HOME > 釣行記 > エギング釣行記 杉原正浩 2018年11月17日〜18日

釣行記

エギング釣行記 杉原正浩

2018年11月17日〜18日

出雲市へプライベート釣行

11月17日(土)から18日(日)の日程で、島根県出雲市へプライベート釣行に行って来た。

11月17日(土)

前夜に出発して高速道路で出雲市へ、途中のS.A.で仮眠して、17日(土)の朝6時20分に出雲市の宇龍港到着、磯辺丸で阿部船長にお世話になりました。
メンバーは阿部船長と山田さん、江角さん、私の4人でタックルを積み込んで6時30分に出船。

エギング釣行記

出雲市宇龍港の磯辺丸

エギング釣行記

宇龍港の磯部丸

エギング釣行記

磯部丸で出船

当日の出雲の天気はくもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間3.5時間、最高気温16.8℃、最低気温8.1℃、平均風速2.5m、最大風速は東北東の風6.7m、最大瞬間風速は東の風10.3m。

【本日のタックルは4セット。】

その1 タイラバ用
ロッド : スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : リスキータイリス 60g、80g、100g、120g
      ビンビン玉スライド100g、120g
      TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 0.8号

エギング釣行記

シルバースレッド・ミニショックリーダーFC 16lb

その2 スロージギング用
ロッド : ポセイドン・スロージャーカー603-1.5
リール : オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニベンチャー X8 1.5号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : フリースロー 100g、130g
      フリーフリップ 100g、130g
      リスキーブレイス 100g、130g
      バックドロップ 130g
      スープレックス 130g
      TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※Peラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その3 スロージギング用
ロッド : ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : フリースロー 130g、160g
      フリーフリップ 130g、160g
      フリーレイリー 160g
      リスキーリスカスⅡ 170g
      リスキープレイス 160g
      バックドロップ 160g
      スープレックス 160g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 1.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 25lb

その4 スロージギング用
ロッド : ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニベンチャー1 X8 2.5号 300m
リーダー: シルバースレッド ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : フリーフリップ 160g、200g
      リスキーリスカスⅡ 170g、200g
      CBナガマサ 180g、200g、230g
      サイドスラスター 150g、200g
      スープレックス 160g、200g
      グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続


エギング釣行記

ユニベンチャー1・X8 2.5号

エギング釣行記

シルバースレッド・ショックリーダーFC 40lb

先ずはスパリッドマスター66Lでタイラバ、リスキータイリス120gをセットして投入、ボトムからクルクルクルと巻いては落とし込む。
何度か繰り返すが全く反応が無いためポイント移動。
船中最初のヒットは江角さん、タイラバでレンコダイをヒットさせた。
続いて山田さんはフリーフリップでレンコダイ
次も山田さんでレンコダイのサイズアップ
アタリが無いので私はタイラバをタングステンの120gに交換すると、これが正解なのかボトムからの巻き始めにアタリが出てウッカリカサゴがヒットした。
続いて阿部船長もタイラバでウッカリカサゴ
更に私にウッカリカサゴがヒットしたが、本命の魚の反応が無い。

エギング釣行記

山田さんにレンコダイがヒット

エギング釣行記

私のタイラバにウッカリカサゴがヒット

エギング釣行記

続いてもウッカリカサゴがヒット

ここで北東の空を見ると真っ暗な雲が広がり天気の急変の気配、阿部船長の判断で急遽釣りを終了して引き上げることにした。
港へ戻った時はまだ静かだったが、直ぐに強風が吹き出して大荒れの天気になりホッとしたのが実感。
タックルを片付けて阿部船長がクーラーからマイカを取り出して、捌いて一夜干しを作ってくれた。磯部丸の船尾の風通しの良い場所にぶら下げて、明日の午後には出来上がるだろう。この時はそう思っていた・・・

エギング釣行記

磯部丸の船尾で一夜干し作り

エギング釣行記

マイカの一夜干しを作る

昼前になったので出雲灯台へ昼食を食べに移動。
いつものカツ丼、その前にカレイの一夜干し焼き、そして食後のコーヒーも頂きました。

エギング釣行記

カレイの一夜干し焼き

エギング釣行記

いつものカツ丼

エギング釣行記

食後のコーヒー

食後に阿部船長に手配して頂いた宿へ行き、暫し寛ぎタイムでまったり。
タックルを部屋へ持ち込んでリーダーを結び直して明日の準備も完了。
持参して冷やしておいた美味しい飲み物をクーラーから出して頂きます。
黒龍 吟十八号、そうです日本酒(^O^)

エギング釣行記

黒龍 吟十八号

そして大社へ出て温泉で疲れを癒やして、まだ早い17時30分に夕食で居酒屋へ。
メンバーは釣りに行った阿部船長、山田さん、私、そして安喰船長、兵庫さんの5人。
本来ならば広い席になるのだが、この日は旧暦の10月10日で神迎祭の日。
どんな日かと言うと、10月は神無月とも言うが、これは日本全国の八百万の神々が出雲に参集されます。つまり神様がお留守になるのでこの月を『神無月』といい、旧暦の10月10日に神迎祭が行われます。出雲大社から程近い日本海の海岸「稲佐の浜」に御神火が炊かれ、龍蛇(海蛇)を神々の使者としてお迎えする儀式です。出雲では『神在月』とも言うそうです。
このために全国から信者の方々が出雲に集まるため、ホテルや民宿に至るまで全て予約で埋まってしまい、居酒屋も予約で席が無くなってしまうそうです。
だからこの日の居酒屋入りも早い時間で、早々に引き上げないとならないのです(^_^;)

先ずは生ビールで乾杯、からの冷や奴、おでん、蒸し鶏サラダ、シジミ煮、鶏の唐揚げ、のどぐろの煮付け、鶏のピリ辛煮。
生ビールおかわりからの日本酒は、簸上正宗 スーパーブレンド大吟醸、次はひやおろしの天穏。
〆にゆず塩ラーメンを頂きました。
食事中に神迎祭の行列が通る時間となり、店の表の灯りは消されていたが、通過後には通常通り点灯されて普段に戻った。神迎祭の行列に続く信者の行列が長かったね。

エギング釣行記

先ずは生ビールで乾杯

エギング釣行記

冷や奴

エギング釣行記

おでん

エギング釣行記

蒸し鶏サラダ

エギング釣行記

シジミ煮

エギング釣行記

鶏の唐揚げ

エギング釣行記

のどぐろの煮付け

エギング釣行記

鶏のピリ辛煮

エギング釣行記

簸上正宗 スーパーブレンド大吟醸

エギング釣行記

ゆず塩ラーメン

エギング釣行記

神迎祭の行列

エギング釣行記

神迎祭の行列

エギング釣行記

神迎祭の行列に続く信者の行列

まだ早い時間なので、このまま帰るメンツでは無く次の店へ向かってブラブラと歩くと、途中に風情のある宿や建物があり、竹内まりやの実家の旅館もありました。

エギング釣行記

風情のある旅館

エギング釣行記

風情のある建物

エギング釣行記

大社の道

エギング釣行記

竹内まりやの実家の旅館

エギング釣行記

竹内まりやの実家の旅館

そしてスナックで、私は麦焼酎水割り、派手な色のピンクグレープフルーツを飲んだ人がいてたわ(^_^;)

エギング釣行記

ピンクグレープフルーツ

エギング釣行記

麦焼酎水割り

店を出てブラブラと歩いての建物は出雲大社前駅、そして出雲大社の鳥居をくぐり抜けて、コンビニでおつまみを買って宿まで送ってもらいました。

エギング釣行記

この建物は・・・

エギング釣行記

出雲大社前駅と安喰船長

エギング釣行記

出雲大社の鳥居

エギング釣行記

出雲大社の鳥居

宿に戻って冷やしておいた美味しい飲み物をクーラーから出しました。
そうです、黒龍 吟十八号。
おつまみでチビチビと頂きました。

11月18日(日)

この日も出雲市の宇龍港の磯辺丸で阿部船長にお世話になりました。
船にタックルを積み込む時に違和感が・・・
アッ!
気がついた!
昨日に干していたマイカの一夜干しがひとつ足りない(T_T)
夜明け頃に泥棒猫が来たようですが、犯人が分かりました。

エギング釣行記

昨日は5つ干したけど

エギング釣行記

ひとつ足りない(T_T)

エギング釣行記

夜明けに泥棒猫が出没

エギング釣行記

此奴が食べてた

メンバーは昨日と同じで阿部船長と山田さん、私の3人で少しゆっくりの7時30分頃に出港。タックルは昨日と同じ4セット。

エギング釣行記

タックルを積み込んで

エギング釣行記

宇龍港の磯部丸

エギング釣行記

出港

エギング釣行記

日御碕灯台が見える

当日の出雲の天気はくもり時々晴、1日の降水量は0mm、日照時間1.4時間、最高気温17.3℃、最低気温7.7℃、平均風速2.3m、最大風速は西南西の風4.9m、最大瞬間風速は西南西の風9.8m。

最初のポイントについて本命のブリ狙いで、タックルはスロージャーカーの3オンス、ジグはCBナガマサの180gを投入。
ボトムから早いワンピッチで8m~10m程上げてステイ、続けて上げてステイさせて反応が無ければボトムまでフォール。次はボトムから早いワンピッチで5m~6m上げて、少し遅めのワンピッチで3m~4m上げてステイとリズムを変えてヒットパターンを探すが反応無し。

そして最初に阿部船長がジグでウッカリカサゴをヒットさせた。
それから暫くして山田さんのジグにヒット!
慎重に巻き上げてネットに収まったのはグッドサイズのサワラ
更に暫くは反応が無かったが、山田さんのジグにヒット。
先程のサワラより明らかに太い美味しそうなサワラである。
私はスロージャーカー1.5オンスでTGベイトの100gを巻き巻きしてヒットするが、上がって来たのは小さなイサキ
これではダメなので、タックルをスロージャーカー2オンスに持ち替えて、フリーレイリー160gを投入、山田さんのヒットパターンを参考にしていると狙い通りヒット!
然程強い引きでラインを引き出す程では無いため、少し強引に巻き上げでいると残り少しの所でフックオフ(T_T)
巻き上げて見るとアシスト切れでのバラシだったので、少し強引に巻き過ぎたのだろう。

エギング釣行記

山田さんにサワラがヒット

エギング釣行記

山田さんにサワラが連発でヒット

エギング釣行記

イサキがTGベイトにヒット

続いてのヒットは山田さんで、フリーフリップでアカミズがヒット。
その次は私でフリーレイリー160gをボトムから少しシャクリ上げた時にヒット、余り大きくは無いが慎重に上げると、シオ(カンパチの幼魚)が前後のフックにダブルヒットしていた(^_^)v
更にジグをスープレックスの160gに交換して根魚狙いをすると、ボトムからのフォールでヒットしたのはシオ、狙うと釣れないが別の魚を狙っているとヒットするって、良くある話やねぇ。
続いては山田さんのフリーフリップにウッカリカサゴをヒットした。

エギング釣行記

山田さんにアカミズがフリーフリップで

エギング釣行記

シオがフリーレイリーでダブルヒット

エギング釣行記

山田さんヒット

エギング釣行記

ウッカリカサゴが山田さんにヒット

そして阿部船長にヒット、続いて山田さんにもヒットしてダブルヒット
取り込んだのは阿部船長はチカメキントキで、フリーフリップにヒット。
山田さんはヤズでこちらもフリーフリップにヒットした。

エギング釣行記

阿部船長ヒット

エギング釣行記

山田さんもヒット

エギング釣行記

阿部船長と山田さんでダブルヒット

エギング釣行記

チカメキントキが阿部船長のフリーフリップに

エギング釣行記

ヤズは山田さんのフリーフリップに

これで反応が悪くなり帰港してタックルを片付けて本日の釣りも終了。
昼食は3人でとんかつ屋へ行って、ロースかつ定食の中を食べて、食後に解散して帰阪しました。

エギング釣行記

ロースかつ定食の中

帰宅して釣れたのと頂いた魚を捌いて自宅での夕食。 サワラの刺身と皮付き炙り、マイカの一夜干し焼きは醤油マヨネーズに七味、飲み物はわが家のビール、からの日本酒は作 雅乃智を頂きました。

エギング釣行記

サワラの刺身と皮付き炙り

エギング釣行記

マイカの一夜干し焼き

エギング釣行記

我が家のビールで頂きます

エギング釣行記

日本酒は作 雅乃智

11月19日(月)

自宅での夕食。
昨日に続いて出雲で釣れたのと頂いた魚で、サワラの刺身と皮付き炙り、カンパチの刺身、マイカの一夜干し焼きは醤油マヨネーズに七味、飲み物はわが家のビール、日本酒は作 雅乃智を頂きました。

エギング釣行記

サワラの刺身と皮付き炙り、カンパチの刺身

エギング釣行記

マイカの一夜干し焼き

エギング釣行記

日本酒は作 雅乃智

11月20日(火)

自宅での夕食。 昨日に続いて出雲で釣れて2日寝かせたカンパチの刺身、マイカの一夜干し焼き、飲み物はわが家のビール、日本酒は蓬莱泉 特別純米酒 可(べし)を頂きました。

エギング釣行記

2日寝かせたカンパチの刺身

エギング釣行記

マイカの一夜干し焼き

エギング釣行記

日本酒は蓬莱泉 特別純米酒 可

【今回の使用タックル】

その1 タイラバ用
ロッド : エバーグリーン スパリッドマスターPSMC-66L/MLST
リール : シマノ オシア・コンクエスト200HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 0.8号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ミニショックリーダーFC 16lb 3m
ルアー : カンジインターナショナル リスキータイリス 60g、80g、100g、120g
      ジャッカル ビンビン玉スライド100g、120g
      ダイワ     TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはスナップをブリンソンノットで接続

その2 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-1.5
リール : シマノ オシア・コンクエスト300HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 100g、130g
                   フリーフリップ 100g、130g
                   リスキーブレイス 100g、130g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g
              スープレックス 130g
      ダイワ     TGベイト 100g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

その3 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-2
リール : シマノ オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 1.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 25lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリースロー 130g、160g
                   フリーフリップ 130g、160g
                   フリーレイリー 160g
                   リスキーリスカスⅡ 170g
                   リスキープレイス 160g
      ダミキジャパン バックドロップ 130g、160g
              スープレックス 130g、160g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

その4 スロージギング用
ロッド : エバーグリーン ポセイドン・スロージャーカー603-3
リール : シマノ オシア・ジガー1500HG
ライン : ユニチカ ユニベンチャー1 X8 2.5号 300m
リーダー: ユニチカ シルバースレッド ショックリーダーFC 40lb 4.5m
ルアー : カンジインターナショナル フリーフリップ 160g、200g
                   リスキーリスカスⅡ 170g、200g
      スミス   CBナガマサ 180g、200g、230g
            サイドスラスター 150g、200g
      ダミキジャパン スープレックス 160g、200g
      テイルウォーク グレートバリアスリム 145g、170g
※ハンドルはスタジオオーシャンマーク製に交換
※PEラインとリーダーはノーネームノットで直結
※ルアーはリングをブリンソンノットで接続

ページのTOPへ

エギング釣行記一覧へ