HOME > 製品・事業紹介 > 帯電防止コート剤 ATシリーズ

製品・事業紹介

  • ナイロン樹脂
  • ポリアリレート樹脂
  • ゼコット®
  • アローベース®
  • エリーテル
  • ユニレート®
  • テラマック®
  • ポリエステル
  • Uイミド®

帯電防止コート剤 ATシリーズ

ATシリーズは低湿度下でも帯電防止性に優れ、透明性、基材密着性、経時安定性に優れたコート剤(水分散タイプ)です。フィルムで発生する静電気の除電(抑制・軽減)に効果を発揮します。

基本性能
バインダー 品名 表面抵抗値
(Ω/□)
塗膜硬度
(鉛筆硬度)
耐水・耐アルコール性
(ラビング試験 50回)
ポリエステル系 AT-8135-20 108-109 HB 外観変化なし
ポリオレフィン系 AT-81SDJ2-20
用途例
1. トップコートでのご使用
トップコートでの使用イメージ
  1. 優れた基材適応性
    ポリエステル系(PET、PBT)フィルム ⇒ AT-8135-20
    ポリオレフィン系(PE、PP)フィルム ⇒ AT-81SDJ2-20
  2. 表面抵抗値が108-109Ω/□と優れた帯電防止性
  3. 高い透明性
  4. 高い表面硬度(HB)
  5. 優れた耐湿・耐水・耐アルコール性
  6. 優れた耐ブロッキング性
【耐湿性・耐水性】
 
ATシリーズの帯電防止性能は、
湿度、水の影響が小さい
一般的な界面活性剤タイプの帯電防止性能は、
湿度、水の影響が大きい
ATシリーズの帯電防止性能は、湿度、水の影響が小さい
一般的な界面活性剤イプの帯電防止性能は、湿度、水の影響が大きい
【透明性】

ATシリーズは優れた透明性を示します。

帯電防止コート剤 ATシリーズ
全光線透過率のグラフ

全光線透過率

ヘイズのグラフ

ヘイズ

2.プライマーでのご使用
プライマーでの使用イメージ
  1. 優れたインキ(UVインキ、汎用塗料)密着性
  2. インキ塗工後の表面抵抗値が1010-1011Ω/□と優れた帯電防止性
    (インキ層厚み0.1~2μm)
  3. 優れた基材適応性
    ポリエステル系(PET、PBT)フィルム ⇒ AT-8135-20
    ポリオレフィン系(PE、PP)フィルム ⇒ AT-81SDJ2-20
【インキ密着性】

ATシリーズは、優れたインキ(UVインキ・汎用塗料)密着性を示します。

インキ層 プライマー 基材フィルム 碁盤目試験
UV硬化型インキ なし PET 0/100
AT-8135-20 100/100
汎用塗料 100/100
【インキ層厚みによる帯電防止性】

ATシリーズは、表面抵抗値が1010-1011Ω/□と優れた帯電防止性を示します。(インキ層厚み0.1~2μm)

インキ層厚みによる帯電防止性のグラフ
一般物性
項目 単位 AT-8135-20 AT-81SDJ2-20
バインダー樹脂 - ポリエステル ポリエチレン
固形分 wt% 9-11 9-11
粘度 mPa·s 1-10 1-10
pH - 9-11 9-11
特徴 ポリエステル基材
に好適
ポリオレフィン基材
に好適

※上記の数値は代表値であり、規格値としは使用できません。

お問合せ

ページの先頭へ