HOME > プロスタッフ > 岡田勲

プロスタッフ

岡田勲

ボートフィッシング

RECOMMEND LINE

伸度と強度がワイヤー並みのスーパーPEを道糸に、フロロカーボンハリスで仕掛け釣りを。

  • ユニベンチャー1

    ユニベンチャー1

  • ユニベンチャー船ハリス

    ユニベンチャー
    船ハリス

先人の知恵から生まれた「のませ釣り」。
釣り人のアイデアによって感激の答えが返ってくる。

大物サビキ6本バリ仕掛け釣りとは人間の知恵と魚の本能との戦い、ゲームであり、無限の創作の宇宙である。釣り具の中で、俗に竿はなくとも釣りは出来ると言われる。手釣りという手段があるからだ。また、ハリは対象魚によってメーカーで作られたものを使う。しかしラインは使い方、結び方、仕掛け作り等、釣り人のアイデアと創作によって大きく変わる。釣り人の思い、考え方ひとつで夢は大きく広がり、感激の答えが返ってくる。釣りの中でも創作性が高い「のませ釣り」は一種独特な釣法だ。オキアミ等のエサは一切使わない。ポイント上でサビキのカラバリにイワシや小アジを食わす。それをエサにそのまま底まで下ろして、大物、青物、ヒラメ、マダイ、アコウ、ガシラ等を狙う。先人が考え出した知恵である。大物を狙うには理にかなった釣法だ。エサになる小物を釣るために、道糸には潮流の干渉が少なく、小魚のかすかなアタリ、さわり、乗りを感じ取る鋭敏なものが良い。伸度と強度がワイヤー並みのスーパーPE「ユニベンチャー1」の3号が200mもあれば、十分に大物と渡りあえる。幹糸は丈夫で芯があって絡みにくく、水の屈折率に近いため小魚からは見えにくい「ユニベンチャー船ハリス」12号がおすすめだ。また小さく揺れて誘いをかけてカラバリに食いつかせるためのエダスにも、同じ「ユニベンチャー船ハリス」12号が最適。張りとしなやかさという相反する特長を合わせ持っているからだ。釣りはゲームである以上、魚の体力と限界を超越した太い糸、大仕掛けで釣り上げてもなんの喜びも湧かない。魚と対等に立った、繊細かつ極限でのやりとりの中から感動と喜びが生まれる。

ページのTOPへ