HOME > スパークライトとは > ガラスビーズ型反射材の分類

スパークライトとは

ガラスビーズ型反射材の分類

封入レンズ(クローズドタイプ)

画像:封入レンズ(クローズドタイプ)

JIS Z9117(再帰性反射材)で規定されているタイプです。
夜間においても有色の反射光を得ることができます。

また、表面が透明で平滑な樹脂層で覆われていることから汚れの除去が容易で、降雨等による反射性能の低下はほとんど認められないのが特長です。そのために、広く道路標識や海外では自動車のナンバープレート等に利用されています。

露出レンズ(オープンレンズ)

画像:露出レンズ(オープンレンズ)

EN ISO20471(高視認性安全服)に規定されいる反射材に適合する高輝度タイプです。このタイプは反射表面にフィルムがなく、ガラスビーズの上半球が露出しているため、一般的に封入レンズ型より約3~5倍の高い反射性能を有します。

洗濯性に優れており、ユニフォーム、ベスト、スポーツアパレルなどの衣料やバッグ、シューズ等に使われています。

カプセルレンズ

画像:カプセルレンズ

JIS Z9117(再帰性反射材)で規定されているタイプです。

このカプセルタイプは、オープンタイプの高い反射性能とクローズドタイプの雨に強いという両方の長所を併せもったタイプです。

これはセル状のブリッジにて表面フィルムを浮かすことで、光の屈折による反射性能の低下を最小限に抑えた構造で、封入レンズの反射性能より約2~3倍の明るさがある高輝度タイプです。用途は主に硬質タイプは標識関係、軟質タイプは救命胴衣用など。

ページの先頭へ