HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年9月5日〜9月9日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年9月5日〜9月9日

沖縄での5日間の釣行。

沖縄へ仕事(取材含む)に9月5日(水)から9月9日(日)5日間のスケジュールで行って来た。

9月5日(水)初日

実はスケジュールを組み9月4日(火)の航空便の予約をしていたが、稀にみる台風で会社も臨時休業。自宅で朝は日差しがあったのに午後から爆風と大雨、当然ながら予約をしていた便は欠航で予定変更を余儀なくされて、翌日の便に振り替え。
一夜明けて高速道路が通行止めで、いつもと違うルートで神戸空港へ。 ラウンジで少し仕事からのフライト。

エギング釣行記

ラウンジでジュースを飲んで仕事

エギング釣行記

神戸空港から出発

那覇空港に着いてレンタカーで移動して仕事。
昼食はそば屋で、ソーキそば大盛りを食べて午後からの仕事も片付けてホテルへ。
夕食はオリオンのジョッキでスーパードライの生ビールと島らっきょうの天ぷら、からのチキンの照り焼き定食を頂きました。

エギング釣行記

昼食はソーキそば大盛り

エギング釣行記

オリオンのジョッキでスーパードライ

エギング釣行記

島らっきょうの天ぷら

エギング釣行記

チキンの照り焼き定食

9月6日(木)沖縄2日目

今日も仕事であるが朝食はホテルの部屋で甘納豆コッペとコーヒーを頂きました。

エギング釣行記

甘納豆コッペとコーヒー

一日レンタカーで移動して仕事を終えてホテルへ。
夕食はいつもの居酒屋。
最初はオリオン生ビール、料理は白身(マチ)の刺身、名護産羽地鶏のにんにく焼き。
ビールの次は島酒(泡盛)でキープのくらブラックの水割り、グラスじゃなくてジョッキ持って来よった(^_^;)
続いてゴーヤチャンプルー、サービスで漬物の盛り合わせを頂きました。

エギング釣行記

先ずはオリオン生ビール

エギング釣行記

白身(マチ)の刺身

エギング釣行記

名護産羽地鶏のにんにく焼き

エギング釣行記

島酒(泡盛)はキープのくらブラックの水割り

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

サービスで漬物の盛り合わせ

9月7日(金)沖縄3日目

この日は、おきなわ釣王国の取材でボートからキャスティングメインで、ジギングでも根魚狙いの予定をしていたが、天気予報では風が強く波も高い予報なのでポイントが限定されるが何とか出れるだろうとの事で、屋我地島の済井出漁港の遊漁船バディー、B-TOROPICALのモリモリこと与那城船長にお世話になった。

当日の名護の天気は晴時々くもり一時雨、1日の降水量は4.0mm、日照時間5.8時間、最高気温31.0℃、最低気温25.6℃、平均風速4.2m、最大風速は南南東の風8.1m、最大瞬間風速は南東の風13.6m。

メンバーは宮城さんと小甲さん、私、おきなわ釣王国のスタッフの4人でボートに積み込んだタックルは3セット。

ルアーのライトキャスティング用
ロッド : スキッドロウ・インペリアル・ラッシュジャーク75
リール : ヴァンキッシュ4000HG
ライン : ショアゲームPE X8 1号 200m
リーダー: シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 25lb 1.5m
ルアー : ベイブル70S、90S、90HS
      チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
      メタルフォーカス12g、18g、28g
     マービー70、90
     闘魂ジグ20g
     D/J 85mm、100mm
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ショアゲームPE・X8 1号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 25lb

ルアーのライトキャスティング用
ロッド : キッドロウ・インペリアル・レーザーキング86
リール : ステラ3000HGM
ライン : ショアゲームPE X8 0.8号 200m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 2m
ルアー : ベイブル70S、90S
      チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
      メタルフォーカス18g、28g
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ショアゲームPE・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

スロージギング用
ロッド : ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : オシアジガー1500HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : フリースロー 130g、160g
      フリーフリップ 130g、160g
      フリーレイリー 160g
      リスキーリスカスⅡ 170g
      リスキーブレイス 100g、160g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

8時に済井出漁港を出発すると意外な程に静かで波が小さく、遠くに古宇利大橋も見える。
少し船を走らせて近場のポイントからタマン(ハマフエフキ)狙いからで、タックルはラッシュジャーク75でルアーはいつものベイブル70Sをセットした。

エギング釣行記

遠くに古宇利大橋が見える

エギング釣行記

静かな朝の海

エギング釣行記

最初のポイントでキャスト開始

ベイブル70Sのレッドヘッドをキャストしてボトム近くまでフォール、ロッドでのリフト&フォールで誘うと、フォール中にゴンッとアタリが出てイシミーバイがヒットした。
続いてのヒットは色鮮やかなムラサメモンガラカワハギ
そして小甲さんもバイブレーションでシロブチハタをヒットさせた。

エギング釣行記

イシミーバイがベイブルにヒット

エギング釣行記

ムラサメモンガラカワハギがベイブルにヒット

エギング釣行記

小甲さんがシロブチハタをヒットさせた

次は宮城さんに大物がヒット!
ドラグを鳴らしてラインを引き出して走るパワーは青物か?
慎重にファイトして取り込んだのはオニヒラ、バイブレーションでのヒットだった。
続いても宮城さんにトラギス
その次は私で、ベイブル70Sのオレンジゴールドでアオヤガラがヒットした。

エギング釣行記

宮城さんに大物がヒット!

エギング釣行記

宮城さんがヒットさせたオニヒラ

エギング釣行記

宮城さんにトラギスがヒット

エギング釣行記

私にアオヤガラがベイブルのオレンジゴールドで

船長から次は鉄板ポイントと言われ続けて3箇所目位の鉄板ポイント、ここは水深もあり出そうな雰囲気を感じた(^_^)
ベイブルのオレンジゴールドをキャストしてボトム直前からリフト&フォール、そして2回目のフォールでコンッと明確なアタリでフッキング!
ロッドを絞り込んでドラグ音が鳴る。
ファイトを楽しんで取り込んだのは本命のタマンの50cm

エギング釣行記

本命のタマンの50cmがヒット

エギング釣行記

タマンはベイブルのオレンジゴールドにヒット

暫く反応が途絶えたが、沈黙を破ったのは宮城さんでアカナー(バラフエダイ)をヒットさせた。
次も少し時間が空いて宮城さんがシロブチハタをバイブレーションでヒットさせた。

エギング釣行記

宮城さんがアカナーをヒットさせた

エギング釣行記

宮城さんにシロブチハタがヒット

更に時間が空いて私にヒット、やはりベイブル70Sのオレンジゴールドでヤミハタ。
続いても同じベイブル70Sでボトムまでフォールさせてからのリフト&フォールで誘っていると、フォール中にハッキリとしたアタリでフッキング。
まずまずのシロブチハタだった。

エギング釣行記

私にヤミハタがベイブル70Sでヒットした

エギング釣行記

私にまずまずのシロブチハタがヒット

次は水深が少し深いポイントだが風が吹いてボートの流されるスピードが速いため、ルアーはメタルフォーカス18gの赤金に交換。風下にキャストしてボトムまでフォールさせて、ワンピッチで4~5回シャクリ上げてフォールのセットで根魚狙い。
これが正解だったのかボトムからのシャクリ上げで、ゴツンとハッキリとしたアタリを捉えてツチホゼリがヒットした。
更に小甲さんにはビタロー(タテフエダイ)がヒットした。

エギング釣行記

私にツチホゼリがヒットした

エギング釣行記

ツチホゼリはメタルフォーカス18gにヒット

エギング釣行記

小甲さんにビタローがヒット

続いてはルアーのアクションを少し早目にして別の魚狙いをするために、メタルフォーカスを18gから28gに交換してキャスト。
暫くすると魚探にベイトと他に何か分からないが魚の反応があり、ルアーを追い掛けている様だと船長。
私は水深20mのボトムからメタルフォーカス28gを早目のワンピッチで上げている時だったので、その言葉を信じてヒットするまで上げようとワンピッチジャークを続けると中層でゴンッと強いアタリ!
フッキングの直後からドラグを鳴らして走るスピードは青物のファイト。
スピードとファイトを楽しんでオニヒラが獲れました(^_^)v

エギング釣行記

私にオニヒラがヒットした

エギング釣行記

メタルフォーカス28gのブルーピンクでヒットさせた

続いては宮城さんがジューマー(ヒトスジタマガシラ)をヒットさせて、小甲さんはアカナーをヒットさせて、更にラストチャンスで本命のタマンの43cmをバイブレーションでヒットさせた。

エギング釣行記

宮城さんにジューマー(ヒトスジタマガシラ)がヒット

エギング釣行記

小甲さんにアカナーがヒット

エギング釣行記

小甲さんに本命のタマンの 43cmがヒット

おきなわ釣王国の取材も無事に終了して18時前に帰港、タックルを片付けて現地で解散。
明日もメンバーが代わっての釣行で、船長に出船を確認して港を出てホテルへ。
ホテルに戻って汗を流して部屋に持ち込んだタックルのリーダーを組み直して、明日の準備は完了。
夕食はひとり居酒屋で、先ずはオリオン生ビール。
料理はイラブチャーの刺身、鶏皮ポン酢、島どうふのサラダにごまドレッシング。
オリオン生ビールのおかわりは当然お手拭きの上やね(^_^)
食後のデザートは、コンビニで売っていたひがし食堂のぜんざいバーを頂きました。

エギング釣行記

オリオン生ビール

エギング釣行記

イラブチャーの刺身

エギング釣行記

鶏皮ポン酢

エギング釣行記

島どうふのサラダにごまドレッシング

エギング釣行記

オリオン生ビールおかわりはお手拭きの上

エギング釣行記

食後のデザートは、ひがし食堂のぜんざいバー

9月8日(土)沖縄4日目

この日もおきなわ釣王国の取材で昨日に続いて、屋我地島の済井出漁港の与那城船長の遊漁船バディー、B-TOROPICALでライトキャスティング。
メンバーは桜川さん、釣女ちゃここと河野千昭さん、ちゃこの甥のまーくん(中学2年)と私の4人。
タックルは昨日と同じだが、キャスティング用の2セットのみを積み込んで8時に出船。

エギング釣行記

与那城船長の遊漁船バディー、B-TOROPICAL

当日の名護の天気はくもりのち雨、1日の降水量は13.0mm、日照時間2.7時間、最高気温29.9℃、最低気温26.0℃、平均風速3.9m、最大風速は南の風8.4m、最大瞬間風速は南南西の風13.9m。

最初のポイントに着いてキャスティングゲーム開始。
タックルはラッシュジャーク75と思って使っていたが、実際に手にしていたのはレーザーキング86だったという笑い話、ルアーはいつものベイブル70Sをセットした。

エギング釣行記

キャスト開始

エギング釣行記

透明度が高い海は気持ちが良い

私のベイブル70Sの使い方は、基本的には風下へキャストしてボトム近くまでルアーをフォール、ロッドでのリフト&フォールがメインで時々リトリーブをする事もあるが、リフト時とフォール時にバイトする事が多いためのアクションで、水深と潮流、風に因りベイブル90S、90HSと使い分けている。

船中最初のヒットは桜川さんで、イシミーバイをヒットさせた。
続いてのヒットはちゃこで同じくイシミーバイをヒットさせた。
しかしそれからは暫く反応が無くなった、船長はポイントを移動させてロケーションを変更するが沈黙が続いた。

エギング釣行記

桜川さんがイシミーバイを使ってヒットさせた

エギング釣行記

ちゃこもイシミーバイをヒットさせた

そして沈黙を破ってヒットさせたのは桜川さんで、ビタローをヒットさせた。
ここからは連発モードに突入!
まーくんはジグヘッドにワームをセットして狙っていたが、漸くボトム近くをリトリーブする感覚が掴めたのかヤミハタを使ってヒットさせた。
続いては桜川さんにもバイブレーションでヤミハタがヒット。
まーくんにも2匹目のヤミハタがヒットした。
そしてやっと私のベイブル70Sのオレンジゴールドにもヤミハタがヒット。
次は桜川さんにヒット、そしてちゃこにもヒットしてダブルヒット
取り込んだのは桜川さんがシロブチハタ、ちゃこはヤミハタだった。

エギング釣行記

桜川さんにビタローがヒット

エギング釣行記

まーくんにヤミハタがジグヘッドワームでヒット

エギング釣行記

桜川さんにヤミハタがバイブレーションでヒット

エギング釣行記

まーくんに2匹目のヤミハタがヒット

エギング釣行記

私にもヤミハタがベイブルのオレンジゴールドでヒット

エギング釣行記

桜川さんにシロブチハタ、ちゃこにヤミハタでダブルヒット

昨日にオニヒラをヒットさせたポイントに移動、ルアーはメタルフォーカスの28gのブルーピンクをセットしてキャスト、ボトムまでフォールさせてワンピッチジャークで上げて、反応が無ければボトムまでフォールさせる。
そして昨日と同じパターンで水深20mポイントでボトムからワンピッチで上げている時に、魚探にジグを追い掛けて浮いてくる魚の反応アリと船長が教えてくれた。
しかしヒットせず、もう一度ボトムへ落としてから、スローピッチで3m程上げてフォール、次は少し早目のワンピッチで上げるとドンッ!
ヒットした途端にドラグを鳴らして走るパワーに確信を持ってファイト。
昨日に続いてオニヒラを獲りました(^_^)v

エギング釣行記

ヒット!

エギング釣行記

水面に浮いて来た

エギング釣行記

昨日に続いてオニヒラを獲りました(^_^)v

エギング釣行記

ロッドはレーザーキング86

エギング釣行記

メタルフォーカスの28gのブルーピンク

盛り上がりが冷める間も無くちゃこにヒット。 水面でバシャバシャと暴れる魚はシジャー(ダツ)、続いて桜川さんのジグにもヒットしてダブルヒットしたのはルアーでのヒットは珍しいマクブ(シロクラベラ)。 続いてはまーくんにビタローがヒット。 私のベイブル70Sのイワシレッドベリーにはジューマー(ヒトスジタマガシラ)がヒットした。

エギング釣行記

ちゃこにシジャー(ダツ)がヒット

エギング釣行記

桜川さんに珍しいマクブがジグにヒット

エギング釣行記

ちゃこのダツと桜川さんのマクブでダブルヒット

エギング釣行記

まーくんにビタローがヒット

エギング釣行記

私にジューマー(ヒトスジタマガシラ)がヒット

半日の取材釣行を終えて帰港、タックルを片付けて一端現地解散。
私は帰り道に昼食を食べにそば屋へ行って、ソーキそばを食べてホテルへ。

エギング釣行記

昼食はソーキそば

ホテルに戻ってタックルを洗ってお片付け、自分の汗も流してスッキリして連絡待ち。
からの名護市の21世紀の森ビーチへ。
そうです、今年もビーチバーベキュー!

当初の集合時間15時から、にわか雨だろうがかなりの雨が降っているため16時に遅らせて、ボツボツとメンバーが集まってテントを設営、そして準備に掛かる。
何より一番欲しかった生ビールサーバー到着(^O^)
~からのセッティング完了~味見~生オリオンビール~頂きます。

エギング釣行記

生ビールサーバーのセッティング完了

エギング釣行記

味見しま~す(^O^)

エギング釣行記

うれしそうな顔のちゃこ

本日のメンバーは、予約、手配をして頂いた宮城さん、桜川さん、玉山さん。
そして亀谷ファミリーの親子6人、ちゃこ、ちゃこ姉、姪、甥のまーくん、土居さん、さきちゃん、与那城船長と双子の息子と娘、徳村さん、比嘉さん、他と大所帯。

先ずは玉山さんがアオリイカの生燻製を差し入れ、そしてジャーキー等おつまみでビールがすすむ君(*^_^*)
バーベキューコンロ&鉄板の準備が出来て、食材の肉から焼き始め~牛、豚、鶏、ソーセージ、串、タレ漬け肉と女性陣が焼いてくれた♪

エギング釣行記

アオリイカの生燻製

エギング釣行記

ジャーキー等おつまみ

エギング釣行記

バーベキューコンロ&鉄板

エギング釣行記

肉~

エギング釣行記

食材の牛、豚、鶏、ソーセージ、串、タレ漬け肉

エギング釣行記

女性陣が肉、ソーセージを焼いてくれた♪

エギング釣行記

美味そう(*^_^*)

エギング釣行記

肉も焼けるよ~

玉山さんが釣ったタマンを熟成して差し入れ、そのタマンを持って何やらビーチへ?
何をするのかと思ったら、ちゃこが魚をさきちゃんに持たせて自分が釣ったように記念撮影をしてるし(^_^;)
ビーチなので当然ではあるが浮き輪を持って海水浴してたりと自由に楽しむのが良いね。

エギング釣行記

魚を持って写真撮影

エギング釣行記

自分で釣ったかの様に写真撮影(^_^;)

エギング釣行記

おい、どうしたの?

エギング釣行記

ビーチで海水浴

そしてやっぱり今年も焼そば係で、豚肉を炒めて~玉ねぎをを炒めて~キャベツを炒めて~麺~アレッ、アオリイカを炒めてないわ(^_^;)、まぁしゃぁ無いから後から炒めて混ぜて、粉ソース~ウスターソースで仕上げて完成。
続いて2回目、今度は順番を間違えずに完成しました(^_^)v
熟成タマンはまーくんが捌いてくれて刺身に。
徳村さんが差し入れを持って登場、地元産の牛刺とユッケでこれはメチャウマ(^_^)v
食べて、飲んで、喋って、笑って楽しいビーチバーベキューですが、時間制限があるのでお片付け。全員で片付けて荷物を車に積み込んで、ここで解散でーす。

エギング釣行記

やっぱり今年も焼そば係

エギング釣行記

豚肉~玉ねぎ~キャベツ~麺~アオリイカ(順番間違えた(T_T))~完成

エギング釣行記

そして熟成タマンの刺身

エギング釣行記

玉ちゃんが釣って熟成したタマンをまーくんが捌いてくれたよ(^O^)

エギング釣行記

ビーチバーベキュー風景

エギング釣行記

ビーチバーベキュー風景

エギング釣行記

ビーチバーベキュー風景

エギング釣行記

オリオン生ビールを片手に

エギング釣行記

徳村さんの差し入れは地元産の牛刺とユッケ(これはメチャウマ(^_^)v)

現地解散をしても当然ながら全員が帰ることは無く、タクシーで二次会の会場であるいつもの居酒屋へ、20時から二次会スタート。
メンバーは宮城さん、徳村さん、玉山さん、ちゃこ、ちゃこ姉、さきちゃん、私、後から合流したのは桜川さん、亀谷夫妻。
取り敢えず生オリオンビールで乾杯。
ここで来ました!
昨日私が釣ったツチホゼリとオニヒラの刺身、そして名護産羽地鶏のにんにく焼き、ヒージャーの刺身、ソーメンチャンプルー、ゴーヤチャンプルー、島酒(泡盛)はくらブラックを水割りで頂きました。

エギング釣行記

二次会のメンバー先発組

エギング釣行記

昨日私が釣ったツチホゼリとオニヒラの刺身

エギング釣行記

名護産羽地鶏のにんにく焼き

エギング釣行記

ヒージャーの刺身

エギング釣行記

ソーメンチャンプルー

エギング釣行記

ゴーヤチャンプルー

エギング釣行記

島酒(泡盛)はくらブラックの水割り

二次会が終了して解散、しかし帰らない人が数人いるので、この時間でも開いている店へ行って三次会はてっぺんの0時からスタート。
メンバーは宮城さん、徳村さん、玉山さん、さきちゃん、ちゃこ、ちゃこ姉、桜川さん、私の8人。やっぱり生オリオンビールで乾杯(何回目や(^_^;))。 お好み焼きと広島焼きを頂きました。

エギング釣行記

三次会の店とメンバー、一部壊れてます(笑)

エギング釣行記

お好み焼き

エギング釣行記

広島焼き

9月9日(日)沖縄5日目

朝食を済ませてホテルを出発。

昼食は食堂で軟骨そばセット。
軟骨ソーキそば、とんかつ、サラダ、漬物、ライスのセットを頂きました。

エギング釣行記

昼食の軟骨そばセット

レンタカーを返却して那覇空港へ。
チェックインしてラウンジへ行くがめっちゃ混んでる(T_T)
取り敢えずグァバジュースとアイスコーヒーを頂いて、仕事を少しして那覇空港から定刻通りのフライトで神戸空港~帰阪しました。

エギング釣行記

ラウンジでグァバジュースとアイスコーヒー

【今回の使用タックル】

その1 ルアー ライトキャスティング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・ラッシュジャーク75
リール : シマノ ヴァンキッシュ4000HG
ライン : ユニチカ ショアゲームPE X8 1号 200m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 25lb 1.5m
ルアー : スミス ベイブル70S、90S、90HS
          チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
          メタルフォーカス12g、18g、28g
          エバーグリーン マービー70、90
          ダミキジャパン 闘魂ジグ20g
                 D/J 85mm、100mm
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 ルアー ライトキャスティング用
ロッド : エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル・レーザーキング86
リール : シマノ ステラ3000HGM
ライン : ユニチカ ショアゲームPE X8 0.8号 200m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 2m
ルアー : スミス ベイブル70S、90S
          チェリーブラッドLL90Sシーバスバージョン
          メタルフォーカス12g、18g、28g
※ハンドルは夢屋14ステラロングハンドルに交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g
                   フリーフリップ 130g、160g
                   フリーレイリー 160g
                   リスキーリスカスⅡ 170g
                   リスキーブレイス 100g、160g
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

この釣行記の一部は、おきなわ釣王国 2018年12月号No.135号に掲載されています。

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ