HOME > お知らせ一覧

お知らせ一覧

バイオマスプラスチック「テラマック」が世界最高レベルの加工速度を達成

<2007年7月12日>

ユニチカは、バイオマス由来のプラスチックであるポリ乳酸(PLA)を主成分とするテラマック樹脂の成形速度を大幅に向上させる技術を開発しました。
本技術により樹脂製品における単位時間当たりの成形生産速度を、当社従来比1.7倍に上げることができ生産工程における効率化が図れます。さらに射出成形の加工温度を下げることが可能になることから、エネルギーコストも削減でき、生産工程全体でのコストメリットが追求できます。
生産工程の効率化と加工温度の低下により環境負荷の低減にも貢献します。バイオマスプラスチックであるPLAとして、耐熱性、耐久性、耐衝撃性を備え、世界最高レベルの加工速度、成形サイクルを達成することにより汎用プラスチック並みの成形サイクルで、ポリ乳酸成形品の可能性を一気に拡げ、今後の幅広い用途展開が期待できます。

このページの先頭へ

ユニチカテラマック使用風呂敷のお取扱いのご注意と返品・交換のお知らせ

<2007年4月10日>

山田繊維株式会社が製造・販売しております、自然循環型生分解性繊維ユニチカテラマック使用風呂敷(品質表示:ポリ乳酸繊維100%)で、商品情報や取扱い注意事項のご案内が不十分であった事をお詫び申し上げますと共に、お知らせ致します。
ユニチカテラマックは、トウモロコシなどの植物由来のポリマーからなるバイオマス素材です。最終的には水と二酸化炭素に戻り、再び植物の光合成に利用されるため、二酸化炭素の増加に影響を与えないカーボンニュートラルな素材です。資源循環型社会を実現する素材として、いま大変注目されています。

しかし、ご使用状況や保管状況によって生分解が促進され、数年で劣化する場合があります。もし劣化した商品がお手元にございましたらご使用の中止をお願い致します。
このような製品特性について知らずにご購入されたお客様で、返品・交換などを希望される場合は山田繊維株式会社までお問い合わせください。

●該当商品の詳細情報はこちら
 → 山田繊維株式会社のホームページ
●本件のお問い合せ先
 山田繊維株式会社 テラマック係
 [フリーダイヤル]TEL.0120-243-226 <受付時間9時~17時(土日祝日は除く)>

ユニチカではこれまで、ホームページ等を通じてユニチカテラマック製品の特性などをご紹介しております。詳細に関しましては、FAQ(よくある質問はこちら)をご覧ください。
 → ユニチカテラマックFAQのページ

このページの先頭へ

「テラマック」が2006年・第16回日経BP技術賞・エコロジー部門を受賞

<2006年4月7日>

高耐久性の植物由来プラスチック「テラマック」が、日経BP技術賞・エコロジー部門を受賞しました。<br />
今回の受賞は、トウモロコシなど植物由来のポリ乳酸を独自技術で改質し、さらに添加物を加え結晶化を促進することなどで、植物由来プラスチックの耐熱性を60℃から120℃に飛躍的に高め、衝撃への強さや曲げ弾性率も向上させ、植物由来プラスチックの用途を広げたことが評価されました。

日経BP技術賞は、主として日本国内で開発され、昨年1年間に日経BP社の雑誌やWebなどの刊行物に掲載された技術が対象となり、エコロジー部門は、地球環境および地域環境の改善や保全、環境に与える負荷低減などに資する技術が対象となります。



このページの先頭へ

携帯電話用にケナフ繊維強化バイオプラスチックを実用化
〜FOMA「N701iECO」に採用〜

<2006年2月6日>

NECとユニチカは、共同で携帯電話の環境対策に寄与できるケナフ繊維強化バイオプラスチックを開発し、NTTドコモの携帯電話FOMA「N701iECO」(筐体全面)への採用が決まり、実用化となりました。ユニチカがポリ乳酸樹脂「テラマック」の耐湿性を改良し、この樹脂にNECが開発した植物系柔軟剤・補強用充填剤を加え、さらにNECとユニチカが共同開発した成形性改良剤など独自の配合処方を加えることで実現しました。電子機器用バイオプラスチックとしては最高レベルの約90%の高い植物成分比率を達成し、かつ携帯電話の筐体に求められる高度な落下衝撃耐性、成形性、および耐熱性を同時に実現しています。


このページの先頭へ

テラマック(ポリ乳酸)を主成分とする水蒸気をバリアする性能を持つボトルの開発

<2005年11月24日>

株式会社平和化学工業所とユニチカは共同で、バイオマス由来のポリ乳酸樹脂テラマックを主成分とする水蒸気をバリアする性能を持つボトル(商品名:バイオマスボトル)を開発。テラマックと汎用樹脂との多層構造からなり、これまでのポリ乳酸樹脂単独からなるボトルに比べ約8倍の水蒸気をバリアする性能を有しており、各種食品や薬品等の保存容器として実用化が可能なレベルです。石油等の化石資源の使用量を削減すると同時に、焼却等の廃棄処理時におけるCO2(二酸化炭素)発生量の削減に貢献します。

このページの先頭へ

生分解性ヒンジキャップ(ワンタッチ式キャップ)の開発

<2005年8月31日>

三笠産業株式会社とユニチカは、業界初の環境に配慮したポリ乳酸を主成分とする完全生分解性のヒンジキャップ(ワンタッチ式キャップ)を開発し、実用化することに成功しました。ヒンジキャップはヒンジ特性(繰り返し開閉耐久性)の観点から適用が難しく、これまでは石油由来のポリオレフィン系樹脂製のものしか存在しませんでした。今回、従来のポリ乳酸の欠点である硬さや脆さを改善し、ポリ乳酸に柔軟性やタフネスを付与する樹脂組成の改良を行い、ヒンジキャップの開発に成功。樹脂製キャップとしての基本的なキャップ機能はもちろんのこと、繰り返し使用が要求されるヒンジ機能性の面でも十分な強度と耐久性を有しています。

このページの先頭へ

携帯電話用ケナフ添加バイオプラスチックを開発

<2005年6月14日>

NECとユニチカは共同で、携帯電話の環境対策に寄与できるケナフ添加バイオプラスチックを開発。トウモロコシを原料としたポリ乳酸に温暖化防止効果の高いケナフの繊維を添加し、さらに携帯電話に必要な落下衝撃性等や成形性などを満足させるための独自の配合処方を採用することで実現しました。

このページの先頭へ

< 前のページ |1|2|34| 次のページ >