HOME > 製品・事業紹介 > ユニレート > アニール方法

製品・事業紹介

  • ナイロン樹脂
  • ポリアリレート樹脂
  • ゼコット®
  • アローベース®
  • エリーテル®
  • エマルションエリーテル
  • ユニレート®
  • テラマック®
  • ポリエステル
  • Uイミド®

UNILATE/ユニレート®

アニール方法

高温雰囲気下などで特に高い寸法精度を必要とする用途には、アニール処理した製品の使用を推奨いたします。
当社で1x1m規格サイズ品のアニール処理は承りますが、お客様にて加工品等を処理する時は下記のような条件で行ってください。

グラフ:アニール処理の標準条件

処理方法
  • 熱風乾燥炉を用い室温時に製品投入し、180℃迄昇温します。
  • 昇温開始から3時間加熱します。
  • 約8時間かけて除冷してください

アニール品と通常品の160℃×30分処理後、
常温に戻した際の寸法変化率(%)

  アニール品 通常品
縦方向 ±0.01 -0.08
横方向 ±0.01 -0.83

(PC-1Nの値)

留意事項

※白色品、SCグレード、NCグレード、CVグレードについては熱劣化の恐れがあるため160℃迄の昇温にしてください

※製品を重ねて処理すると、ソリが発生しやすいのでさけてください

ページの先頭へ