・テクニマスター82
リール : ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン : ユニチカ キャスライン エギングスーパーPEJr 0.6号 150m
リーダー: ユニチカ キャスライン エギングリーダーⅡ 2号 2m
エギ  : ユニチカ エギエスツーβ 3.5N、3.5S、3.0N
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※エギはスナップをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ